SAP® Transportation ManagementとSAP® Extended Warehouse Managementの新リリースによりデジタルロジスティクスを強化

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)は、輸送と倉庫の管理においてロジスティクスプロセスと供給管理システムのシームレスなオペレーションを支援する新しい機能を発表しました。

SAP® Transportation ManagementおよびSAP® Extended Warehouse Managementソリューションの最新リリースでは、SAP Global Batch Traceabilityアプリケーションを統合しています。これにより、お客様はサプライチェーン実行プラットフォームを拡張し、複数のプロセスステップとロケーションにわたるエンドツーエンドのロット追跡を行うことで、ロジスティクスプロセス全体を効率化することができます。さらに、サプライチェーン実行プラットフォームでは、輸送コストの削減、生産性の向上、迅速なフルフィルメントを実現する新機能が提供されます。また、IoTイノベーションによりスマートデバイスとの接続が強化され、より多くのデータにアクセスできるようになったため、デジタルサプライチェーン全体にわたり深い洞察が得られます。

今回の新しいリリースは、SAPがデジタルサプライチェーンとデジタルロジスティクスの両方でイノベーションを継続していることを証明しています。SAPは、企業のビジネス、製品、そしてプロセスのデジタル化のニーズに応え、サプライチェーンとロジスティクスをビジネス変革の中核に据えることができるよう支援しています。

SAP Transportation Managementの機能強化としては、ユーザーの生産性向上のため、航空貨物セキュリティ用の単一のユーザーインターフェースが提供されます。また、スケジューリングプロセスを最適化するために、お客様は追加パラメーターとして柔軟な停止期間などを加えることができます。これにより、輸送コックピットの設定オプションを使って、輸送スケジュールを改善し、生産性を向上させることができます。計画立案に関する先進のイノベーションが導入されたことで、さまざまな業種で車両空き容量を柔軟に最適化できるようになりました。

SAP Extended Warehouse Managementの拡張分析を使うと、管理職は出荷明細、サービスレベル分析、倉庫収容能力利用度など、主要業績評価指標を把握し、優れた洞察を得ることができます。また、倉庫作業者は単一の使いやすい新しいSAP Fiori®アプリケーションで作業ステップを完了できるため、少量で複雑かつ頻度の高い出荷を効率的に行うことができます。さらに新しいアプリケーションでは、複数の受注を1回のピッキングで行うフレキシブルピッキングも可能です。

 

以上

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国365,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

Copyright © 2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。