SAPのコネクテッドカーのオープンネットワークにMastercard社、HERE社、Postmates社が新規加入

(本リリースは、2月27日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、オープンなサービスマーケットプレースであるSAP® Vehicles Networkに新しいパートナーと顧客が加わったことを発表しました。Mastercard社が提供するトークン化された安全な支払い手段、HERE社が提供するナビゲーション機能、Postmates社が提供するオンデマンド宅配サービスの追加により、SAP Vehicles Networkのサービスラインアップはさらに幅広く充実したものとなります。

SAP Vehicles NetworkはSAP® Leonardoをベースにしています。駐車、給油、食事、ナビゲーション、支払いなどに関して自動化されたインテリジェントなサービスをドライバーに提供することで、車の運転を究極のモバイル体験に変革します。参加企業はこのネットワークを通じ、デバイスの種類や車種を問わず、ドライバーと同乗者にモビリティサービスを提供できます。また、ビジネストラベラーや個人消費者のニーズに合わせた安全なモビリティサービスを提供することも可能です。(詳細はこちらの動画をご覧ください。)

Mastercardは、自社技術を活かし、消費者が車内で安心かつ安全な方法で支払いを行える仕組みを実現します。その際、同社は支払いのトークン化を行います。これは、消費者のクレジットカード、デビットカード、コマーシャルカード、プリペイドカードに紐づけられた個人カード番号(PAN)を、安全な「トークン(カード表面に記載されている従来のPANの代わりとなる数字)」に置き換える技術です。さらに、Mastercard社が提供しているセキュリティ、ロイヤルティ、アナリティクスなどのサービスも、ネットワークに組み込まれ、全体的なエクスペリエンスがさらに向上します。

Mastercard社のデジタルパートナーシップ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、シェリー・ヘイモンド(Sherri Haymond)氏は次のように述べています。「コネクテッドな現代社会においては、各デバイスで通信だけでなく取引も可能にすることで、消費者エクスペリエンスの向上につなげられる可能性があります。SAP Vehicles Networkの一員として、取引先である銀行や小売店の参加を働きかけるとともに、自社技術を活かし、ドライバーが車内にいながら駐車料金や給油代の支払いをスムーズに済ませられる安全な手段を提供していきます」

HEREは、交通情報、ナビゲーション、地図作成サービスの分野における世界屈指の企業です。今回、パーキングソリューションを手始めに自社サービスをSAP Vehicles Networkと連携させ、ドライバーが最寄りの駐車場を簡単に見つけ、安全に支払いを済ませられるナビゲーションサービスを実現したいと考えています。

Postmatesは、オンデマンドなあらゆるものに対応した信頼性の高いネットワークを提供し、人々が自分の街の良さを存分に活かし、充実した毎日を送れるようサポートします。ドライバーはSAP Vehicles Networkを通じて注文を行い、Postmates社に登録されている店舗からの配達サービスを受けることができます。

Postmates社のシニア・バイス・プレジデント兼マーチャントリード、ダン・モッシャー(Dan Mosher)氏は次のように述べています。「歩道を移動するロボットの活用から、運転中に安全に食事を注文できるサービスの実現まで、弊社ではこのプラットフォームの革新的な利用方法の開拓に尽力しています。SAP Vehicles Networkの一員となることで、必要なものを手に入れる新しい方法を利用者に提供することができます」

SAP® Concur®ソリューションも今回、SAP Vehicles Networkに加わりました。SAP Concurは、経費、出張、請求の管理を支援する世界トップレベルのソリューションです。SAP Vehicles NetworkをConcur Expenseソリューションと連携させることで、取引をConcur Expenseにシームレスにプッシュし、レポート作成と払い戻しにかかる時間を短縮します。この連携により、駐車料金や給油代を含む出張費のレポート作成が自動化されるため、ビジネストラベラーや個人消費者側で行う必要のあった、手間のかかる作業をなくすことが可能になります。連携用のソリューションは、ConcurのApp Centerで提供される予定です。

SAPのIoTおよびデジタルサプライチェーン担当シニア・バイス・プレジデント、ギル・ペレス(Gil Perez)は次のように述べています。「SAP ConcurソリューションとSAP Leonardoの技術力に、Mastercard社、HERE社、Postmates社が加わることにより、コネクテッドカーでのインテリジェントなエクスペリエンスが一新されます。今回、SAP Vehicles NetworkをHERE社、Mastercard社、Postmates社、そしてSAP Concurの各ソリューションと連携させることで、このオープンネットワークの加入企業数が単に増加するだけでなく、その価値がより一層高まることになります。このサービスは、ドライバーにグローバルなサービスの幅広いポートフォリオを提供し、運転中のシームレスでデジタル化されたパーソナライズエクスペリエンスを実現します」

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国およそ378,000社の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。
Copyright © 2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。