未完了インシデントに関する Schedule an Expert の限定提供を開始

やり取りを 40% 削減してインシデントを解決できます。6 月 11 日から未完了インシデントに関する Schedule an Expert を SAP ONE Support Launchpad から限定的にご利用いただけます。

セッションを予約することで、時間がかかるサポートとのやり取りや情報の依頼の回数を削減できます。30 分間のセッションをご予約いただくことにより、Skype を通じて、未完了インシデントの技術的な詳細について担当サポートエンジニアに直接相談いただけます。これにより、お客様の時間と労力を軽減することができます。

未完了インシデントに関する Schedule an Expert は段階的にリリースされます。最初のフェーズでは、一部のサポートエンジニアによる優先のインシデントについてのご利用が可能です。セッションは、24 時間前までにご予約が必要で、一部の製品が対象となります。

未完了インシデントに関する Schedule an Expert と新規イシューに関するSchedule an Expert の違い

未完了インシデントに関する Schedule an Expert では、担当サポートエンジニアがインシデントの技術的な詳細を明確にし、お客様のお問い合わせ内容に直接対応します。その結果、インシデントの処理時間が短縮されます。

未完了インシデントに関する Schedule an Expert は、サポートエンジニアが割り当てられた優先のインシデントでご利用になれます。適用条件の詳細については、Schedule an Expert の対象となる未完了インシデントをご覧ください。

Schedule an Expert(新規イシューに関する Schedule an Expert)は、通常、インシデントとして報告される新しいトピックを対象とし、48 時間前までにご予約いただく必要があります。SAP ONE Support Launchpad のホーム画面の Schedule an Expert タイルからアクセスできます。

Schedule an Expert のどちらのバージョンも、お客様が 30 分間の Skype のセッションを直接予約すると、サポートエンジニアからリアルタイムのサポートを受けることができます。そのため、回答と解決までの待ち時間を削減できます。Schedule an Expert セッションを通して提出されたインシデントは、通常、書面によるインシデントよりも解決までのやり取りが 40% 削減されます。これまでに完了した約 4,000 回のセッションでは、解決までの時間が半減していることがわかっています。

Schedule an Expert の対象となる未完了インシデント

お客様がすでに権限をお持ちであり、かつ次の条件を満たす場合に、[Schedule an Expert]ボタンが SAP ONE Support Launchpad に表示されます。

  • 既存の未完了インシデント
  • インシデントの優先度が「優先」
  • 処理者がインシデントに割り当てられ、スケジュールを利用できる
  • インシデントが製品サポートの範囲内(注:Schedule an Expert は、SAP 開発サポートでは提供されません)

未完了インシデントに関する Schedule an Expert の依頼方法

  1. SAP ONE Support Launchpad でインシデントを登録し、インシデントページの右下にある[Edit(編集)]をクリックします。
  2. 上記の条件を満たす場合、[Schedule an Expert] ボタンが下に表示されます。[Schedule an Expert] ボタンをクリックし、[Book a Session(セッションの予約)]をクリックします。
  3. お客様のタイムゾーンで利用できる日時を選択してセッションを予約します。
  4. 詳しい説明と添付ファイルを追加し、[Submit(送信)]をクリックします。
  5. 予約確認のメールを受信します。[Add to Calendar (.ics)(カレンダー(.ics)に追加)]をクリックすると、お客様のカレンダーにミーティング依頼が追加されます。[View Upcoming(今後の予定を表示)]をクリックすると、予約済みのセッションが表示されます。

詳細のステップについては、こちらのユーザーガイドをご確認ください。

ご利用対象の製品

Schedule an Expert および未完了インシデントに関する Schedule an Expert の対象製品の一覧については、こちらをご覧ください。未完了インシデントに関する Schedule an Expert サービスは SAP 全体に展開されるため、ご利用いただける範囲は今後増えていきます。定期的に製品と予約タイムスロットの追加をご確認ください。

注記:Schedule an Expert (新規イシュー)と未完了インシデントに関する Schedule an Expert はいずれもコンサルティングサービスではありません。詳しくは、FAQ をご確認ください。