SAP® Cloud Platformが 新しいサービスとクラウドオプションを展開、 狙いはインテリジェントエンタープライズの強化支援

(本リリースは、10月23日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)は、SAP® Cloud Platformの新しいイノベーションを発表しました。これによって、デマンドチェーンとサプライチェーンの容易な連携、プライバシーとセキュリティの新規制への対応、クリティカルアプリケーション向けの専用クラウド環境の確保を実現できるようになります。

SAPの最高技術責任者兼SAP Cloud Platform担当プレジデントのビョルン・ゲルケ(Björn Goerke)は次のように述べています。「SAPは、変化が加速する時代を勝ち抜くために欠かせない可視性、重点領域の特定能力、俊敏性を提供することにより、お客様がエンタープライズソフトウェアから得られる価値を一新し、インテリジェントエンタープライズを実現できるようにします」

アプリケーションとプロセスの連携

SAPは、ビジネスプロセスとアプリケーション間のエンドツーエンドの連携をシンプルな形で実現することを目指し、AIと機械学習に基づくIntegration Content Advisor for SAP Cloud Platform、Cloud Integration Automation Service の新しいシナリオ、およびSAP Cloud Platform Open Connectorsサービスについて一般提供開始を発表しました。

SAP Cloud Platform Open Connectorsは、高機能なSAP Cloud Platform Integration Suiteをさらに強化するものであり、SAPのビジネスプロセスにサードパーティ製の150以上のアプリケーションソリューションを容易に連携できるようにします。これによって、自社のアプリケーションポートフォリオ全体を対象にビジネスプロセスの自動化を進めることができます。たとえば、SAP® Ariba®ソリューション、SAP S/4HANA®、およびサードパーティ製の調達サプライヤーアプリケーションを連携させることによって、発注から支払までを自動化することが可能です。

医療機器の小売企業であるBastide Le Confort Medical S.A.バスティードルコンフォートメディカル)社は、SAP Cloud Platform上に構築されたオーダー処理ソリューションを導入することにより、販売取引にかかる時間を短縮してカスタマーケアの向上を実現しました。

同社のCIOであるグレゴワール・ドゥ・ジャブルン(Grégoire de Jabrun)氏は次のように述べています。「SAP Cloud Platformを基盤とした新しい販売プロセスは、営業チームにとても好評です。オーダー処理がより迅速かつシンプルになったおかげで、スタッフはより質の高いカスタマーケアを提供できるようになりました」

新しいビジネスサービスによるビジネスプロセスの最適化

11月に一般提供開始を予定しているSAP Cloud Platformのビジネスパートナーサービスは、SAP S/4HANAとSAP基幹業務(LoB)ソリューションを含むエンタープライズビジネスアプリケーションにアクセスし、管理、拡張、オーケストレーションを行う目的別のマスターデータサービスを提供します。このサービスは「ソーシングから支払まで」や「リードから請求管理まで」など、業務部門特有のあらゆるインテリジェントビジネスプロセスにおいて共有や再利用が可能です。これによって、顧客、販売、製品について一貫した包括的なビューを確保できます。

 クラウド導入における選択肢の拡大

SAP Cloud Platform, private editionによって、ハイブリッド環境全体でイノベーションを導入したいというお客様のニーズに対する選択肢が広がり、柔軟性が高まります。このprivate editionは、IBM社やAtos社などのパートナーのデータセンターにおいて利用でき、お客様がイノベーションを推進し、事前構築された拡張機能を導入し、パートナーの新サービスを活用できるように専用のプライベートPaaS(Platform as a Service)を提供するものです。

  • IBM社は、IBM Cloud Data Centersの一部のお客様を対象にSAP Cloud Platform, private editionの提供を始めました。このサービスは北米から開始され、SAP S/4HANAの拡張機能、データ主導型のSAP HANA®アプリケーション、およびIBM Watsonサービスとの統合など、さらなる付加価値機能を提供します。(日本市場での展開は未定です)
  • Atos社は ヨーロッパおよび中東のデータセンターにおいて2019年初めに、SAP Cloud Platform, private editionの提供を開始する予定です。このサービスでは、データ主導型のスマートビジネスサービスCodexにSAP S/4HANAの拡張機能を組み合わせ、ハイブリッドのエンドツーエンドソリューションの展開を加速します。

SAPは先頃、お客様のインテリジェントエンタープライズへの変革を支援するために、SAP Cloud Platform、ABAP®環境に対する新しいクラウドネイティブサービスを発表しています。SAP Cloud Platformの詳細については、ビョルン・ゲルケのインタビューをご覧ください。

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。
SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国413,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

Copyright c 2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。