2020 年 1 月 1 日: SPS07 より前の SAP Solution Manager7.2 が SAP サポートバックボーンに接続できなくなります

2020 1 1 日をもって、SAP Support Portal との通信基盤である、SAP サポートバックボーンのセキュリティが強化されます。これに伴い、SAP Solution Manager 7.2 SPS07 より前のバージョンの SAP Solution Manager(以下 Solman)は、SAP サポートバックボーンに接続できなくなります。

SAP サポートバックボーンに Solman が接続できない場合、現時点では以下の主要な機能の使用が制限される見込みです。

・メンテナンスプランナー: 該当パッチの自動選別ができなくなり、お客様による手動でのパッチメンテナンスが必要となります。

ITSM インシデント管理からのインシデント登録: Solman からのインシデント登録ができなくなります。例として SAP サポートのインダイレクト契約を対応されている SAP パートナー様(VAR)は本対応が必要です。

Solman 経由での SAP リモート接続: Solman による SAProuter のオープン管理ができなくなります。

SAP EarlyWatch Alert (EWA) SAP への情報送信: EWA に基づく SAP からのサービス等のご案内がご利用いただけなくなります。また、最新のテンプレートに基づく EWA が生成されません。

 

お客様におかれましては、お早めのご対応を計画いただけますよう、お願い申し上げます。

 

詳細は以下のページをご参照ください。

SAP サポートバックボーンのアップデート

SAP サポートバックボーンのアップデート FAQ