SAP、人事テクノロジースタートアップ向け 「SAP.iO Foundry San Francisco」を開始

(本リリースは、1月30日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)は「SAP.iO Foundry San Francisco Winter 2019 Cohort」(エスエーピードットアイオー・ファウンドリー・サンフランシスコ・ウィンター2019コホート)の開始について発表しました。SAPはこのプログラムの一環として、今後3カ月間にわたって、世界各国の人事テクノロジースタートアップ7社を早期の成功に向けて支援していきます。

この発表は、SAP® SuccessFactors®の経営陣と共同で、コホートプログラム開始日にサンフランシスコのSAP.iOオフィスにおいて行われます。

この新しいコホートプログラムの対象となったのは、人材採用に変革をもたらすAIを活用したアシスタント機能、成人向けの学習理論やゲーミフィケーションの技術に基づくモバイル機器を使ったマイクロラーニング、AIを活用したメンターのマッチング、行動科学に基づく能力開発ツールを利用したチームパフォーマンスの改善といった人事部門向けの革新的な新機能を開発しているスタートアップです。選ばれたスタートアップには、精鋭メンターによる支援、SAPのテクノロジーやAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の利用のほか、そのソリューションによってメリットを受けるSAPのお客様とのコラボレーションの機会が与えられます。

このサンフランシスココホートプログラムには100社を超える応募が寄せられ、うち16社が、2018年11月に催されたプログラムの選考日に招待されました。そしてコホートプログラムの対象としてスタートアップ7社が選出されましたが、そのうち5社は女性やマイノリティが創設した企業でした。これは、SAPの多様性へのコミットを反映しており、過小評価されている起業家にベンチャーキャピタルとインキュベーションを提供するSAP.iO No Boundariesの取り組みと足並みを揃えたものです。

SAP.iO担当マネージングディレクターのRam Jambunathanは次のように述べています。「次世代人事エコシステムの輝かしい“希望の星”とパートナー関係を築き、SAPのお客様に高い価値をもたらす革新的ソリューションの構築を全面的に支援する機会を得ることができ、非常にうれしく思います」

 

コホートプログラムの対象となったスタートアップは次のとおりです。

  • Paradox社:グローバルな人材獲得と応募者の体験を一新するアシスタント知能プラットフォーム。同社の主力製品であるOliviaにより、人材獲得と人事のプロフェッショナルは本来なすべき「人に対する仕事」に最善を尽くせるようになります。一方、エクスペリエンス、自動化、インテリジェンスはOliviaが受け持ちます。
  • Censia社:AIと機械学習に基づく予測型の人材採用ソリューション。雇用において最も求められる人材を特定して獲得するプロセスを自動化する世界最大のプロフェッショナルデータプラットフォームの1つを活用しています。
  • Sounding Board社:リーダーシップ育成プラットフォーム。拡張可能なパーソナライズされたコーチングを提供し、企業の次世代リーダーの育成を支援します。最高レベルのコーチングと、企業向けテクノロジーおよびSound Coaching手法とを組み合わせ、ビジネスでの成果につなげます。
  • Gnowbe社:モバイル機器を使ったマイクロラーニングおよびエンゲージメントソリューション。いつでもどこでも利用できる革新的な学習環境によって企業内教育に変革をもたらし、ビジネス効果を高めることができます。手軽なソーシャルラーニングやゲーミフィケーションにより、積極的な関わりを引き出し、行動の変化を促します。
  • NextPlay社:大量の社内メンターシップのマッチング、フォローアップ、目標の追跡を容易に行えるようにする人工知能アプリ。チャットボットを通じて従業員ごとにキャリア開発を行い、企業がより多様な人材を惹きつけ、育成し、定着させることができるように支援します。
  • RallyBright社:チームのパフォーマンスとダイナミクスを向上させるチーム開発プラットフォーム。チームの強みと弱みについて、行動科学に基づく実用的なインサイトを提供することでビジネスリーダーを支援します。
  • Disco社:従業員の貢献を評価し、組織の使命と価値を強化するためのリアルタイムのフィードバックツール。このツールは従業員が仕事で使用するツール(Slack、Microsoft Teamsなど)に組み込まれ、目標を超える実績をあげた従業員の貢献を表彰することができます。またマネージャーは、詳細なレポートを確認しながら、前向きな意欲を職場に拡散することができます。

 

SAP SuccessFactorsの製品グローバル責任者を務めるエイミー・ウィルソン(Amy Wilson)は次のように述べています。「このような革新的なグループをSan Francisco Winter 2019 Cohortに迎えることができ、うれしく思います。SAPは、職場で人間がより人間らしくいられるようにする先端技術に情熱を注いでいます。選出された優れたスタートアップの力で、人事部門とビジネスリーダーは、人材に関する今日最大の課題の一端を新しい革新的な方法で解決できるようになるものと確信しています」

このプログラムは、2019年4月のコホートデモデーに幕を閉じます。

 

SAP.iOについて

SAP.iOは、SAPエコシステム内における革新的ソフトウェアビジネスの創出を推進しており、明確なビジョンを持つ起業家が、SAPのデータ、API、テクノロジーを活用して製品を構築し、お客様と出会い、業界を変革できるようサポートしています。SAP.iOは、このようなSAP独自の資産を活用して、スタートアップチームがSAP内でビジネスのやり方を変革する支援を行います。詳細はhttp://sap.io/をご覧ください。

以上

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、42万5000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。