SAP、従業員エクスペリエンス管理の新しい可能性を拓く3つのSAP® Qualtrics®ソリューションを発表

(本リリースは、5月7日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、既存のHRプラットフォームを機動力の高いエンタープライズシステムに進化させる3つのSAP® Qualtrics®ソリューションを発表しました。

この3つの従業員エクスペリエンス管理ソリューションはSAP® SuccessFactors® HCM Suiteなどの既存のHRシステムに直接組み込まれ、従業員のライフサイクル全体にわたって従業員エクスペリエンスデータを収集し、従業員のフィードバックに基づいて個人に関する予測的なインサイトを引き出し、人事部門のリーダーやマネージャーがインサイトに基づいて迅速に行動できるよう支援します。これにより最終的には、従業員のエクスペリエンスを向上させます。

SAP SuccessFactorsのプレジデントを務めるグレッグ・トゥーム(Greg Tomb)は次のように述べています。「競争の激しい今日の市場では、従業員のエクスペリエンスが重要になります。ビジネスの成功の鍵となる差別化要因は働く人々です。企業の従業員エクスペリエンスと業績には明らかな相関があります。企業の成功には、熱心で意欲があり健康な従業員が欠かせません。このたび、SAP SuccessFactorsソリューションのHR業務データと、SAP Qualtricsソリューションの従業員エクスペリエンスデータを結合できるようになりました。この新しいソリューションの提供によって、お客様の従業員エンゲージメントおよび、競争力を高めて成功するお手伝いができれば幸いです」

Qualtrics EmployeeXM社のバイスプレジデントを務めるジェイ・チョイ(Jay Choi)氏は次のように述べています。「SAP SuccessFactorsソリューションとSAP Qualtricsソリューションの統合によって、企業は従業員エクスペリエンスで差別化できるようになり、画期的な成果を収めて、競争優位を確立できます。従業員エクスペリエンスを向上させるには、人事部門のリーダーがエクスペリエンスデータを業務システムとビジネスプロセスに組み込んで、従業員エクスペリエンスについての理解を深め、予測して行動することで従業員エクスペリエンスを変革していく必要があります」

人事部門のリーダーおよび実務担当者が従業員エクスペリエンスを向上させるのに役立つ従業員エクスペリエンス管理ソリューションは以下の3つです。

  • SAP Qualtrics Employee Engagement:このソリューションではエクスペリエンス、エンゲージメント、そして生産性の促進要因をきめ細かく特定できるので、人事部門のリーダーとマネージャーはリアルタイムで行動を起こすことで、世界に通用する人材を引き付け、その能力を開発し、絆を深め、離職を防ぐことができます。SAP Qualtrics Employee Engagementにはインテリジェントアナリティクス機能が搭載されているため、自由回答形式のアンケート結果を分析し、統計解析を実行して、組織内のエンゲージメントや効果を促進する最大の要因(福利厚生、マネージャーと従業員の関係など)を予測することができます。また、マネージャーはロールベースのダッシュボードを表示して、自身のチームの改善を図る上での対象領域やインサイトを確認できます。
  • SAP Qualtrics Employee Lifecycle: このソリューションは、従業員のライフサイクル全体にわたって従業員エクスペリエンスに関するリアルタイムかつ行動に活かせるインサイトを提供します。このソリューションではQualtrics XMソリューションのエキスパートコンテンツを活用して、オンボーディングから退職までのコンテンツ、ワークフロー、自動化機能を提供します。これは企業の既存のHCMシステムに直接組み込むことができます。人事部門のリーダーはSAP Qualtrics Employee Lifecycleを利用して、入社後のオンボーディング、トレーニング、昇進、退職などのマイルストーンごとに調査を実施して、パーソナライズされた従業員エクスペリエンスを構築し理解を深めることができます。
  • SAP Qualtrics Employee Benefits Optimizer: 選択型コンジョイント分析手法を採用した画期的なこのソリューションでは、企業に固有の文化や予算に合わせた理想的な福利厚生・報酬パッケージを迅速に特定できます。最も重要な点は、従業員のフィードバックが福利厚生の策定プロセスの中心にあることです。このソリューションでは、従業員が納得できる福利厚生面のトレードオフをシミュレートすることができます。またガイドに従って設定を行ったり、リアルタイムのトレンドを把握したり、最も有効かつ最善のパッケージについてのレポートを作成したりすることができます。しかも、従来のソリューションや機能で必要なデータサイエンティストや再モデリングの繰り返しは不要です。

 

以上

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。