SAP HANA®およびSAP® Cloud Platformを基盤とするスマート、シンプルかつセキュアなテクノロジーで、顧客のインテリジェントエンタープライズ化を実現

(本リリースは、5月8日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、同社が持つビジネスプロセスの高度な専門知識と、お客様およびパートナーとの密接なコラボレーションにより、お客様が競争を乗り越え、お客様の顧客に独自のエクスペリエンスを提供するために必要なサービスを提供することを発表しました。

新しいSAP HANA® Cloud ServicesでSAPが目指すのは、SAP HANAデータベースの処理能力とパフォーマンスをクラウドにもたらすことであり、あらゆる規模のデータへの単一ゲートウェイとして機能し、分散データランドスケープの課題に対処することです。SAP HANAのインメモリーテクノロジーとデータの仮想化を組み合わせることで、データ利用がシンプルになり、データ管理の柔軟性も向上します。データレイクストレージ階層により、企業はSAP HANAで管理されているデータを無制限に増やすことができます。SAP HANAをオンプレミスで利用しているお客様には、必要に応じて柔軟に容量を追加できる新しいクラウドサービスが提供される予定です。

同時に、SAP® Cloud Platformはビジネステクノロジープラットフォームへとさらに進化しており、お客様は差別化された機能を備えるSAPアプリケーションを容易に拡張、統合できます。SAPとパートナーは共に、ビジネス専門知識を提供、拡大することでプラットフォームを充実させます。

SAP HANA Cloud ServicesとSAP Cloud Platformの目的は、お客様がすべてのSAPおよびサードパーティーのアプリケーションデータにアクセスできること、重複したデータの削減、セキュリティとガバナンスを実現する単一ポイントの提供です。これにより、意思決定者はライブデータに包括的かつ完全にアクセスすることが可能になると同時に、これらのデータが安全かつセキュアであるという信頼感を持つことができます。意思決定者はまた、高度なアナリティクス、機械学習などの手法をビジネスプロセスに簡単に適用して、新しい事業機会を見いだすこともできます。

 

SAP HANAおよびSAP Cloud Platform向けの新しいインテリジェントソリューション

SAP HANA Cloud Servicesを利用する予定の新製品、サービス、イニシアチブには、次のものがあります。

  • SAP Data Warehouse Cloudは、SAP HANA Cloud Servicesを使用して構築される予定の最初のソリューションです。企業データのセキュリティ、信頼性、豊富なセマンティックを維持しながら、異種データを1つのソリューションに統合します。ユーザーは自分のデータランドスケープ全体にすばやくアクセスし、これを基幹業務固有空間の値に変換できます。使用量に応じた従量課金制の柔軟な料金設定モデルがすべてに適用されます。お客様は こちらからベータプログラムに申し込むことができます。

詳細については、「Data to Value: Updates on SAP HANA and SAP Analytics Cloud」(SAP HANA&Analytics担当シニアバイスプレジデント ゲリット・カッツマイヤー(Gerrit Kazmaier)著)をご覧ください。

  • SAPOpenText提携を強化し、SAP Cloud Platformのインンテリジェントエンタープライズ向けの非構造化コンテンツ対応を拡張する予定です。当面の計画は、エンタープライズ規模のドキュメント管理をSAP Cloud Platform上のサービスとして提供することで、これは将来、SAP S/4HANA® Cloudに統合される予定です。その他のインテリジェントエンタープライズアプリケーションもその後提供される予定です。このサービスは、お客様があらゆる種類の情報のフローを改善し、ビジネスプロセス全体にわたってコラボレーションを強化し、コンプライアンス要件を満たして、生産性を向上させるのに役立ちます。

詳細については、「SAP Cloud Platform: The Business Technology Platform」(SAP Cloud Platform担当シニアバイスプレジデント ギュンター・ロザメル(Gunther Rothermel)著)をご覧ください。

AIIoT、アナリティクスによって推進される使いやすいイノベーション

100以上のインテリジェントシナリオに加え、SAPは人工知能(AI)、IoT、拡張アナリティクスなどのSAP® Leonardoテクノロジーの最新アップデートをビジネスプロセスに組み込み、リアルタイムのインテリジェンスとインサイトを提供する予定です。これにより、お客様は正確性、効率性、柔軟性を向上させながらクラウドからエッジまでビジネスを遂行して、より迅速に自信を持って決定を下すことができるようになります。 

  • SAP Intelligent Robotic Process AutomationRPAテクノロジーサービスは、ビジネスプロセスの自動化と「デジタルボット」による生産性の向上を目的としたもので、現在すでにご利用いただけます。これらのソフトウェアロボットは、手動のタスクを置き換える、テキストを多用するコミュニケーションを解釈する、または定義可能で再現可能なビジネスプロセスでエンドユーザーを支援するなどの作業を行います。SAP Intelligent RPAはSAP Cloud Platformと、SAP S/4HANAなどのSAPデジタルコアソリューションと緊密に統合されています。

詳細については、「AI Driving Automation, Conversation, and Intelligence」(SAP機械学習担当シニアバイスプレジデント マルクス・ノガ(Markus Noga)著)をご覧ください。

  • SAP Data Intelligenceは、データと機械学習のエンドツーエンドのライフサイクルを持つ、最初のエンタープライズソリューションとなる予定です。これは、ユーザーが自分のデータ、モデル、デプロイメントをより制御できるように設計されています。また、TensorFlowなどの確立されたオープンソースフレームワークを利用し、SAP Data HubソリューションとSAP Leonardo Machine Learning Foundationを1つの統合クラウドサービスにまとめることで、最新のトレンドとテクノロジーにも適応できるようになります。SAP Data Intelligenceを利用すると、SAP HANAとサードパーティーのデータソースを接続、検出、調整して、データクレンジングを自動化できます。SAP Data Intelligenceは2019年6月提供開始予定です。

詳細については、「AI Driving Automation, Conversation, and Intelligence」(SAP機械学習担当シニアバイスプレジデント マルクス・ノガ(Markus Noga)著)をご覧ください。

  • SAP Leonardo IoTソリューションとAmazon Web Services(AWS)IoTとのコラボレーションが利用できるようになりました。これにより、柔軟性が向上し、SAP Leonardo IoTに中継されるIoTテレメトリデータへの接続およびデバイス管理レイヤーにAWS IoT Coreを使用できます。さらに、SAP Leonardo IoT Edgeでは、AWS IoT Greengrass上でローカルで実行されるようにビジネスプロセスを拡張することもできます。フィールドサービス管理など、SAP Leonardo IoT Edgeの重要なビジネス機能は、2019年末までにAWS IoT Greengrass Edge環境内で動作する予定です。その結果、遅延が削減され、帯域幅と接続の使用率が最適化されます。この新しいコラボレーションは、今年初めの発表に沿ったものです。

詳細については、「The Internet of Interoperability: SAP Leonardo IoT and AWS IoT」および「IoT Provides the Key to Unlocking Your Intelligent Enterprise」(SAPシニアバイスプレジデント兼グローバル責任者エルビラ・ウォリス(Elvira Wallis)著)をご覧ください。

  • SAP® Analytics Cloudソリューションのアップデートにより、ドメイン言語を使用してモデルをシミュレートできる新しい「ビジュアル数式」が提供されます。その結果、組織内の誰もが計画シナリオを作成し、高度なコラボレーティブ企業計画を簡単に利用できるようになります。SAP® Integrated Business Planningソリューションとの新たな統合により、お客様は重要なKPIのすべてをSAP® Digital Boardroomで完全に可視化できます。SAP Analytics Cloudのアップデートにより、お客様とパートナーは専用のソフトウェア開発キット(SDK)を使用して、データ分析、計画、予測のための独自の分析アプリケーションを構築、組み込み、拡張することができます。

詳細については、「Data to Value: Updates on SAP HANA and SAP Analytics Cloud」(SAP HANA&Analytics担当シニアバイスプレジデント ゲリット・カッツマイヤー(Gerrit Kazmaier)著)をご覧ください。

インテリジェントエンタープライズへのクイックスタート

SAPは、15のSAP Guided Outcomesを発表しました。これは、頻繁に一緒に利用される複数のSAP製品をパッケージとしてまとめたもので、強力なビジネス価値を提供します。第一弾として、SAPはコストの最適化、収益の増加、カスタマーエクスペリエンス、トータルワークフォース管理、製品とサービスの卓越性など、5つのカテゴリーに分けたビジネス成果に取り組みます。パッケージの多くは、業界を問わず存在する問題に対処しますが、ディスクリート、金融サービス、消費者、サービスなどの特定の業界向けに設計されているものもあります。SAP Guided Outcomesは技術的検証を受けており、各ソリューションをデプロイするためのベストプラクティスの推奨事項が含まれています。

お客様がビジネスニーズに合ったレベルのインテリジェント機能を正確に組み込めるように、機械学習、自然言語理解、高度なアナリティクス機能などのインテリジェントテクノロジーパッケージが設計されています。現在、SAP S/4HANA、SAP® C/4HANAスイート、SAP® SuccessFactors®ソリューション向けにシルバーレベルおよびゴールドレベルのパッケージオプションが利用できます。これらのパッケージでは、SAPとサードパーティーのソリューションを統合する機能横断型のビジネスプロセスとユーザーエクスペリエンスを提供します。パッケージはすべて、SAP Intelligent Robotic Process Automation、SAP Conversational AI、SAP Leonardo Machine LearningなどのSAP製品の高度なサービスを利用しています。ゴールドオプションではSAP Analytics Cloudを追加で利用でき、ユーザーは新しいインサイトを予測、発見、可視化して、適切に対処できるようになります。

詳細については、「Intelligent Enterprises: Unlocking New Possibilities Across Every Industry」(SAPインテリジェントエンタープライズソリューション&インダストリー担当プレジデント マラ・アナンド(Mala Anand)著)をご覧ください。

SAPのデータに基づくイノベーションと新興テクノロジーに関する分析情報の詳細は、以下をご覧ください。

  • ホワイトペーパー(SAP SE最高技術責任者兼執行役員ユルゲン・ミュラー(Juergen Mueller)著)。ミュラーのブログ「A Business Technology Platform for Data-Driven Innovation」も併せてご覧ください。
  • Horizons by SAP:業界のソートリーダーが今後のトレンドとテクノロジーについての見解を共有する新しいイノベーションジャーナル。初回はモジュラーITの徹底検討です。詳細は、「Delivering the Intelligent Future」(SAP最高イノベーション責任者マックス・ヴェッセル(Max Wessel)著)をご覧ください。

 

以上

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。