データサイエンティスト集団のARISE analytics、SAPのクラウド人事システム 「SAP® SuccessFactors®」を3カ月で導入し、タレントマネジメントを運用開始

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)は、株式会社ARISE analytics(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 :  家中 仁、以下ARISE analytics)がSAPのクラウド人事システム「SAP® SuccessFactors®(エスエーピー・サクセスファクターズ)」を3カ月間の短期間で導入完了し、タレントマネジメントシステムを活用した人事管理および目標評価管理の運用を開始したと発表しました。

ARISE analyticsは、KDDIが保有する国内最大規模のユーザーデータと、アクセンチュアの持つアルゴリズム構築力を背景に、2017年に設立されました。KDDI、アクセンチュア、さらにパートナー企業から、様々なスキルを持った「ヒト」、「モノ」、「データ」が集まり、新たな価値創出に向けた取組みを進めています。同社では、250名を超えるデータサイエンティストを抱えており、今後もさらなる事業拡大を見込んでいることを背景に、短期的には、データサイエンティストやビジネスコンサルタントを始めとした多彩な人材情報の可視化と目標評価管理基盤の整備を必要としていました。また中長期的には、評価実績に基づく報酬管理および今後必要な人材情報の分析・把握が可能な総合的な「タレントマネジメント」の導入を必要としていました。

同社は、上記目標の達成のために「SAP SuccessFactors」を採用し、人員増加に伴う人材情報の一元管理、人事考課プロセスの導入作業に着手し、3カ月間という短期間で導入設定を完了し、本番運用を開始しました。今後は、「SAP SuccessFactors」基盤をもとに、報酬管理の機能拡張を推進し、さらなる人材情報の可視化および評価から報酬までの一元管理を行い、戦略的な人材育成を行うことを目指します。また、「SAP SuccessFactors」に蓄積された人材や評価、勤怠などの様々な情報を総合的に分析・利活用することで、従業員ひとりひとりに寄り添ったスキル向上の機会提供や働きやすい環境構築を実現していきます。

「SAP SuccessFactors」は、タレント・マネジメント・ソリューションとして日本市場でも広くご利用いただいていますが、近年では、日本市場に適応した給与計算および労務管理サービスが追加され、SAP® SuccessFactors® HCM Suiteとして、人事・人財の全領域をカバーできる唯一のクラウドソリューションとなりました。これにより企業は人事、給与計算業務の運用コストの削減、AIを使った業務の自動化、蓄積されたデータの活用による効率的な人材育成など、一歩進んだ人事改革が可能になります。

以上

株式会社ARISE Analyticsについて
ARISE analyticsは、KDDIとアクセンチュアのジョイントベンチャーとして2017年4月に設立されました。国内最大規模のデータを保有するKDDIと、高度なコンサルティング力、アルゴリズム開発力を誇るアクセンチュアの強みを融合させた新しいアナリティクスカンパニーとして誕生しました。約270名のデータサイエンティストが在籍し、データアナリティクスとAI(人工知能)を駆使し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。
https://ariseanalytics.com/

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com/japan)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。