カーボン事業のパイオニア 東洋炭素が、SAPのクラウド人事システム 「SAP® SuccessFactors®」でのグローバル人事プロジェクトを開始

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)は、東洋炭素株式会社(本社:大阪市西淀川区、代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO : 近藤 尚孝、以下 東洋炭素)がSAPのクラウド人事システム「SAP® SuccessFactors®(エスエーピー・サクセスファクターズ)」をグローバル人事プラットフォームとして採用し、グローバルへの展開を見据えたタレント・マネジメント・システムの導入プロジェクトを開始したと発表しました。本プロジェクトにおける国内導入およびグローバル導入に関しては、アビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 : 岩澤 俊典、以下 アビームコンサルティング)が担当します。

東洋炭素は、創業来培われた「どこにもないモノをつくる」とのパイオニア精神に則り、高機能分野に特化した独創的で革新的なカーボンの追求に挑戦しており、半導体や自動車、家電などの身近な生活空間から航空宇宙・医療などの最先端分野まで様々な領域で活躍しています。また、グローバルに拡がる市場のニーズに応えるため、中国・アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど世界十数カ国に生産・販売拠点を設置し、中期経営計画「TVC 2022」における行動計画では、さらなる成長へと舵を切り、既存事業の競争力強化や新たな事業領域への展開等、カーボン材料の可能性を追求し続けております。

同社は、そうした成長戦略の実現に向けた、グローバルな経営管理体制とガバナンス体制の一層の強化を推進するため、重要施策の一つとしてグローバル人事プラットフォームの導入を決定しました。今回それを実現する最適なシステムとして、クラウド型で約40ヶ国語に対応した「SAP® SuccessFactors®」を選択いたしました。同システムでは、グループ方針の拠点や部門、そして社員への方針展開と浸透を円滑に行う事をはじめ、長期的なグローバル人材の育成と後継者育成計画の立案、業務実績やキャリアビジョン、適性・スキルデータ等の人材情報の可視化と活用、求める人材像から落とし込まれる統一した基準による評価制度の運用等、一元的に管理可能なタレントマネジメントシステムの構築を目指しています。

現在、国内における導入プロジェクトを開始し、国内導入が完了次第、中国・アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど十数カ国の海外拠点での導入を推進し、グローバル人事プラットフォームの完成を目指す予定です。

「SAP SuccessFactors」は、タレント・マネジメント・ソリューションとして日本市場でも広くご利用いただいていますが、近年では、日本市場に適応した給与計算および労務管理サービスが追加され、SAP® SuccessFactors® HCM Suiteとして、人事・人財の全領域をカバーできる唯一のクラウドソリューションとなりました。これにより企業は人事、給与計算業務の運用コストの削減、AIを使った業務の自動化、蓄積されたデータの活用による効率的な人材育成など、一歩進んだ人事改革が可能になります。

アビームコンサルティングの人事業務改革とSAP製品導入のノウハウを結集し独自に開発したSAP® SuccessFactors®導入テンプレートを活用することで、短期間にプロジェクトを推進し、人材情報の可視化を早期に目指します。また、ユーザートレーニングを通じた業務プロセスの定着や、ビジネスや業務の変化に合わせた機能拡充など導入後の利活用まで一気通貫で支援します。

同社は、国内における導入プロジェクトを2019年7月より開始し、国内導入が完了次第、中国・アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど世界十数カ国にわたる海外展開を推進し、グローバル人事プラットフォームの完成を目指す予定です。

以上

 

東洋炭素 株式会社について
東洋炭素は、1941年に近藤カーボン工業所としてカーボンブラシの製造からスタートし、創業来培われた「どこにもないモノをつくる」とのパイオニア精神に則り、高機能分野に特化した独創的で革新的なカーボンの追求に挑戦してまいりました。
1974年に、世界に先駆け「大型等方性黒鉛」の量産化に成功して以来、東洋炭素グループのカーボン製品と技術は、時代のニーズに応え続け、自動車や家電などの身近な生活空間から宇宙航空・医療などの最先端分野まで、様々な領域で活躍しています。
また、グローバルに拡がる市場のニーズに応えるため、中国・アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど世界十数カ国にわたって生産・販売拠点を設置し、未だ拡がるカーボンの可能性を追求し続けています。
http://www.toyotanso.co.jp/

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com/japan)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

 

アビームコンサルティング株式会社について
アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、 BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,000 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
ホームページ:https://www.abeam.com/jp/

※ アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。
※ 本文に記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。