JSOL、ヒロセ電機株式会社にSAP® C/4HANAを導入


~国内初のSAP CXクラウド製品の導入。コネクタ業界国内トップクラスのDX戦略推進をサポート~


株式会社JSOL(以下 JSOL)は、ヒロセ電機株式会社(以下 ヒロセ電機)に対し、SAPジャパン株式会社(以下 SAPジャパン)が提供するカスタマー・エクスペリエンス(CX)・スイートのSAP® C/4HANAを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)・プラットフォーム構築の支援を行いました。ヒロセ電機では2019年3月よりシステム稼働を開始させ、稼働後以来、順調に運用されています。国内では初めてのクラウド環境でのSAP C/4HANAの稼働事例です。

【背景・概要】

ヒロセ電機は、コネクタ業界における国内大手メーカーとして、国内外で幅広く事業展開を図っています。同社ではさらなる市場競争力の強化に向けて、推進中の中期経営計画「G-WING」において、コンシューマー、産機、自動車の強い3本柱を形成し、高収益体制を維持しつつ、中長期的に売上を伸長させていく計画です。計画の着実な実現のためには、世界規模に広がる営業活動の質と量の強化が重要な役割を担います。そこで同社では、(1)営業とシステムを「つなぐ」ことで、マーケティングから営業へのリードの受け渡しを大幅増加させること、(2)営業結果の把握・分析により「成功予測率」を試算し、成約確度の高い営業活動を実現すること、(3)お客様情報を整理し、お客様毎に質の高いコミュニケーションを可能にすること、を主たる目的とするプロジェクトが組成されました。

これらの目的を達成するため、ヒロセ電機では顧客情報と顧客の行動(顧客からの問合せ、注文、メーカー側から顧客へのアクション)をシームレスに把握できるように、SAP C/4HANAの提供する領域のうちSAP® Commerce Cloud、SAP® Marketing Cloud、SAP® Service Cloudを導入しました。このうちJSOLは、SAP Commerce CloudおよびSAP Marketing Cloudの導入を支援、昨年1月にプロジェクト開始、本年3月にSAP C/4HANAクラウド環境での本稼働を実現しています。

なお、本プロジェクトはSAPジャパンが同社の優秀なパートナー企業に贈る「SAP CX Japan Outstanding Award 2018」を受賞しました。

JSOLはこれまで、SAP C/4HANAを活用して、企業のビジネスプロセスのデジタルトランスフォーメーションを推進してきました。今後も、SAP C/4HANAの各種クラウドソリューションを活用し、お客さまのビジネス変革に貢献していきます。

 

株式会社JSOLお知らせ

https://www.jsol.co.jp/info/2019/190719.html

 

ヒロセ電機株式会社

(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 和徳)

https://www.hirose.com/

所在地 : 東京都品川区大崎5丁目5番23号

代表者 : 代表取締役社長:石井 和徳

資本金 : 94億400万円

設立 :1937(昭和12)年8月15日

事業内容 :コンピュータ、周辺機器、端末機器、移動・有線・無線通信機器、事務機器、民生機器、制御機器、自動車等の各種高性能コネクタ製造販売

 

■株式会社JSOL

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川 雅俊)

https://www.jsol.co.jp/

JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客さまのより幅広いニーズにお応えできるICTサービスコーディネーターです。

2009年1月、NTTデータ、三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究所との業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更するとともに、NTTデータグループおよびSMBCグループの一員として、お客さまのビジネスに貢献できるICTソリューションの提供に取り組んでいます。

 

■SAPジャパン株式会社

SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com/japan)

 

※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

※SAP、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。