SAPジャパンとEY新日本有限責任監査法人 千代田区立麹町中学校で生徒と保護者約30名を対象に、 デザインシンキングの特別セッションを実施

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)とEY新日本有限責任監査法人(本部:東京都千代田区、理事長:片倉正美、以下EY新日本)は、2019年7月20日(土)に、“教育プログラム”の一環として、千代田区立麹町中学校で生徒と保護者約30名を対象に、デザインシンキングの特別セッションを実施します。

EY 新日本は、中高生への会計教育支援の一環として、千代田区立麹町中学校の購買部運営におけるサポートを実施しています。従来 PTA 及び購買部担当職員が運営していた校内で文房具などを販売する売店を生徒自身が運営する取り組みで、若手会計士が在庫管理や内部管理上の注意点などのアドバイスを行っています。生徒は物品の発注、店頭での接客、売上・在庫管理、広告活動、棚卸などを体験することができます。

SAPジャパンは、“若者への教育支援”のCSR活動の一環として、千代田区立麹町中学校購買局の「生徒による購買部の運営」を確立することを目指し、新人局員の勧誘を行うために“購買局員を増やすにはどうすればいい?”をテーマとして「デザインシンキング(デザイン思考)」の特別セッションを実施します。デザインシンキングとは、デザイナーがデザインを行う思考を、問題解決やアイデアの創出などに用いる思考方法です。「理解と共感」「問題定義」「発想」「試作」「テスト」などのステップを繰り返すことで新しいアイデアを生み出していきます。革新的なアイデア、斬新なアイデアを生み出しやすい手法と言われており、多くの企業で取り入れられ始めています。CSR活動としての取り組みとして過去に福島県南相馬市の高校生、長野県松本市の中学生等に「デザインシンキング」の特別セッションを実施してきました。

「デザインシンキング特別セッション」概要

日時:2019720日(土)09:3012:00

テーマ: 「購買局員を増やすにはどうすればいい?」

会場:千代田区立麹町中学校 2階 会議室

東京都千代田区平河町2-5-1

https://www.fureai-cloud.jp/kojimachi-j/

以上

 

EY新日本有限責任監査法人について
EY新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中心に、アドバイザリーサービスなどを提供しています。詳しくは、www.shinnihon.or.jp をご覧ください。

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。