SAPジャパン、官民共創によるデジタルガバメントの実現を通じた社会課題解決に向けたソートリーダーシップ活動のためのシンクタンク「SIDG」を設立

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、官民共創によるデジタルガバメントの実現を通じた社会課題解決に向けたソートリーダーシップ活動のためのシンクタンク「SAP Institute for Digital Government(略称:SIDG (シッジ))」を設立しました。

SIDGは、デジタル技術およびイノベーティブなアイデア・示唆を活用することにより、行政サービスに対する国民ニーズをかなえ、政府の価値を高めるために活動するシンクタンクです。オーストラリアのキャンベラに事務局を置くグローバル組織で、2015年6月に設立して以来、現在は欧州、アメリカにも活動の場が広がり、アジアでは、韓国でも具体的な活動を展開しています。このたび日本でもSIDGを設立し、SAPジャパンがイノベーション拠点として開所したSAP Leonardo Experience Center Tokyoを本拠地として活動開始します。活動にあたっては、イノベーション組織を繋ぐオープンコミュニティ「Business Innovators Network」やスタートアップ向けプログラム「SAP.iO」などSAPがリードするエコシステムとの協働や、SAPグローバル組織との連携を行うことで、更に効果的な公共機関のデジタルイノベーションによる価値創出を図ります。

<SIDGの日本における活動の柱>
Thought Leadership
概要:社会課題に対して、新規技術及びビジネス知見を活用し、解決策を見出す
テーマ例:
・オープンデータ利用の加速化
・イノベーション人材教育(デザインシンキング、IT人材、官民交流)
・官民共創によるビジネスイノベーション・社会課題解決
・デジタルエコシステムを利用した価値創造

Digital Transformation
概要:日本政府のデジタル化を推進し、公共機関のイノベーションを牽引する
テーマ例:
・先進技術を有効活用した政府情報システムの将来像(グランドデザイン)に向けたロードマップの具体化
・行政におけるデータ管理の高度化・プラットフォーム強化、デジタルインフラの活用促進
・行政で潜在化しているビッグデータ分析・予知分析を活用することによる実践的なEBPM(Evidence Based Policy Making)の実現
・AI、IoT、マシンラーニングなどの先端技術を用いた行政サービスの利便性向上
・デジタルガバメント向けデモを用いた体感型ワークショップ・将来像の発見

Collaboration with Global
概要:日本政府が諸外国政府の知見を参考・活用するためのハブとして機能する
テーマ例:
・諸外国政府事例紹介(デジタル戦略、情報システムを利用したサービス改革等)
・諸外国事例視察・情報交換
・海外にあるAppHausやSIDGの見学、他国政府機関等との情報交換

これまでもSAPジャパンは、製造業や商社を始めとした多くの日本企業に対して、統合基幹システム(ERP)の導入によるデジタル社会基盤の確立や、IoTやAI、クラウドソリューションを利用した先進技術の適用を通じ、日本の社会に即したデジタルイノベーションを強く推し進めてきました。この度設立したSIDGを梃子にし、民の力を官に生かし、官の政策に沿って民がビジネス創生するといった、日本型のデジタルイノベーションのフレームワークに沿った「社会と産業と公共機関をつなぐエコシステム」を完成させ、「経済発展と社会課題解決の両立」に大きく貢献する所存です。

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com/japan)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。