SAP® Ariba®とSAP® Fieldglass®、世界中のトップ企業が インテリジェント支出管理ソリューションとして導入を促進

(本リリースは、8月14日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

 SAP SE(NYSE:SAP)は、Burger King Brazil社とグアテマラのBanco G&T Continental社が、調達のデジタル変革と購買プロセス全体の全社的統合を進めるため、新たにSAP® Ariba®SAP® Fieldglass®のソリューションを導入したことを発表しました。

SAP AribaとSAP Fieldglassのインテリジェント支出管理ソリューションを使用している大手企業には、ドイツのエネルギー企業であるUniper SE社と、米国で教育分野の商品とサービスを販売するFollett Corporation社も含まれます。商品とサービスの調達のデジタル化、直接費と間接費の管理、社外労働者の雇用と管理のために、2019年第2四半期中にSAP AribaとSAP Fieldglassのソリューションを新たに導入した企業は数千社にのぼります。以下にその一部の企業を紹介します。

  • Banco G&T Continentalは、グアテマラだけでなく中米地域全体でも有数の巨大銀行の1つです。同行は、調達プロセスのシンプル化、ガバナンスの改善、サプライヤーとの関係強化を進めるためにSAP Aribaソリューションを導入し、デジタル変革による業務の効率化と透明性の向上、そしてブランド力の強化を目指しています。
  • Burger King Brazilは、ブラジルの大手ファストフードチェーンです。同社は、急速な成長を支える信頼できるアドバイザーとしてSAPを選びました。同社は、サービスベンダーとのインタラクション管理にはSAP Fieldglassソリューションを、経費管理にはSAP® Concur®ソリューションを、従業員の獲得、保持、育成にはSAP® SuccessFactors®ソリューションを選択しました。また、すべての顧客との接点から得られる膨大な顧客データの増加に対応するため、SAP Customer Experienceソリューションも導入する予定です。
  • Hospital Sirio-Libanesは、サンパウロとブラジリアで2つの総合病院と5つの外来治療センターを運営し、4,400人を超える登録医師を抱えるブラジルの慈善医療機関です。同機関は、院内のデジタル変革ロードマップを推進するためにSAPの製品を使用しています。SAP Aribaソリューション、SAP S/4HANA®、SAP SuccessFactorsソリューションの導入により、調達の変革、戦略的ソーシングの改善、決算処理と業務プロセスの最適化を目指しています。SAPソリューションは、医療機関をデータ主導へと変化させ、多次元分析を行って、医療機関と患者の両方にとってメリットのあるビジネス上の意思決定を行えるよう支援しています。

SAP AribaとSAP Fieldglassのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるパット・マッカーシー(Pat McCarthy)は、次のように述べています。「支出管理の重要性はこれまで以上に増しています。支出管理を改善する最善の方法は、ソースとカテゴリーの枠を超えてすべての支出データを統合することです。エネルギー、教育、金融、食品、医療の各分野で新たなお客様がSAPのコミュニティに加わっているということは、スマートな意思決定とコラボレーションの強化があらゆる業種と地域で非常に重要になっていることを示しています。すべての支出カテゴリーを管理するために調達から支払までのプロセスを統合するSAP AribaとSAP Fieldglassソリューションに、出張および経費を管理するSAP Concurを組み合わせることで、SAPは、市場ではほかに類をみないインテリジェント支出管理プラットフォームを提供します」

SAP Aribaソリューションは、世界最大のB2Bコマースネットワークを構築しています。このネットワークには420万社を超える企業が参加しており、Ariba® Network上での年間取引高はおよそ3兆USドルに達しています。SAP Fieldglassソリューションは、外部労働者とサービスの調達に関する支出管理のためのソリューションです。このソリューションを使用して、2019年第2四半期にはおよそ17万件の作業範囲記述書が作成されました。

以上

 

SAP AribaSAP Fieldglassについて
SAP AribaとSAP Fieldglassは、世界最大のB2Bクラウドプラットフォームを提供し、企業間をつなぎ企業取引をスムーズに効率化します。SAP AribaとSAP Fieldglassは、ソーシングから支払まで支出に関するあらゆるカテゴリー、つまり直接材、間接材、サービス調達、その他外部労働力を含むすべてのカテゴリーの調達プロセスを管理します。Ariba Network上には現在190カ国420万社のバイヤー・サプライヤーが参加しており、新規ビジネス、協業や取引を通じて相互に深い関係を構築しています。毎年2.9兆USドル規模が取引されています。SAP Fieldglassは非給与労働者やサービスプロバイダーといった柔軟な労働力を調達する管理アプリケーションで、現在180カ国以上で利用されています。SAP AribaとSAP Fieldglassは、企業の支出管理プロセスを変革し、業務効率およびコンプライアンス遵守向上とともに、お客様がより機敏性と迅速性に富んでビジネスを遂行する後押をしています。
詳細はhttps://www.ariba.com/ja-jp および http://jp.fieldglass.com/ をご参照下さい。

 

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。