ブエノスアイレス州、デジタル化で老朽化インフラを刷新

(本リリースは、10月3日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP S/4HANA®が、アルゼンチン・ブエノスアイレス州の橋、下水管、道路などの近代化に貢献しています。

ブエノスアイレス州は、面積約30万7,000平方キロメートル、全人口の40%にあたる1,700万人が暮らす同国最大の州ですが、インフラの老朽化と資金不足の問題を抱えていました。

新政権が発足した2015年当時の重要優先課題は、同州の劣化したインフラに公的資金を投じ、近代化を実施することでした。

州のインフラ・公共サービス省で計画を担当するフロレンシア・バリア(Florencia Valia)氏は次のように述べています。「以前はインフラに十分な資金が回っていませんでした。新政権発足時に不足額を算出したところ、実に300億ドルを超えていました」

バリア氏のチームの調査によれば、州の大半の道路が劣悪な状態にあったほか、上下水道サービスは改善が必要で、医療拠点は質が悪化しており、州内の多くの地域が洪水の危険にさらされていました。

インフラ・公共サービス省は、道路や鉄道、ダム、エネルギーなど州内の全公共設備を管轄しています。どれも市民の日常生活に欠かせないものです。バリア氏のチームは、同省の財務状況の評価に基づき、インフラを補修するための短期的、中期的、長期的計画を策定しました。

ロベルト・ヒガンテ(Roberto Gigante)氏率いる同省は、近代化を推し進めるため、インフラに60億ドルを投じました。しかし、公共事業を確実に予算内かつ期限内に完了するためには、それを支える手段が必要でした。バリア氏は次のように語ります。「公共事業を管理し、開始から完了までのプロセス全体を監督するのに役立つ最新のアジャイルなシステムを求めていました」

バリア氏が以前にブエノスアイレス市の制御担当ゼネラルディレクターを務めていた際、同市では暴風雨発生時の水位の監視と洪水災害の回避のために、SAPモノのインターネット(IoT)テクノロジーを活用しました。このときの目標は、ブエノスアイレスのスマートシティ化でした。今回の州規模のプログラムでも、州政府は世界各地の公共セクターでのSAPの経験などを考慮し、SAPに支援を求めました。

インフラ・公共サービス省は、上下水道、衛生、建築、住宅、エネルギー、農業などに関係する3,000件超のプロジェクトをSAP S/4HANASAP® Cloud Platformで管理しています。州政府は現在、クラウド上でSAP S/4HANAモジュールを使用して財務、プロジェクト管理、設備保守を行っています。

バリア氏によると、以前はインフラ投資や公共事業に関するデータが不透明でした。新しいソフトウェアを導入した現在、省内のプロセスがシステム化され、すべての関連データがSAP HANA®に一元的に保存されています。これにより、職員が公共事業の進捗をより詳しく確認できるようになりました。

「公共事業の物理的・財務的な実行状況について、信頼できる情報が即座に手に入ります」とバリア氏は説明します。プロセス全体を通じて主要指標を監視できるため、問題が発生した場合でもすぐに軌道修正を行うことができます。

次世代の人材を育成
この近代化計画では、公共事業を評価するためのモバイルアプリケーションも開発されました。インフラ・公共サービス省は、この評価活動で学生と連携するとともに、工学や建築関連の研究を行っている90人の学生を対象とした奨学金および実習体験の提供についてアルゼンチン国内の7大学と合意しました。

同省は、新しいデジタルツールを用いた現役職員の研修にも注力しており、すでに400人の職員に対して研修を実施しました。

将来の目標について、バリア氏は次のように語ります。「コラボレーションを継続することで、州のデジタル変革を実現するとともに、さらに市民に寄り添った行政を提供していきたいと思います」

以上

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。