SAPの監査役会、トーマス・ザウアーエシッヒをSAP製品エンジニアリング担当の新たなエグゼクティブ・ボード・メンバーに任命

(本リリースは、10月24日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、2019年11月1日付けでトーマス・ザウアーエシッヒ(Thomas Saueressig)をSAPエグゼクティブ・ボード・メンバーに任命したことを発表しました。

ザウアーエシッヒは、引き続きSAP製品エンジニアリングを率いるとともに、新たにSAP S/4HANA®、SAP® Digital Supply Chain、SMEソリューション、業種別ソリューションを担当します。また、SAP User ExperienceとSAP Knowledge and Educationの各組織、SAP Labs Network、グローバルクラウドサービスの責任者となります。SAP HANA® Enterprise Cloudも担当することになります。ザウアーエシッヒとそのチームは、SAPのすべてのお客様が、イノベーションと統合を通じて、インテリジェントエンタープライズになるというビジョンを実現できるよう全力で支援していきます。

SAP SEの監査役会会長を務めるハッソ・プラットナー(Hasso Plattner)博士は次のように述べています。「トーマス・ザウアーエシッヒはSAPで15年にわたる経験を積んでおり、SAPとお客様がベスト・ラン・エンタープライズを実現するために必要なスキルと経験を備えています。お客様およびエンドユーザー中心主義を担っていく人物です。SAPがまたしても社内で若い人材を発掘・育成して、要職に任命したことを誇りに 思います」

ザウアーエシッヒは次のように述べています。「監査役会とエグゼクティブボードには、私が率いるチームがSAPとお客様を将来の成功に導くことができると信頼していただき感謝しております。今回の任命を光栄に感じるとともに、インテリジェントエンタープライズの中核をなすソリューションを構築して運用するというミッションに身が引き締まる思いです」

2022年10月31日までの3年間の任期でエグゼクティブ・ボード・メンバーに任命された34歳のザウアーエシッヒは、まだ学生だった2004年にSAPに入社しました。その後はキャリアを重ね、2016年にはSAPの最高情報責任者に任命されました。今年初頭に製品部門に移り、SAP製品エンジニアリングの責任者を務めています。2016年には、Fortuneの「40 Under 40(ビジネスに影響力のある40歳以下の40人)」にも選ばれました。ザウアーエシッヒはドイツ・マンハイムのUniversity of Cooperative Educationでビジネス情報技術の学位を取得し、フランスのエセックビジネススクールおよびマンハイムビジネススクールで共同エグゼクティブMBAを取得しています。

以上

 

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。