SAP、メルセデスベンツEQフォーミュラEチームとの ビジネスパフォーマンスパートナーシップを強化

(本リリースは、11月18日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、ABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップのシーズン6に向けて、メルセデスベンツEQフォーミュラEチームがSAP HANA®プラットフォームおよびSAP® Sports Oneソリューションを利用することを発表しました。

メルセデスベンツEQフォーミュラEチームは、2019年11月22日にサウジアラビアのディルイーヤで開催されるシーズンの初戦でデビューする予定です。

メルセデスベンツEQフォーミュラEチームの代表を務めるイアン・ジェームズ(Ian James)氏は次のように述べています。「2018年5月にSAPが私たちの公式ビジネスパフォーマンスパートナーになって以来、このコラボレーションは大成功を収めてきました。2つのビッグブランドが一丸となって革新的なテクノロジーを生み出してきたのです。ABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップのシーズン6開幕を機にこのテクノロジーが実戦に投入されると思うと、胸が高鳴ります」

SAP S/4HANA®をチーム全体に導入
SAPとメルセデスベンツEQフォーミュラEチームは、SAP S/4HANAを活用して、膨大なデータの分析およびビジネスパフォーマンス全体の監視を支援する独自のテクノロジーソリューションを開発しています。フォーミュラEカーの製造には複雑なテクノロジーや大量のパーツが必要ですが、チームはSAPとのパートナーシップによって、製品の調達やサプライヤーの評価からパフォーマンス監視までにわたる総合的な効率化に成功しています。レースでは、すべてが時間との戦いです。レースのビジネスおよび運用面も例外ではなく、最重要の配送日やサプライサイクルを厳守すれば、チームが各レースのトラックに集中するための最善の準備ができます。

SAP Sports Oneでチームのパフォーマンスを最適化
SAP Sports Oneの開発と導入も、SAPとメルセデスベンツEQフォーミュラEチームのパートナーシップから生み出されたもう1つの注目点です。クラブや企業は、SAP Sports Oneを導入して、トレーニングやチーム管理、さらには人材開発やメディカルプロセスなどのすべての管理を調整することで、スポーツパフォーマンス管理を簡単にデジタル化できます。

10分の1秒差で勝負が決まるフォーミュラEのようなスポーツでは、ヒューマンパフォーマンスを含むチームパフォーマンスをあらゆる面で最適化することが極めて重要です。世界各地を転戦しながら、レースのたびに時速280キロ以上のスピードで走行するフォーミュラEで、常に完璧な集中力を維持するのは、メカニック、エンジニア、データアナリスト、ドライバーの誰にとっても過酷です。SAP Sports Oneは、さまざまな生体情報を収集してダッシュボードにわかりやすく表示するフィットネストラッカーなどのウェアラブルテクノロジーから、ヒューマンパフォーマンスデータを入力して監視および把握し、それに対処できるようにするソリューションです。きめ細かく調整されたこのチーム専用のソリューションでは、睡眠不足かどうかの分析、時差ぼけの判定、水分補給レベルの測定によってドライバーの微妙な健康状態までが可視化されます。その結果、チームは可能な限りの最高レベルで活動することができます。

未来志向のテクノロジーパートナーシップ
SAPとメルセデスベンツEQフォーミュラEチームは、従来型のマーケティングとテクノロジーパートナーシップを組み合わせて関係を構築しています。SAPは自社の革新的なテクノロジーを提供する見返りとして、マシンやドライバーのレーシングスーツにSAPロゴを付けてもらっています。

SAP SEのエグゼクティブボードメンバーであり、SAP Digital Business Servicesを担当するミヒャエル・クライネマイヤー(Michael Kleinemeier)は次のように述べています。「SAPはメルセデスベンツEQフォーミュラEチームのデビューを大変喜んでいます。公式ビジネスパフォーマンスパートナーとしてこのチームの正式な一員になれたのは私たちの誇りです。メルセデスベンツとSAPは長年、信頼し合うビジネスパートナーでした。両社は、イノベーションの促進とテクノロジーの進歩という価値観に基づいて行動している点で一致しています。そして今、メルセデスベンツEQフォーミュラEチームとのコラボレーションによって、このパートナーシップが新たなレベルに達しようとしているのです」

SAPとメルセデスベンツEQフォーミュラEチームは将来に目を向けており、カスタマーエクスペリエンスおよびエクスペリエンス管理ビジネスの視点からテクノロジーのさらなる利用を模索していきます。メルセデスベンツEQフォーミュラEチームは、スタートアップの勢いを持つ全く新しいチームとして、増大するファン層の声に耳を傾けつつ、刺激的な新機能をSAPのテクノロジーで実現していきます。SAPは、パートナーシップの一員として、ファンの関心や要望、エクスペリエンスなどについての理解を深めるため、このチームを支援します。

以上

 

メルセデスベンツEQフォーミュラEチームについて
モータースポーツは、125年にわたってメルセデスベンツ社の中核を担ってきました。メルセデスベンツの名前を冠した最初の車はレーシングカーでした。ABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップのシーズン6の開幕をもって、メルセデスベンツ社の長く栄光あるモータースポーツ史の新たな一章が始まります。新しいメルセデスベンツEQフォーミュラEチームからは、2台の完全電動レーシングカーが初参戦します。この電気自動車レースシリーズは、メルセデスベンツEQのバッテリー駆動電気自動車の性能を実証するのに理想的な舞台であり、レースに独自のイベント性を結合させた全く新しい種類のエクスペリエンスでもあります。

メルセデスベンツEQフォーミュラEチームは、モータースポーツにおける自社ブランドの長年の経験と、メルセデスベンツモータースポーツファミリー全体に蓄積された技術的ノウハウに支えられています。メルセデス社は、F1とフォーミュラEという2つのレーシングシリーズに同時参戦し、両方のレースから得られた教訓を自社の道路車両の開発に活かそうとしています。メルセデスベンツファミリー全体が、この2つの舞台からテクノロジー推進のための大きな力を得ており、それが自動車産業の未来を切り拓く基盤ともなるでしょう。

 

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。