SAPとproject44社、共同で荷主のデータ主導型グローバル サプライチェーンの管理と改善を支援

(本リリースは、12月10日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、荷主およびロジスティクスサービスプロバイダー向けの高度な可視化ソリューションでグローバル市場をリードする、project44®(プロジェクト・フォーティーフォー)社とのパートナーシップを発表しました。この新しいパートナーシップの目的は、荷主による輸送プロセスの管理方法を刷新し、時間とリソースの節約、オペレーションの改善、経験経済における成長を支援することです。

SAPとproject44社は、荷受けや追跡などの重要な輸送プロセスの課題に共同で対処するために、SAP® Logistics Business Network内にproject44プラットフォームを統合することにより、運送業者ネットワークへの接続、タスクの自動化、そして可視化データとインサイトの提供を実現します。このソリューションは、荷主が輸送プロセス全体を通じて、より包括的で一貫性のあるカスタマーエクスペリエンスを提供することを支援します。

SAPのサプライチェーン開発担当シニアバイスプレジデントのフランツ・ヒーロー(Franz Hero)は次のように述べています。「市場環境が目まぐるしく変化し、そのうえ各オペレーションを別々の企業が担当しているために、荷主は自身のロジスティクスエコシステム全体の透明性をほとんど確保できず、しばしば苦労を強いられています。こうした事情により、人員の配置や欠品の回避を含め、ありとあらゆる業務が難しくなっています。SAPは、荷物の厳密な現在地をいつでも表示でき、予測に基づく動的なETA(到着予定時刻)を確認できるようなリアルタイム情報を、荷主に提供したいと考えています。こうした情報があれば、荷主はリアルタイムに的確な決定を下し、より先を見越したデータ主導型サプライチェーンを実現できるでしょう」

project44社の創業者であり、現在CEOを務めるジェット・マッキャンドレス(Jett McCandless)氏は次のように述べています。「当社は創業当初から、輸送およびロジスティクス業界向けに、サプライチェーンの意思決定の質や先見性の向上に不可欠な高度な可視化ソリューションをいち早く提供してきました。SAPとの共同ソリューションにより、世界的な大手企業の皆様は、輸送プロセスの各ステップにおいて注文品の厳密な位置をいつでも把握できるようになります」

SAPは、Uber Freightなどのデジタルフォワーダーとの提携を皮切りに、世界クラスのさまざまなイノベーション企業とパートナーシップを結ぶ「ネットワークのネットワーク」戦略を進めていますが、このたびのパートナーシップはその中でも重要な位置を占めます。可視性をグローバルに提供するproject44社は、この戦略の下で新たにパートナーとなり、そのプラットフォームがSAP Logistics Business Networkに統合されました。

project44プラットフォームは、世界中の運送業者をつなぐ広範なネットワークから高品質なデータを取り込み、クレンジングし、正規化します。SAP Logistics Business Networkでは、ロジスティクス取引の管理、重要なパートナーとの文書のやり取り、バリューチェーン全体の透明性の確保が可能です。そのSAP Logistics Business Networkにproject44のデータを統合することで、急速に拡大を続ける世界最大規模の運送業者ネットワークへのアクセスが可能になります。こうしたネットワークの活用により、荷物の状況をリアルタイムに可視化したり、契約から決済までのビジネスプロセスのコラボレーションを即座に実行したりすることができます。まずは、北米およびヨーロッパ地域の陸上輸送ネットワークを可視化できる機能を実装します。

SAPのお客様は、project44によって拡張されたSAP Logistics Business Networkを使用することにより、業務効率の向上、コストの削減、コンテナ延滞料金やペナルティの回避、在庫レベルの的確な管理、滞留時間の削減、輸送パフォーマンスの向上、カスタマーエクスペリエンスの改善が可能になります。

荷主や運送業者は、クレジットカードまたは請求書の決済によりSAP Logistics Business Networkの効果をSAP Storeでデジタルに評価できるほか、テスト環境でインフラストラクチャを構築することができます。また、荷主から運送業者に招待メッセージを送信し、自身のロジスティクスネットワークに無料で参加してもらうこともできます。

以上

 

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。