SAP.iO Foundry San Franciscoカスタマーエクスペリエンス コホートプログラムの締めくくりとなるDemo Day

(本リリースは、11月14日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)は、カスタマーエクスペリエンスソフトウェアがテーマのSan Francisco SAP.iOアクセラレーションプログラムの締めくくりとなる本日のDemo Dayで、早期段階の7社のB2Bスタートアップが次期段階の資金提供を求めて、多数のベンチャーキャピタリスト、業界リーダー、潜在的顧客にプレゼンテーションを行う予定であることを明らかにしました。

12週間にわたったこのプログラムでは、スタートアップ各社に精選した助言を提供し、SAPテクノロジーおよびAPIを公開するとともに、各社をSAPのお客様に紹介しました。プログラムの締めくくりとなる招待制のDemo Dayイベントでは、お客様、パートナー様、業界からのゲスト(Verizon Consumer Groupのエグゼクティブバイスプレジデント兼CEOであるローナン・ダン(Ronan Dunne)、The Last Mileのエグゼクティブディレクターであるベバリー・パレンティ(Beverly Parenti)、エンジェル投資家のダン・シャインマン(Dan Scheinman)、ほかがスタートアップ設立者と会うことになり、SAPおよびSAPのお客様とのコラボレーションについて話を聞きます。

SAP.iOのマネージングディレクターでSAPの企業戦略担当シニアバイスプレジデントであるラム・ジャンブナサン(Ram Jambunathan)は、次のように述べています。「この3カ月間に達成されたことについて、また、これらのスタートアップがSAPのお客様に優れた成果をもたらし、価値を高められるよう手助けできたことを非常に喜ばしく思っています」

コホートプログラムの対象となったスタートアップは次のとおりです。

  • Constructor.ioは、AIを搭載したコマース用の検索および検出ソリューションで、使用状況から学習してパーソナライズおよびコンバージョン率を高めます。Constructorは、ユーザーからの結果をオンサイトおよびオンラインでパーソナライズし、小売業者に関連するビジネス指標向けに最適化します。
  • Breinifyは、タイミング指向のAIプラットフォームで、個人の極めて動的な関心を予測して対応します。このテクノロジーは、従来の機械学習およびAI技法を複雑な時間アルゴリズムと組み合わせ、時間を問わず、個人によって異なるきめ細かでインテリジェントな意思決定を行います。
  • FINDMINEは、機械学習を使用して連携利用可能な製品コレクションを生成および表示することで、コマースの注文を増やします。FINDMINEにより、買い物客の「これはどのように使うのだろう?」という問いに答える製品がすべて表示されます。あらゆる製品とお客様、あらゆるチャネル(Eコマース、メール、店舗内、同僚やお客様のサポート)用として導入できます。
  • Wisyは、モバイルエクスペリエンスを通じて消費者のエンゲージメントを高めながら、ブランドや小売業者に関する独自の消費者インサイトや市場インサイトを収集するエンゲージメントプラットフォームです。
  • Idiomaticは、お客様との大量のやりとりをAIおよび機械学習で分析することで、製品およびサービスの主要な問題を特定します。Idiomaticにより、お客様からのフィードバックをもとに、VOC(顧客の声)プラットフォームを通じてインテリジェンスを引き出すことができます。このプラットフォームは、カスタマーサポートへの問い合わせ、Net Promoter Score調査の回答、アプリケーションレビューでの問題と傾向をすべて特定し、追跡します。
  • Askdataは、テキストによる質問をクエリに変換し、エンタープライズデータを検索して最適な答えを見つける自然言語エンジンです。ビジネスユーザーにテクニカルスキルがなくても、自然言語を使って便利かつ効率的にデータを検索できます。
  • SetSailは、機械学習と自然言語処理によってパイプラインを加速させ、週単位のセールスインセンティブシステムにおいて戦略的な優先事項を柔軟に推進します。お客様イベントやメールの感情を分析して実際の取引の進捗状況を客観的に測定して報奨するため、セールスリーダーは毎週担当者を報奨することができます。

以上

 

SAPについて
SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の 77% は何らかの SAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。
SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com)

Copyright c 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。