AppleとSAP、iPhone/iPadのモバイルワーク改革で協力

プレスリリース — 新しいiOSアプリと高機能のネイティブエンタープライズアプリを開発できるSDKを提供 (本リリースは、5月5日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) Walldorf — Apple®とSAPは、iPhone®/iPad®用の高機能ネイティブアプリとSAP HANA®プラットフォームの最先端機能を組み合わせることで、あらゆる規模の企業のモバイルワーカー向けに、そのエクスペリエンスを劇的に改善するパートナーシップの締結を発表しました。このパートナーシップに基づいて、開発者、パートナー、およびお客様が、各ビジネスニーズに合わせてカスタマイズしたネイティブのiOSアプリを簡単に作成できるように、新しいiOSソフトウェア開発キット(SDK)とトレーニング環境を提供します。 Apple社CEOのティム・クック(Tim Cook)は次のように述べています。「今回のパートナーシップで、iOSのイノベーションおよびセキュリティと、ビジネスソフトウェアにおけるSAPの深い専門知識が結合することで、企業におけるiPhoneとiPadの使い方は大きく変化するでしょう。SAPはエンタープライズソフトウェアのリーダーであり、ビジネス取引の76%がSAPのシステムを利用しています。iPhoneとiPadをいかに世界中のビジネスで活用するかを真剣に追求している弊社にとって、まさに理想的なパートナーです。今回提供される新しいSDKで、250万人を超えるSAP開発者は、SAP HANA Cloud Platformの力を余すところなく引き出し、かつiOSデバイスならではのきわめて魅力的な機能を活用する、強力なネイティブアプリを作成することができます」 SAP CEOのビル・マクダーモット(Bill McDermott)は次のように述べています。「新たな高みに達するため、Apple社とSAPがこの特別なパートナーシップで結んだことを誇りに思います。私たちは、俊敏で直感的な操作を実現することで、ビジネスパーソンの知識や情報収集能力、行動力を強化します。SAP HANA Cloud PlatformおよびSAP S/4HANAの強力な機能と、市場をリードしエンタープライズにとって最も安全なモバイルプラットフォームであるiOSとを組み合わせることで、モバイルワーカーにいつでもどこでもリアルタイムの情報を提供できるようになります。Apple社とSAPは協力して未来を築き、世界中でビジネスの効率を高め、人々の暮らしを改善していく助けになります」 両社は、iOS専用の新しいSAP HANA Cloud Platform SDKの提供を計画しています。このSDKを利用することで、企業、デザイナー、および開発者は、SAPのオープンPaaS(Platform as a...

続きを読む

2016年5月10 日 by SAP News 0

SAPジャパン、ウエアラブル端末利用を実現する拡張現実モバイルアプリケーションの新製品を提供開始

プレスリリース — Tokyo — SAPジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は、ウエアラブル端末の利用を実現するための拡張現実(AR)モバイルアプリケーションの新製品を本日から提供開始することを発表します。新製品は、倉庫などでのピッキング作業の効率化を図るための「SAP® AR Warehouse Picker(エスエーピー・エーアール・ウェアハウス・ピッカー)」と保守保全作業を支援する「SAP® AR Service Technician(エスエーピー・エーアール・サービス・テクニシャン)」となります。これらのARアプリケーションはハンズフリーの作業を可能にすることで、ユーザーエクスペリエンスと業務の両方をシンプル化し、改善することを目的としています。 SAPのARモバイルアプリケーションは、ユーザーが実行中の作業や使用している環境に集中できるよう、場所を問わずエンタープライズ情報にアクセスできる機能を提供します。また3Dモデルや音声認識、ジェスチャーコントロールなどの機能によって、ユーザーエクスペリエンスをシンプルにするだけではなく、さらに向上します。ARモバイルアプリケーションは、オフィスを離れて作業する人々やサービス担当者にデータへのリアルタイムのアクセスを可能にし、それによってさまざまな業種の企業や機関の効率を高めることを目的としています。 今回提供するSAP AR Warehouse Pickerは、倉庫作業者をターゲットにピッキング指示の受信や品物やロケーションのバーコードを読み取りピッキングの入力を行うための機能を提供し、ピッキングにかかる時間を最適化し、正確にします。また、保守・保全作業者向けのSAP AR Service Technicianは、3D CADデータによる作業手順の参照や、音声メモの記録などの機能を提供することで、リアルタイムで現場にいる作業員に指示を出し、問題を解決します。 それぞれのアプリケーションの詳細な機能は下記の通りです。 SAP AR Warehouse Picker: 倉庫で作業を行う際のスマートグラス経由のピッキング指示の受信、およびバーコードスキャンや音声認識を使った端末へのデータ入力を通じてハンズフリーの作業を実現...

続きを読む

2014年11月6 日 by SAP News 0

SAPジャパン、ソフトバンク コマース&サービスと新たにディストリビューション契約を締結

プレスリリース — アナリティクス、データベース、モビリティなどのプラットフォーム製品の販路を拡充 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、本日、ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下ソフトバンク コマース&サービス)と、ディストリビューション契約(新プログラムAuthorized Resellers Program)を締結しました。今後、ソフトバンク コマース&サービスは、「SAP® PartnerEdge® Authorized Resellers Program」の認定リセラーを通じて、SAPのプラットフォーム製品(アナリティクス、データベース、モビリティなど)などを販売します。 SAPは、2013年より、独立系ソフトウェア企業や中小規模企業への販路拡大を目的とした新たなグローバル・パートナー・プログラムとして、SAP PartnerEdge Authorized Resellers Programを開始しました。本パートナープログラムでは、ディストリビューターと呼ばれるパートナー企業が、SAPのプラットフォーム製品の販売や導入支援を行う認定リセラーの拡大と、その認定リセラーを通じたこれらの製品の販売促進を行います。このたび、SAPジャパンは、このディストリビューション契約を、日本国内の事業者として初めて、ソフトバンク コマース&サービスと締結しました。SAPジャパンでは、間接販売比率の拡大を目指し、今後もパートナー企業の拡充を図っていきます。 ソフトバンク コマース&サービスは、これまでもSAP®...

続きを読む

2014年6月18 日 by SAP News 0

NTTデータMSEとSAPジャパン、エンタープライズ向けモバイルアプリケーション提供で協業

プレスリリース — Tokyo — 株式会社NTTデータMSE(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:荒田 和之、以下NTTデータMSE)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、SAPのモバイルアプリケーション開発基盤であるSAP® Mobile Platformに関するOEMライセンスのグローバル契約を締結しました。これによって、NTTデータMSEは、お客様のビジネス要件に合ったモバイルアプリケーションをSAP Mobile Platform上で開発するサービス「BizMONOLIS TM (ビズモノリス)」を本日から提供開始します。 今回の協業において、NTTデータMSEは、SAP Mobile Platformを活用して、各種営業業務、配達・配送業務、保守・点検業務などの社外業務から、工場や倉庫内業務のような社内の非デスクワーク、そして経営層向けの意思決定サポートまで、多くの業務で幅広く利用できるエンタープライズ向けのモバイルアプリケーションの開発・運用サービスを行います。 NTTデータMSEは、同社が持つ屋内位置測位技術や音声・画像認識技術、近距離無線技術などのモバイル技術と、エンタープライズ向けモバイルアプリケーション開発基盤においてマーケットリーダーであるSAP社のSAP Mobile Platformを組み合わせることで、お客様の業務の高度化を支援します。 具体的な提案例は下記の通りです。 ■営業業務や配達・配送業務 訪問先や外出先などの社外で、スマートフォンやタブレットを使用して即座に自社システムへのアクセスや、商談結果などのリアルタイム処理が可能となり、社外業務を効率化できます。また、NTTデータMSEの屋内位置測位技術を組み合わせることで、社外業務だけでなく、社内における作業者の行動を収集・分析し、作業の効率化を図るシステムを提供します。 ■保守・点検業務 モバイルアプリケーションによってフィーチャーフォンやPDA等の専用端末をスマートフォンやタブレットに置き換えることが可能となり、従来業務のコストを軽減します。プッシュ通知やタッチ操作、カメラやGPS、各種センサーなどのスマートデバイス特有の機能を活用できるため、電子地図と顧客情報を活用した業務計画の最適化や、セキュアな環境での資料閲覧等、業務を効率化します。また、NTTデータMSEの音声・画像の認識技術や、Bluetooth・NFCなどの近距離無線技術を組み合わせることで、保守・点検業務中で両手がふさがっていても、ウェアラブルデバイスなどの周辺機器と連携させたシステムを提供します。 ■経営層向けの意思決定サポート スマートフォンやタブレットを使用することで、いつでもどこからでも自社システムへ即座にアクセスすることが可能となります。また自社内に蓄積された膨大なデータを瞬時に加工・分析するためのBIツールと連携することで、経営層の意思決定をスピードアップし業績拡大に貢献できます。さらに、NTTデータMSEが得意とするソーシャルメディアを活用したビッグデータ分析技術を組み合わせることで、より正確な意思決定に役立つシステムを提供します。 以上...

続きを読む

2014年6月13 日 by SAP News 0

← Older posts

SAP をフォロー

 
申し込む
 
 
申し込む