SAP、上方修正した2016年度の目標を達成、2020年度の目標を引き上げる

プレスリリース — WALLDORF — SAP SE(NYSE: SAP)は本日、2016年12月31日を決算日とする2016年度第4四半期および12カ月間の決算を発表しました。 注)本資料は、SAP SEが発行している 「SAP Q4 2016 Quarterly Statement」の抄訳です。オリジナルの資料はリンク先を参照ください。 •新規のクラウド受注は第4四半期に40%増加し、クラウドのバックログは年度末時点で47%増の54億ユーロを達成 •通年のクラウドサブスクリプションおよびサポート売上は、IFRSベースで31%増の29億9,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで31%増の30億1,000万ユーロを達成 •通年のクラウドおよびソフトウェア売上は、IFRSベースで7%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで8%増 •通年の営業利益は、IFRSベースで20%増の51億2,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで4%増の66億ユーロを達成 •通年の1株当たり利益は、IFRSベースで18%増の3.03ユーロ、Non-IFRSベースで3%増の3.89ユーロ •クラウドの目標額を2.6倍以上とし、2020年度に総売上で290億ユーロの達成を目指す SAP CEOビル・マクダーモット(Bill McDermott)は次のように述べています。「SAPは2016年度に傑出した業績を上げ、7年連続で利益を拡大しました。対応可能な市場を拡大し、業界最高水準の資産を獲得したほか、SAP S/4HANAによる新世代のERPを開発しました。ビジネスソフトウェア業界のリーダーとして、好調なソフトウェア販売、クラウドの急成長、営業利益の拡大という3つの優れた成果を引き続き達成しています。SAPのイノベーション戦略は、機械学習、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンの推進を目指しています。SAPは引き続き大きな成功を収めており、2020年度の目標を早期に達成できると確信しています」 SAP CFOルカ・ムチッチ(Luka Mucic)は次のように述べています。「SAPは計画どおりの成果を一貫して上げており、通年ですべての目標を上回りました。さらに、2016年度の営業キャッシュフローは27%増と好調です。新規のクラウド受注が第4四半期に40%増加したことは特筆すべき成果です。好調なバックログと強固なパイプラインのおかげで、2017年度も利益が拡大する見込みであり、自信を持って、2020年度目標を強気に引き上げることができます」 事業ハイライト 業績ハイライト...

続きを読む

2017年1月25 日 by SAP News 0

SAP、第3四半期の好調な業績により通年の見通しを引き上げ

プレスリリース — WALLDORF —  注)本資料は、SAP SEが発行している「SAP Q3 2016 Quarterly Statement」の抄訳です。オリジナルの資料はリンク先を参照ください。 ■クラウドおよびソフトウェア売上は、IFRSベースで8%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで9%増 ■クラウド売上は、IFRSベースで28%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで29%増 ■営業利益は、IFRSベースで9%減ながらもNon-IFRSの固定通貨換算ベースで1%増 ■営業キャッシュフローは、第3四半期に52%増加し、年初から現在までで12%増 ■SAP S/4HANA®が4,100以上のお客様に採用され、デジタル変革を牽引 SAP CEO ビル・マクダーモット(Bill McDermott)は次のように述べています。 「お客様の強固なSAPポートフォリオ導入に支えられ、予想を上回る業績を達成しています。SAP S/4HANAのイノベーションサイクルは弊社の歴史の中で最も早く、すべてのSAP Cloudソリューションのパフォーマンスを促進しています。SAPは成長を続けており、通年計画を確信をもって引き上げます」 SAP CFO ルカ・ムシッチ(Luka Mucic)は次のように述べています。...

続きを読む

2016年10月24 日 by SAP News 0

SAP 2016年第2四半期決算発表

プレスリリース — Walldorf — 注)本資料は、SAP SEが発行している「SAP Q2 2016 Quarterly Statement」の抄訳です。 ■クラウドおよびソフトウェア売上は、IFRSベースで7%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで11%増 ■クラウド売上は、IFRSベースで30%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで33%増 ■営業利益は急成長領域への投資で、IFRSベースで81%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで11%増 ■SAP S/4HANA が3,700以上のお客様に採用され、デジタル変革を牽引 ■通年の見通しに変更がないことを確信 SAP CEO ビル・マクダーモット(Bill McDermott)は次のように述べています。「SAPの画期的な新しいアーキテクチャーは、クラウド、コアシステム、およびビジネスネットワークなど、すべての事業にわたって勢いを加速しています。その結果、SAPはソフトウェア事業、クラウド事業、営業利益の3つの領域で2桁成長をとげるという目覚ましい結果を成し遂げました。SAP S/4HANAのパイプラインは、かつてないほど堅調に伸びており、通年の計画額達成を確信しています」 SAP CFO ルカ・ムシッチ(Luka Mucic)は次のように述べています。「私たちは有言実行のとおり力強い第2四半期の業績を達成しました。SAPがすべてのビジネスディメンションにわたって傑出した成功をおさめ、前進していることを誇りに思います。イノベーションをリードするお客様とSAP自身のビジネス変革の成功によって、売上も収益も伸長し、競合他社を大きく凌ぎました」 事業ハイライト...

続きを読む

2016年7月21 日 by SAP News 0

SAPジャパンとビースタイルが「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」を発表

プレスリリース — 出産・育児・介護などで離職したキャリア女性の再就職支援 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)と株式会社ビースタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:増村 一郎、代表取締役社長CDO:三原 邦彦)は本日、家庭の事情などによる離職を経て、再就職を希望する専門スキルをお持ちの女性の復職を支援する活動を、「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」として、その活動の開始を発表しました。 今年4月施行の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)」は、女性が職業生活において希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。日本では、女性の非労働人口のうち303万人が就業を希望するなか、その72.6%が非正規従業を希望しています*。 そこで、「SAPジャパン Back-to-Work with ビースタイル」は、女性のニーズに応えるプロジェクトベースでの就業体制を整えました。本日から、出産、育児、介護などでキャリアを中断した、再就職希望の専門スキルを持つ女性を対象とする6ポジションの募集を開始します。プロジェクトの遂行を支援するサポート体制のもと、職場や勤務地について柔軟に対応します。ビースタイルが応募、採用、採用者サポートを行い、SAPジャパンでの就業を支援します。 SAP ジャパンの代表取締役社長の福田 譲は、次のように述べています。「ダイバーシティ&インクルージョンを推進するSAPジャパンは、女性のための柔軟な就業支援のノウハウを持つビースタイルとともに、スキルと経験をお持ちの女性の再就業を強力にサポートします。新たに加わる皆さんと仕事をともにできるのを楽しみにしています」 ビースタイルの代表取締役社長CDO、三原邦彦は、次のように述べています。「先進的なダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを展開するSAPとともに、女性の新たなキャリア構築を促進できることを嬉しく思います。今回の取り組みを通じて、ライフイベントの変化に向き合いながら、家庭とキャリアの両立に挑戦する女性をサポートします」 SAPジャパンは、多様なバックグラウンドをもつ人々にとって魅力的で、働き続けたいと思う職場を提供し、ダイバーシティ&インクルージョンによるイノベーションを推進します。 今回募集する6ポジションの概要は以下のとおりです。 ●職務内容/採用部署 1. 海外からの新製品情報の収集・共有および営業支援キットの整備 (ソリューション統括本部)...

続きを読む

2016年7月14 日 by SAP News 0

← Older posts

SAP をフォロー

 
申し込む
 
 
申し込む