SAP BusinessObjects

SAP、最新のアナリティクスを提供

WALLDORF — (本リリースは、11月8日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) 業界をリードするSAPのアナリティクス・ソリューション・ポートフォリオの新機能を発表デジタル時代におけるビジネスの理解、計画策定、シンプル化を促進 SAP SE(NYSE: SAP)は、SAP® BusinessObjects™ Analyticsのクラウド版とオンプレミス版で、新しい取り組みや機能の提供が開始されることを発表しました。機械学習などを含む最新機能により、ユーザーはデータを新たな方法で活用して、ビジネスをより深く理解し、新しいビジネス機会を特定し、関係者に価値を提供することができます。さらに、SAP Digital BoardroomとMicrosoft Surface Hubを使って企業がデータによる対話を実現できるようにする予定です。 SAPのアナリティクス担当プレジデントのマラ・アナンド(Mala Anand)は次のように述べています。「アナリティクスは、まさにデジタル世界における原動力となっています。SAPはアナリティクスソリューションを強化することで、お客様のクラウドへの移行を加速するお手伝いをしています。SAP BusinessObjects Analyticsポートフォリオは、最も包括的なクラウドとオンプレミスのソリューションを提供しており、IT部門とビジネスユーザーが連携して、安全なセルフサービス方式のデータ分析を行うことができます」 SAP BusinessObjects Analyticsポートフォリオのクラウドイノベーション クラウド向けに構築されたオールインワンのアプリケーションである SAP BusinessObjects Cloudは、発見、視覚化、計画、予測が1つにまとまった統合環境をビジネスユーザーに提供します。現在、34カ国でSAPStore.comから簡単な支払処理を通じてクレジットカードで購入できるようになりました。新しく拡張された機能には、埋め込まれた機械学習を利用できるデータラングリング機能があり、データプロファイリング、エラー検出、推奨される視覚表現の提案を実現します。SAP S/4HANA®へのライブ接続は、近日中にSAP Business…

Read more

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズが三菱商事の新基幹システムを構築、情報系にはSAP HANA®とSAP® BusinessObjects™を採用し、サービス開始

Tokyo — 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社(社長:アムル ラクシュミナラヤナン、本社:東京都港区、以下日本TCS)は、三菱商事株式会社(社長:小林 健、本社:東京都千代田区、以下三菱商事)の連結経営を支える新基幹システム(MINTS:MC Integrated Information System)を構築。複数のシステムから構成されるMINTS の全社規模の情報検索・分析を行う単体経営情報システム(MINTS-BI:Business Intelligence)には、SAPジャパン株式会社(社長:福田 譲、本社;東京都千代田区、以下SAPジャパン)のSAP HANA®およびSAP® BusinessObjects™を採用して構築し、約2,000名のSAP HANAユーザー数となる情報分析システムを実現しました。 MINTS構築の目的は、三菱商事のビジネスの現場や実質的な事業推進母体が子会社・関連会社にシフトしていく中、内部統制・コンプライアンスのさらなる強化、国際会計基準への対応など、内外のビジネス環境変化に対応すべく、「新たな連結経営を支えるに相応するITシステムの構築」をコンセプトに連結経営基幹システムとして整備することでした。その第一段階として、連結経営基幹システムの中心となる、営業取引・会計機能を備えた三菱商事単体の新基幹システム(MINTS)を構築しました。 MINTS-BIプロジェクトでは、営業取引・会計システムおよび既存の営業グループ固有システムなどから発生する大量の生データをそのまま収集し、ユーザー自身が多様なデータの抽出と分析を行うというニーズに、柔軟に対応可能な製品としSAP BusinessObjectsの採用を決定。また、SAP BusinessObjectsから発行される多種多様なデータ抽出要求に対して、待機時間を発生させない、ハイパフォーマンスなデータ処理プラットフォームが必要となるため、三菱商事は複数のデータ処理プラットフォームを評価検証し、インメモリーコンピューティング基盤であるSAP HANAを導入。その際、プロジェクトを全面支援した日本TCSはSAPジャパンと共同でパフォーマンス向上と大規模実運用に耐え得る安定度の向上に取り組みました。その結果、大規模ユーザーによる大量データの同時アクセスがストレスのないレスポンス(従来比 最大360倍のパフォーマンス)で可能なシステムを実現することができました。 日本TCSは、今後もインド最大のIT企業であるタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)の一員として、SAPをはじめとするエンタープライズソリューションにおける幅広い知見とグローバル規模でのサービス提供力を最大限に活用し、お客さまのビジネスをIT面から支えていきます。 以上 【SAPジャパンについて】 SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国261,000社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(www.sap.com/japan)…

Read more

SAPジャパン、データ・ディスカバリー・ソフトウェアSAP® Lumiraの最新版を提供開始

データ分析・活用をアジャイルに、シンプルに Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、データ・ディスカバリー・ソフトウェア「SAP® Lumira(エスエーピールミーラ)」の最新版を本日より提供開始します。最新版のSAP Lumiraは、企業におけるデータ分析・活用をよりシンプルにします。 SAP Lumiraは、データを可視化し、直感的なデータ分析を可能にするソリューションです。シンプルなユーザーインターフェース(UI)のアプリケーションで、専門的なITの知識がなくてもデータのビジュアル化が簡単に行え、現場のユーザー自身によるセルフサービスのデータ活用を促進します。ユーザーのローカル環境に保存されたExcelファイルやCSVなどのテキストファイル、また、SAP HANA®をはじめ主要なデータベースに対応しており、これらのデータソースから読み込んだデータを加工しながら、グラフやインフォグラフィックをドラッグ&ドロップの簡単な操作で作成できます。 従来のデータ・ディスカバリー・ソフトウェアはIT部門の統制が及ばない、バリデーションされていないデータが増殖することが課題でした。最新版のSAP Lumiraでは、SAP® BusinessObjects™が長年培ってきたBIプラットフォームとの連携をサポートし、扱うデータをSAP BusinessObjectsのプラットフォーム上で統制・管理することができます。これにより、企業全体でデータの統制を保ちながら、ビジネスユーザーが簡単にデータを活用できます。また、予測分析ソフトウェアのSAP® InfiniteInsight®との連携もサポートし、SAP Lumiraから予測分析を実行することが可能となります。さらに、分析しビジュアル化したデータをもとに、ストーリーボードと呼ばれるプレゼンテーション用の資料も簡単に作成することができます。 SAP Lumiraでビジュアル化したデータやストーリーボードなどは、クラウド(SAP Lumira Cloud)上またはサーバー(SAP Lumira Server)上で簡単に共有可能で、ブラウザー上からビジュアル化したデータを呼び出すことができます。これらのデータはHTML5で表示されるため、モバイル端末のブラウザからも確認できます。なお、SAP Lumiraは、Excelファイルとテキストファイルのみをデータソースとし、ローカル環境だけで利用する場合は、無料でダウンロードし、利用することができます。(http://www.saplumira.com)また、SAP Lumira Cloudは1GBまでの容量であれば無料でアカウントを開設し、利用することができます。…

Read more

SAPジャパン、ソフトバンク コマース&サービスと新たにディストリビューション契約を締結

アナリティクス、データベース、モビリティなどのプラットフォーム製品の販路を拡充 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、本日、ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下ソフトバンク コマース&サービス)と、ディストリビューション契約(新プログラムAuthorized Resellers Program)を締結しました。今後、ソフトバンク コマース&サービスは、「SAP® PartnerEdge® Authorized Resellers Program」の認定リセラーを通じて、SAPのプラットフォーム製品(アナリティクス、データベース、モビリティなど)などを販売します。 SAPは、2013年より、独立系ソフトウェア企業や中小規模企業への販路拡大を目的とした新たなグローバル・パートナー・プログラムとして、SAP PartnerEdge Authorized Resellers Programを開始しました。本パートナープログラムでは、ディストリビューターと呼ばれるパートナー企業が、SAPのプラットフォーム製品の販売や導入支援を行う認定リセラーの拡大と、その認定リセラーを通じたこれらの製品の販売促進を行います。このたび、SAPジャパンは、このディストリビューション契約を、日本国内の事業者として初めて、ソフトバンク コマース&サービスと締結しました。SAPジャパンでは、間接販売比率の拡大を目指し、今後もパートナー企業の拡充を図っていきます。 ソフトバンク コマース&サービスは、これまでもSAP®…

Read more

IIJとSAPジャパン、中堅中小向けクラウドソリューションで協業

SAPクラウドソリューションの開発・検証環境をSIerに提供することで、お客様が低価格かつ迅速にサービスを導入できる支援体制を構築 Tokyo — 株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下 IIJ)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下 SAPジャパン)は、クラウド事業における戦略的協業体制を構築することを本日発表します。 今回の協業において、IIJはSAPソフトウェア製品を組み込んだクラウド環境および基盤ソリューションをシステムインテグレーター(以下、SIer)企業に提供します。これにより、クラウド上でのSAP業務アプリケーションの構築やオンプレミスからの円滑な移行を支援し、中堅中小企業のお客様は低価格かつ迅速にSAPソリューション(※1)を利用できます。 中堅中小企業では、会計・生産・購買などの基幹業務システムをクラウド環境へ移行し、運用コストを削減したいというお客様が増えています。このような市場ニーズに応えるために、国内パブリッククラウド市場でナンバーワンシェア(※2)の実績をもつIIJと、多岐にわたる製品ポートフォリオを提供するSAPジャパンは、SIerパートナー支援を通じて、お客様へのシステム構築から導入サポート、導入後のプラットフォーム提供に関わるシームレスかつ広範囲にわたる戦略的協業関係を構築します。 主な協業の内容は以下の通りです。 1. IIJは、自社のクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス(※3)」上に、大量データを高速分析するSAPのインメモリープラットフォーム「SAP HANA®」に加え、SAP® ERP、SAP® CRM、SAP® SCM、SAP® PLMやSAP® BusinessObjects™ BIソリューション、モバイルソリューションなど、幅広いSAPのビジネスアプリケーションを搭載したクラウド型ソリューション及びテンプレートの開発環境を2014年3月よりSIerへ提供致します。併せて、SIerがクラウド環境での開発に移行するための技術支援を行います。 2. IIJは、IIJ GIOサービス上にSIerが開発したSAP HANAやSAPのビジネスアプリケーションを搭載したクラウド型ソリューションを、SIerと共同でエンドユーザー向けに提供します。…

Read more

SAPジャパンとブレインパッド、KXEN社買収後のビッグデータアナリティクス分野で協業

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)と、株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)は、SAP社によるKXEN社買収に伴い、ビッグデータアナリティクス分野において協業していくことを発表しました。 昨今、ネットサービスの普及などにより、企業内に蓄積が可能なデータの種類と量が急激に増大しており、これらの膨大なデータ(ビッグデータ)を活用するニーズも高まっております。ビッグデータ活用の鍵を握る予測分析ソフトウェアの市場は現在世界で20億ドルの規模を持ち、2017年には30億ドルに達すると予想されています*。総務省の「情報通信白書」によるとビッグデータ活用による7兆7700億円の経済効果も見込まれており、国内の予測分析ソフトウェアの需要も更に高まることが予想されます。 SAP社は、本年10月、データマイニングのリーダーであるKXEN社の買収を完了しました。KXENの技術はモデル構築と分析作業を自動化することで、データサイエンティストだけでなく業務部門の一般のユーザーによるビッグデータアナリティクスを可能にします。 ブレインパッドは、国内においてKXENソリューションの販売がスタートした2006年当初より代理店契約を締結し、国内での販売実績および導入企業数シェアは第一位となります(2013年11月現在)。さらに、KXENソリューションのローカライズ・販売・導入サポートならびに、KXENソリューションの利用にあたってのコンサルティングや導入企業へのトレーニングを行うなど、豊富な実績を有しています。 本買収後も、SAPジャパンとブレインパッドは、KXENソリューションの既存顧客に対するサポートを継続して行っていくとともに、SAPの持つ予測分析ソフトウェア・ソリューションと、ブレインパッドが持つデータ分析における高度なノウハウを組み合わせることで、SAP® ERP、SAP HANA®、SAP® BusinessObjects™等の顧客企業に共同でマーケティング・販売活動を行います。 両社はこの協業を通じて、日本企業のデータサイエンスの裾野を広げ、そのレベルを高めることで日本企業の更なる成長に貢献してまいります。 以上 *IDC, “Worldwide Business Analytics Software 2012-2016 Forecast and 2011Vendor Shares,” Jun…

Read more

SAPジャパン、中堅中小市場向けBIソリューションの新版SAP® Crystal Solutions 2013を提供開始

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、中堅中小市場向けのBIソリューションの新版、SAP® Crystal Solutions 2013(エスエーピー・クリスタル・ソリューションズ・ニセンジュウサン)を本日より提供開始することを発表しました。 SAP Crystal Solutions は、中堅・中小企業や部門レベルでの使用に適したエントリーレベルの BI ソリューションで、誰もが直感的なセルフサービス方式で情報にアクセスし、レポート / 帳票 、ダッシュボード、データ検索・閲覧を行える環境を整備できます。 すべてのビジネスユーザーは、SAP Crystal Solutionsを通じて十分な情報を得た上で意思決定を行い、得られた洞察を安全に共有する情報活用力をもたらします。また、システムの監視、監査、ライフサイクル管理に関連した各種機能と柔軟なライセンス方式により、TCO の削減というメリットも得られます。 SAP Crystal Solutions 2013の各モジュールには、SAP® Crystal…

Read more

包装資材のトップメーカー福助工業がSAP 製品の全社導入を決定

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、包装資材の国内トップメーカーである福助工業株式会社(本社:愛媛県四国中央市、代表取締役社長:井上 治郎、以下福助工業)が、SAP® ERPをはじめインメモリープラットフォームのSAP HANA®、ビジネスデータの分析を行うSAP® BusinessObjects™ソリューションなどSAP製品を全社的に導入することを決定したと発表しました。 福助工業は創業100年余の包装資材のトップメーカーで、ポリエチレン製品をはじめ紙製品、ラミネート製品、食品容器、不織布、これらを有機的に結合した複合事業を展開している、世界でも稀な総合パッケージメーカーです。全国11営業拠点によるきめ細やかな販売体制と、国内16工場・海外4工場の強力な生産体制を持ち、様々な素材や技術を結集した多彩な機能・確かな品質を追求したモノづくりに積極的に取り組んでいる企業です。 福助工業では、業務領域の拡大や製造工場の新展開等、状況の変化・要求に応じて社内システムの対応を行ってきましたが、さらなる事業の拡大・発展を支える情報基盤を築くため、2014年にホストコンピューターをはじめとする全社システムの刷新を決断いたしました。アプリケーションには、外部環境の変化や、社内の要望に対して、迅速に対応できる柔軟性・拡張性があり、将来の長期間に渡り安定した情報基盤を実現できる、SAPアプリケーションを選択しました。海外展開に備えた、多言語・多通貨・他制度への対応済みであり、展開が容易である点、世界実績によるベストプラクティスを雛形として業務改革を推進できる点などが評価されました。 福助工業は今後、SAP ERPをグループ統一基盤として情報の一元管理を実現します。また、これまで現行の分析システム上に過去10年に渡り大量に蓄積されてきた営業分析データをSAP HANAに移行し、SAP BusinessObjectsソリューションと連携させます。これにより、基幹システムに蓄積されたデータと共に、大幅にスピードを上げて正確なデータ分析、経営戦略立案に役立つ情報提供を行える基盤として活用します。システムの導入および構築は、SAP製品の導入に実績のある株式会社アイ・ピー・エスが担当します。 福助工業では、システムの刷新によって、グループ全体での統合パッケージ利用共通化による可用性・信頼性の向上とトータル運用コストの削減、経営状況の早期把握による素早い経営判断、コストの見える化による収益性向上を目指します。 2014年にまず本社工場の生産管理を含む基幹システムと会計・給与・人材管理システム、そしてその後SAP HANAおよびSAP BusinessObjectsソリューションの本番稼働、2015年には本社工場以外の国内工場へ展開し、その後、海外工場への展開を予定しています。 以上

Read more

【参考資料】フォレスターリサーチがSAPをAdvanced Data Visualizationのリーダーと評価

(本リリースは、7月31日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、米国の調査会社であるフォレスターリサーチがSAPを同社の7月の報告書「The Forrester Wave™: Advanced Data Visualization Platforms, Q3 2012」の中でリーダーと位置付けたことを発表しました。フォレスターは、SAPの持つ先進的なデータ可視化(ADV)ビジネスインテリジェンスの幅広さがリーダーシップのポジションを確実にした、と述べています。 報告書によると、「SAP® BusinessObjects™は、優れたビッグデータのADVを提供しています。インメモリーは、考えるスピードで答えが求められている今日においてADVゲームとも言われています。ところが、多くの他のインメモリーDBMSエンジンが、一度に数百GB以上の分析の限界を超えられないでいます。この限界に対処するのが、トップレベルの探索やデータディスカバリー機能を備え、SAP HANA®インメモリーアプライアンス上で動くSAP BusinessObjects ExplorerとVisusal Analyticsとの組み合わせで、他社製品を大きく引き離しています。」(注1) SAP BusinessObjects Explorer®とSAP HANA®を連携して利用することで、データサイズにかかわらず、ユーザーは考えるスピードで「ビッグデータ」を利用できるようになります。SAPは、社員や業務部門が情報をビジュアル化し分析して個人やグループの意思決定に活用するためのソフトウェアであるSAP® Visual Intelligence(注2)を最近発表し、ADV機能を強化し続けています。これらのソリューションによって、IT部門が構築しメンテナンスしてきた既存のデータを活用すると同時に、専門的な技術力がなくても各自がデータディスカバリーを行うことができる真のセルフサービスBIを実現します。また、SAP…

Read more

SAPジャパン、最新版のSAP® BusinessObjects™ Business Intelligenceを提供開始

SAP HANA®やモバイル、ソーシャルネットワークサービスとの連携によって、ビジネスシーンでの活用領域とスピードを大幅に向上させ、ビッグデータ時代のビジネス情報活用をより迅速かつ身近に Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、ビジネスインテリジェンスソリューションの最新版であるSAP® BusinessObjects™ Business Intelligence 4.0 Feature Pack 3(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ・ビジネス・インテリジェンス4.0フィーチャー・パック3)(以下、SAP BusinessObjects BI 4.0 FP3)を本日より提供開始します。 クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルネットワーキングサービスの普及により、企業のワークスタイルは、急速に変化を遂げています。同時に、企業内外に存在する様々なデータから価値ある情報を迅速に見出だし、ビジネスに活用していくことがこれまで以上に求められています。最新版のSAP BusinessObjects BI 4.0 FP3はそうしたビジネス課題に対応すべく、セルフサービス型のデータ探索やレポーティング機能の強化、あらゆる端末からのBIコンテンツへのアクセス、そして企業向けSNSとの連携によるBIコンテンツをベースにしたコラボレーションによる意思決定プロセスの促進を実現します。 SAP BusinessObjects BI…

Read more

← Older posts

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む