ZMP・SAPジャパン・凸版印刷、物流支援ロボット「CarriRo」を活用した IoTによる業務効率化ソリューションの提供を共同で推進

プレスリリース — 企業の基幹業務システムと連携させ在庫管理や工程管理などのソリューションを提供 Tokyo — 株式会社ZMP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒、以下 ZMP)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田譲、以下 SAPジャパン)、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)の3社は本日、物流支援ロボットおよびIoT(Internet of Things)技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進していくことで合意しました。 インダストリー4.0やIoT、ロボティクスへの注目が高まる現在、物流業界などにおいて、ICタグやセンサーなどICT技術 を用いた生産・供給活動の自動化・最適化 への動きが加速しています。 3社による連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」に、凸版印刷のRFIDシステムを搭載し、更にはSAPの基幹業務システムと連携させることで、在庫管理・工程管理における業務を効率化するソリューションの提供を推進いたします。具体的には、追従機能などが可能な台車型ロボット「CarriRo」にRFID読取装置を搭載し、さまざまなセンサーを通じて取得するデータを、基幹業務システムのSAP® ERPおよびインメモリープラットフォームのSAP HANA®とリアルタイムに連携させることにより、複数の在庫やアイテムの入出荷・検品作業を一括で即座に行えるだけでなく、検品ミス・誤配、省人化・省力化・労働力不足などの課題解決に貢献します。 ■ 提供するソリューション例 ・一括ピッキング 作業者は後ろから追従するCarriRoの荷台かごにアイテムを入れるだけで、一括で検品まで終了することが可能になります。これによりピッキング業務の効率化、検品ミス・誤配のリスクの低減に貢献します。 ・作業員誘導 CarriRoが受注伝票の情報を読み取り、そのアイテムの場所まで作業員を誘導します。これにより物流の現場で課題となっているアイテムを探す時間と労力の低減に貢献します。 ・無人在庫棚卸 CarriRoが自動で倉庫や物流センターの中を移動しながら人手を掛けずに在庫棚卸しを行うことが可能になります。これにより在庫棚卸業務の省人化・省力化に貢献します。 ・現場の見える化 CarriRoの様々なセンサーを通じて得られる作業者の移動距離、経路、稼働時間等のデータと在庫・ロケーション情報を組み合わせ、リアルタイムに分析することにより現場の業務効率改善やレイアウト変更のために必要な情報を得ることが可能になります。...

続きを読む

2016年4月20 日 by SAP News 0

SAPジャパン、コネクテッドカービジネスの実現を推進するデジタル・ビジネス・プラットフォーム「SAP® Vehicle Insights」と「SAP® Vehicles Network」を発表

プレスリリース — SAP Vehicle Insights活用の第一弾として、バスの危険運転検知システムを開発 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、クラウド型の車両分析アプリケーション「SAP® Vehicle Insights(エスエーピー・ビークル・インサイト)」を日本市場において限定的に提供開始することを発表しました。また、コネクテッドカービジネスを展開する企業向けのマーケットプレイス「SAP® Vehicles Network(エスエーピー・ビークル・ネットワーク)」についても、日本国内での実証実験を進めることを発表しました。 2020年にはコネクテッドカーが1億5千万台に達し、コネクテッドカー関連の市場規模は、現在のOEM関連ビジネス売上を凌ぐ規模になるとの予測もあります。SAP Vehicle InsightsとSAP Vehicles Networkは、自動車関連サービスを提供するあらゆる企業が利用できるデジタルビジネス実現のためのプラットフォームで、ともにSAPの提供するPaaS(Platform as a Service)であるIoTのための「SAP HANA® Cloud Platform」上に構築されています。 ■ SAP Vehicle...

続きを読む

2016年3月23 日 by SAP News 0

三菱ふそう、SAP HANA® Cloud Platformを導入し、トラック運用コストの比較シミュレーションのアプリケーションを約3週間で構築

プレスリリース — クニエ・SAPジャパンの支援により開発期間を1/6に、初期費用を1/3に低減実現 Tokyo — NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木 真也、以下クニエ)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、このたび、三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下MFTBC)が、業界唯一のインメモリー・クラウド・プラットフォーム「SAP HANA® Cloud Platform」を導入し、トラック運用コストの比較シミュレーションアプリケーション「ライフサイクルコストシミュレーター」を、約3週間で構築したことを発表します。 現在、MFTBCの顧客となる運送業界では、原油高や円安などの要因により燃料費が高騰し、各社の経営は厳しい状況に置かれています。このような状況の中、利益を確保するためには、迅速かつ正確な原価計算を行っていく必要があります。MFTBCでは、このような状況を受け、顧客サービス強化の取り組みの一環として、「ライフサイクルコストシミュレーター」を構築しました。また、MFTBCでは、IT主導による新たなサービスの構築も視野にいれていました。 「ライフサイクルコストシミュレーター」では、現行の運用車輌、年間走行距離、所有台数などの必要項目を入力することで、トラックの燃費や整備コストといった運用費用を試算し、MFTBC社製車輌を導入した場合の運用費用と、瞬時にシミュレーション比較することができます。今回、超高速で計算処理可能なプラットフォームであるSAP HANA Cloud Platformを採用したことで、ユーザーにストレスを感じさせないスピードを実現しています。「ライフサイクルコストシミュレーター」には、公式ホームページ内から誰でもアクセスでき、PC端末およびタブレット端末から利用することができます。また、今後は、スマートフォン対応やさらなる機能拡充も予定しています。 本構築にあたり、グローバルに於けるクラウド・モバイルイニシアティブであり、洗練され先進的なITビジネスを推進しているコンサルティング会社であるクニエが、構想策定、ディレクション、SAP HANA Cloud Platformの開発を担当しました。 MFTBCでは、当初、本アプリケーションをオンプレミス(自社環境での構築)で構築することを検討していました。しかし、オンプレミスでは、今回の第一弾サービスの提供開始までに半年以上を要する見込みだったこと、第一弾以降も機能拡張を予定していることなどから、スピードと柔軟性に優れたSAP HANA Cloud Platformでの構築を決定しました。特にSAP HANA Cloud Platformが、アプリケーション開発に必要なアプリケーションサービスを多数備えていたことなども決め手になりました。結果的に、開発期間は6分の1以下に、初期費用も3分の1以下に抑えることができました。また、SAP...

続きを読む

2015年10月26 日 by SAP News 0

SAP、クラウドベースのモバイル・自動車向けサービスを加速するSAP® Vehicles NetworkをSamsung Payおよび主要パートナーと提供開始

プレスリリース — モバイル決済ソリューションとしては初めてSAPと提携するSamsung Payが、モバイル決済の利用範囲を将来給油スタンドまで拡大 (本リリースは、10月20日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP SE(NYSE:SAP)は、新しいクラウドソリューションサービスSAP® Vehicles Networkの提供を開始することを発表しました。このサービスにより、企業は安全で利便性の高いエンドツーエンドのモバイル・自動車向けサービスを、デバイスや車両の種類を問わず提供できるようになります。北米地域のドライバーは、モバイルウォレットやモバイルアプリを利用して、給油操作の開始、給油代金の支払や、駐車場の予約、駐車場施設のゲートの開閉、路上駐車料金の支払いなどを車内からネットワーク経由で行えます。 SAP SEエグゼクティブ・ボードメンバーでプロダクト&イノベーション担当のバーンド・ロイケ(Bernd Leukert)は、次のように述べています。「SAPは、顧客とパートナーにSAP HANA Cloud Platformというオープンプラットフォームを提供します。シームレスでデジタルな技術を提供することで、デジタルビジネスを可能にします。Samsung PayがSAP HANA Cloud Platformを基盤とするVehicles Networkを活用することを嬉しく思います。これによりSamsungはデジタルエコノミーのモビリティーサービス市場を加速します。現代のデジタル技術に対して、世界は前向きです。SAPはこうした変化に向けて協力して取り組みます」 IoTに対応したSAP HANA Cloud Platformを基盤とするSAP Vehicles...

続きを読む

2015年10月22 日 by SAP News 0

← Older posts

SAP をフォロー

 
申し込む
 
 
申し込む