SAP BusinessObjects Business Intelligence

ノエビアホールディングスが、SAPのビジネスインテリジェンスをクラウド環境に短期間で導入

~ TISの支援で、データ量の増加にも柔軟に対応した高度な分析環境を実現 ~ Tokyo — SAPジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)とTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、化粧品から医薬・食品まで幅広いグループ事業を展開する株式会社ノエビアホールディングス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:大倉 俊、以下ノエビアホールディングス)が、「SAP® BusinessObjects™ Business Intelligence」を短期間かつ低コストでクラウド上に導入したことを発表します。 ノエビアホールディングスでは、化粧品事業を展開する株式会社ノエビア(以下 ノエビア)の営業部門が、販売代理店の売上分析を目的にBI(Business Intelligence)ツールを導入し、その後、経営企画/商品企画/マーケティングなどの業務部門が資料作成やマーケティング分析に利用していました。しかし、この旧BIツールでは、データの増大に対してインフラリソースを柔軟に増やすことができないため、レスポンスの低下が発生していました。また、業務部門からのデータ抽出の要望に容易に対応できない点も課題でした。 同社では、この課題を解決する新たなBIツールの導入を検討し、複数の製品を比較した結果、「強力な自由検索機能」と「マルチデータソースへの対応」が決め手となり、SAP BusinessObjects Business Intelligence(BI)を採用しました。さらに、インフラ基盤には、必要に応じてリソースを増減できる柔軟性と、初期コストがかからない点を評価し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を採用しました。 SAP BusinessObjects BIの導入は、システム環境の構築、データの追加、ユーザー教育のすべてをわずか2ヵ月間で完了し、本格的に活用を開始しています。この短期導入には、AWS上に本番環境を構築したことでインフラ基盤の構築が短期間で実現したことも大きく寄与しています。データを追加していく段階で想定以上にディスク容量が膨らんだ際も、わずか30分足らずで対応できるという、従来のBIツールでは考えられない柔軟な拡張性を実現しました。 TISは、ノエビアが同システムを構築する各フェーズにおいて、技術支援および教育支援を行い、ユーザー自身によるBIの高度な活用の実現と、2カ月での本稼動という短期間でのシステム導入の支援を行いました。 現在、ノエビアでは、新BIツールを利用して、経営企画、商品企画、販売企画部門において分析や営業資料/経営資料などの作成を行っています。分析軸は、最も利用頻度の高い販売代理店別の日別実績と月別実績、明細の出力を実現しています。また、ユーザー自身で自由にデータを検索、抽出して分析できるようになったため、情報システム部門の負荷が大きく軽減されました。SAPジャパンとTISでは、今後リクエストに応じた新たな分析軸などを提供していく予定です。 以上…

Read more

SAPジャパン、中堅中小市場向けBIソリューションの新版SAP® Crystal Solutions 2013を提供開始

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、中堅中小市場向けのBIソリューションの新版、SAP® Crystal Solutions 2013(エスエーピー・クリスタル・ソリューションズ・ニセンジュウサン)を本日より提供開始することを発表しました。 SAP Crystal Solutions は、中堅・中小企業や部門レベルでの使用に適したエントリーレベルの BI ソリューションで、誰もが直感的なセルフサービス方式で情報にアクセスし、レポート / 帳票 、ダッシュボード、データ検索・閲覧を行える環境を整備できます。 すべてのビジネスユーザーは、SAP Crystal Solutionsを通じて十分な情報を得た上で意思決定を行い、得られた洞察を安全に共有する情報活用力をもたらします。また、システムの監視、監査、ライフサイクル管理に関連した各種機能と柔軟なライセンス方式により、TCO の削減というメリットも得られます。 SAP Crystal Solutions 2013の各モジュールには、SAP® Crystal…

Read more

SAPジャパン、最新版のSAP® BusinessObjects™ Business Intelligenceを提供開始

SAP HANA®やモバイル、ソーシャルネットワークサービスとの連携によって、ビジネスシーンでの活用領域とスピードを大幅に向上させ、ビッグデータ時代のビジネス情報活用をより迅速かつ身近に Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、ビジネスインテリジェンスソリューションの最新版であるSAP® BusinessObjects™ Business Intelligence 4.0 Feature Pack 3(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ・ビジネス・インテリジェンス4.0フィーチャー・パック3)(以下、SAP BusinessObjects BI 4.0 FP3)を本日より提供開始します。 クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルネットワーキングサービスの普及により、企業のワークスタイルは、急速に変化を遂げています。同時に、企業内外に存在する様々なデータから価値ある情報を迅速に見出だし、ビジネスに活用していくことがこれまで以上に求められています。最新版のSAP BusinessObjects BI 4.0 FP3はそうしたビジネス課題に対応すべく、セルフサービス型のデータ探索やレポーティング機能の強化、あらゆる端末からのBIコンテンツへのアクセス、そして企業向けSNSとの連携によるBIコンテンツをベースにしたコラボレーションによる意思決定プロセスの促進を実現します。 SAP BusinessObjects BI…

Read more

SAPジャパン、クラウドベースのソーシャルデータをリアルタイムに分析するソリューションSAP® Social Media Analytics by NetBaseを提供開始

facebookやtwitterなどに代表されるソーシャルデータの正確な分析によって、市場動向や顧客感情のフィードバックをリアルタイムで把握し、経営戦略に活用 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、経営や企業情報(ビジネスデータ)と、twitterやfacebook上で交わされている会話の中に潜むビジネス価値の高い情報(ソーシャルデータ)の双方を可視化することで、効果的かつリアルタイムのビジネスサポートを実現するクラウドベースのソーシャルデータ分析ソリューション、SAP® Social Media Analytics by NetBase(エスエーピー・ソーシャル・メディア・アナリティクス・バイ・ネットベース)を本日より提供開始します。 これまで企業は、アンケートや市場調査など時間とコストを要する手法や、コールセンターなど限定的なチャネルを通じて寄せられる意見などから、自社のブランドや商品に対する顧客の評価を吸い上げる努力をしてきました。しかしながら、昨今のfacebookやtwitter、ブログなどに代表されるソーシャルメディアの爆発的な普及により、そこでリアルタイムに発言される顧客の声に耳を傾けることの価値が認識されるようになりました。 SAP Social Media Analytics by NetBaseは、NetBase社が開発したクラウドベースのソーシャルメディア分析ソリューションを、SAPブランド製品として再販するものです。本ソリューションによって、ソーシャルメディア上で毎日交わされる約9500万ものソーシャルデータを分析し、新製品や新キャンペーンが世界中の消費者にどのように評価されているかをリアルタイムで理解することが可能です。また、クラウド上に格納されている過去1年以上の大量のソーシャルデータを活用し、自社ブランドや競合他社とのポジショニングの変化を時系列で把握し、追跡することも可能です。本ソリューションでは、どのような内容のデータを必要とするかを事前に特定したり、複雑な言語設定を行う必要がありません。 さらに、SAP Social Media Analytics by NetBaseにより得られるソーシャルメディアの分析情報は、NetBase社の優れたNLP(自然言語解析)技術により、単語の検出頻度やポジティブ/ネガティブ等の単純な判断だけでなく、感動や情熱のような強い感情、購入、返品などの消費者行動、また、製品やサービスに対する意見までも正確に判断・分析し、口コミの好意度指標(Net Sentiment Score)を決定する高い分析力を有しています。…

Read more

【参考資料】フォレスターリサーチがSAPをセルフサービス・ビジネス・インテリジェンスのリーダーと評価

(本リリースは、6月25日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、フォレスターリサーチがSAPを「The Forrester Wave™:Self-Service Business Intelligence Platform, Q2 2012」においてリーダーとして位置付けたことを発表しました。フォレスターは、SAPはユーザーが簡単にデータの探索を行い、膨大な量のデータ環境からリアルタイムで洞察力を得られる製品を提供できることを主な理由として、リーダーシップのポジションを確実にした、と述べています。 本調査では、「SAP® BusinessObjects™は、ビッグデータ上に優れたセルフサービス機能を提供している。セルフサービスBIで思考スピードで答えを求めるような昨今、インメモリーの技術は主要なテクノロジーとして注目されている。しかし、多くのDBMSエンジンでは、一度に数百ギガ以上の分析は実施上限界がある。この限界に対応するのが、トップレベルのデータの発掘力と発見力を持つSAP BusinessObjects Explorerとインメモリーアプライアンス製品であるSAP HANA®を組み合わせたもので、大きく差別化を図っている。」と評価されています。注1 データドリブンな意思決定を強化するため、SAP BusinessObjects business intelligence (BI) solutionsは、迅速に動き続ける企業が、ビジネスデータやソーシャルデータの中から信頼できる洞察力を、いつでもモバイル端末から取得できることを可能にします。今年発表した新しいBI製品である「SAP® Visual Intelligence」や「SAP®…

Read more

SAP AWARD OF EXCELLENCE 2012受賞パートナーを発表

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、本日、SAPパートナー向けのコンベンション「2012 SAP Partners Summit Day」において、『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2012』の受賞パートナーの発表を行いました。 1998年に創設された『SAP AWARD OF EXCELLENCE』は、SAPビジネスへの貢献度、ならびに顧客満足度などにおいて、極めて高く評価されたパートナー企業に授与される賞です。本年は、新ソリューション領域におけるアワードの拡大や「クラウド・パートナー・アワード」などを新設し、SAPの主要施策を強く支援したパートナーを計5部門にわたり表彰しました。 それぞれの選定基準および受賞パートナーについては以下の通りです。 *受賞パートナー各社は表彰順で表記されています。 サービス・パートナー部門 「サービス・パートナー総合アワード」 受賞パートナー 日本アイ・ビー・エム株式会社様 授賞理由 サービスパートナーとして、2011年度の新規SAPライセンス、プロジェクトビジネスの売上において最高位の実績を上げられたことを評価。 「サービス・パートナー・アワード」…

Read more

【参考資料】SAP、中堅・中小企業向けにSAP HANA™で強化されたリアルタイムアナリティクスを提供

SAP HANA™プラットフォームが新たな洞察力とリアルタイムな意思決定で中堅・中小企業を支援 (本リリースは、2月7日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、中堅・中小企業向けにSAP HANA™プラットフォームのメリットを提供する2つの新製品を発表しました。SAP HANAで強化されたSAP® Business Oneアプリケーション用アナリティクスと、「SAP HANA, Edge edition」を使用することで、中堅・中小企業はSAPの高性能なインメモリテクノロジーを活用できます。企業が刻々と変わる情報に基づいて行動できるよう支援することで、SAP HANAは意思決定に変革を起こし、従来の処理を劇的に高速化して大容量データへの短時間でのアクセスを可能にします。 今日の激しい競争環境においては、すべての業務データに即時にアクセスして分析することが最終的に組織の成功を決定付けます。企業は、市場の動向に敏感に対応できるような業務への洞察力を必要としています。今回の製品は、中堅・中小企業が個別の要求に即した情報にリアルタイムでアクセスできることを目的に提供するものです。SAP HANAは、SAPパートナーのハードウェア上で動作するインメモリデータ管理ソフトウェアです。 SAP HANAで強化されたSAP Business One用アナリティクスは、中小企業のニーズを念頭において設計したSAP HANA特製バージョンであり、費用対効果の高い組み合わせで新たに提供するものです。このチャネルパートナー限定のソリューションは、SAP Business Oneを利用している企業を対象としており、SAP® Crystal…

Read more

大手鉄鋼メーカーのJFEスチール、SAPのBI製品で情報活用基盤を刷新

Sybase® IQ™の採用とSAP® BusinessObjects™のバージョンアップで、従来比で最大100倍の検索性能の向上と使い勝手の向上を実現 Tokyo — JFEシステムズ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:菊川裕幸、以下JFEシステムズ)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎富太郎、以下SAPジャパン)は、JFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林田英治、以下JFEスチール)がSAPのBI(ビジネスインテリジェンス)製品を採用して販売系の情報活用基盤を刷新し、本年1月より本格稼働を開始したことを発表しました。採用したのはSAPのSAP® BusinessObjects™ Business Intelligence XI 3.1と、Sybase社のデータウェアハウス用データベースソフトのSybase® IQ™で、大量の販売系データの分析を迅速に行えるようになりました。 JFEスチールで今回稼働開始したシステムでは、1日に2万3千件以上に及ぶ製品の「受注」、「売上」、そして製品の固有情報を把握する「現品」と呼ばれるデータを管理しています。利用する社内ユーザー数は全国約5,000人で、5千万以上のデータを保有し管理しています。従来のシステムでは検索処理速度の限界があり、1件の処理に5分以上もかかるものや、場合によってはタイムアウトしてしまうケースも発生し、迅速なデータの収集に支障をきたすことがありました。 そこで情報基盤の強化の一環として、2003年より利用していたSAP BusinessObjects BIを XI3.1にバージョンアップして分析機能の拡張を図る一方で、2011年6月よりデータウェアハウス基盤の強化を目的に、JFEスチールとその情報システム子会社であるJFEシステムズは、2ヶ月におよぶSybase IQの事前検証を行いました。実データを元に検証した結果、平均で従来比約100倍(注)という圧倒的なパフォーマンスが見込めることが実証され採用を決定しました。データウェアハウス用データベースであるSybase IQの最大の特徴であるカラム型データベースの機能がJFEスチールの要求に合致しました。採用決定後の本格開発および設計はJFEシステムズが中心となり基盤環境の構築・既存システムからのデータ移行設計および開発を行い、3カ月という短納期で本番稼動にまで至りました。また、処理速度が飛躍的に向上したことにより、今まで持てなかった膨大なデータを多面的に分析することが可能になり、JFEスチールの販売管理の高度化に寄与します。 JFEシステムズおよびSAPジャパンは引き続きJFEスチールにおける情報活用基盤の拡充に向けて取組んでまいります。 以上 ※注:データ量やカラム数の多いパターンなど数パターンの検証をした結果、加重平均値で284秒かかっていた処理が2.92秒となる検索性能が見込まれることが実証されました。 JFEシステムズについて JFEシステムズ株式会社は、鉄鋼業界におけるシステム構築・運用で培った技術を生かし、多彩なサービスを一貫してお客様に提供している情報システム会社です。 製造業をはじめ、金融、流通、通信などあらゆる分野のお客様に向けて、システムインテグレーション、アウトソーシング、コンサルテーション、および独自のパッケージ製品の提供など、幅広いビジネスを展開しております。…

Read more

【参考資料】SAP HANA™、さまざまな業界のお客様とパートナーによる採用広がる

お客様とパートナーのさらなる成功が、エンタープライズソフトウェア分野でのSAP HANA™のオープン性と影響力を証明 (本リリースは、12月13日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は、オープンなインメモリプラットフォームであるSAP HANAが、業界をリードする独立系ソフトウェアベンダー各社によって、既存の製品や新規アプリケーション開発のために採用されていると発表しました。SAP HANAは、2010年12月1日の提供開始以降、お客様とパートナーからの需要を拡大しています。また、SAP HANAは、SAPのプラットフォームロードマップの中核として、これまでのアプリケーションを混乱なく強化するほか、SAP HANA上に新規にアプリケーションを構築して強化していることを明らかにしました。 さまざまな業界で多くのお客様がSAP HANAの新技術を体験しており、自社環境の既存システムとの比較では、数千倍から数万倍という飛躍的なパフォーマンス向上を実現し、膨大な情報を即座に得てリアルタイムの意思決定を行っています。 オープンなSAP HANAプラットフォームにより、各種ソリューションを強化するエコシステムが拡大 SAPのスーパーバイザリーボードの会長であるハッソ・プラットナー(Dr. Hasso Plattner)は、次のように述べています。「SAP HANAは、世界を代表する企業各社のお客様に、信じられないほどのパフォーマンス向上をもたらしており、リニューアル製品と新製品の両方で、SAPプラットフォームの基礎となりつつあります。そして今、ISVと大手エンタープライズソフトウェア各社は、自社ソリューションを強化するために、オープンなSAP HANAソリューションを採用することで、自社のお客様に対しさまざまな形でイノベーションを提供しています。」 UFIDA社、SAP HANAでリアルタイム・エンタープライズ・アプリケーションを実現 近日中に提供開始予定の、SAP HANAで強化されるSAP® Business…

Read more

東京東信用金庫、SAP® BusinessObjects™ BIの採用を決定

SAP NetWeaver® BWの利用域を拡張し、携帯端末の活用も視野に入れた情報活用基盤の強化を推進 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎富太郎、以下SAPジャパン)は、大手信用金庫の東京東信用金庫(本店:東京都墨田区、理事長 澁谷哲一、以下、ひがしん)が、BIツールとしてSAP® BusinessObjects™ Business Intelligence (BI) の採用を決定したことを発表します。既に導入しているSAP NetWeaver® Business Warehouse (SAP NetWeaver BW)上に構築した金融商品の時価開示システムや経営ダッシュボードの利用層を、本部だけではなく地区本部や営業店長にも拡げ、システム基盤の強化と、経営管理システムの再構築により一層の情報活用による経営判断の迅速化を目指します。 ひがしんは、東京23区及び千葉、埼玉で68店舗12出張所をもつ信用金庫です。信用金庫としては初めて、2009年4月にSAP NetWeaver BW上に構築した経営ダッシュボードとその後構築した金融商品の時価開示システムを稼働させています。この情報基盤の活用により、短時間でのデータの収集、加工、分析、レポート作成を体系的に一元管理し、金融商品の時価開示システムの構築や経営ダッシュボードに活用し、本部における経営判断の迅速化を図ってまいりました。しかし、よりスムーズな意思決定のためには、役員や本部だけではなく、営業店においても営業管理情報などのリアルタイムな共有と活用が必要であり、その体制整備の強化が急務であると判断しツールの選定を始めました。 その結果、今後想定される会計基準等の変更や改定にも柔軟に対応が可能で、既存システムも活かすことができるSAP BusinessObjects BIの導入を決定しました。 導入後は、SAP BusinessObjects…

Read more

No more items to load

No more items to load

← Older posts

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む