SAP for Retail

SAPジャパン、アジア初開催となるファッションとテクノロジーの融合イベント「Decoded Fashion Tokyo 2015」にプレミアムスポンサーとして協賛

「CONNECTED COMMERCE & PHYGITAL EXPERIENCE」をテーマにしたセッションとブース展示を予定 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲、以下SAPジャパン)は、2015年7月9日に開催されるファッションとテクノロジーの融合イベント「Decoded Fashion(デコーデッド・ファッション)Tokyo 2015」(共催:コンデナスト・ジャパン / Decoded Fashion)にプレミアムスポンサーとして協賛することとなりました。 Decoded Fashionは、ファッション、ビューティ、リテール業界と最先端の技術を持つテクノロジー企業のトップ同士が、ひとつの場所に集まり、ファッションのより良い未来を共に考え創出する世界初のグローバルイベントとして、2011年に米国ニューヨークで誕生しました。これまで、ニューヨーク、ロンドン、ミラノで各国の政府をも巻き込みながら開催されており、今回がアジアで初めての開催となります。 ファッション業界は、グローバル化、ファストファッション化、さらに顧客タッチポイントの多様化など、ビジネス環境が大きく変化しています。これに伴い、マーケティング施策の面でもテクノロジーを活用した様々な取り組みが必要とされています。このような現状に対して、SAPは、インメモリープラットフォームのSAP HANA®やオムニチャネルコマースのhybrisをはじめとしたソリューションおよびテクノロジーにより、ファッションビジネスに携わる企業をグローバルで支援しています。当日は、SAPでグローバルの小売・消費財業界を統括するゼネラルマネージャーのパット・ベイキー(Pat Bakey)などが来日し、「CONNECTED COMMERCE & PHYGITAL EXPERIENCE」をテーマにしたセッションやブース展示を行う予定です。 Decoded…

Read more

SAPジャパン、ファッション業界向けアプリケーションSAP® Fashion Managementを提供開始

製造、卸、小売の業務をエンド・ツー・エンドで効率化し、ファッション業界のビジネス変革を支援 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、ファッション業界のビジネス変革を支えるアプリケーションである「SAP® Fashion Management(エスエーピー・ファッション・マネージメント)」を本日より提供開始します。SAP Fashion Managementは、Luxottica、Giorgio Armani、Tommy Hilfiger、adidasといったグローバルビジネスを展開しているアパレル・フットウェア企業とのCo-Innovation(共同開発)により生まれました。 昨今、ファッション業界は、さまざまな変革とそれに伴う課題に直面しています。ビジネスのグローバル化により、多様なシーズンに合った製品を同時に生産、展開する必要が生じています。また、ファストファッション化が進み、より多くの製品とスタイルを頻繁に展開しています。さらに、スマートフォンやタブレット端末などの普及に伴い、顧客のタッチポイントも店頭に限定されず多様化しています。こうした背景によって、アパレル製造卸企業は、より強固なブランドイメージの醸成、在庫リスクの低減、利益率向上のために小売の展開を開始、小売企業も品質や価格を管理しやすくするため、自ら製造や卸業務を行うなど、業界全体で、ビジネスモデルの垂直統合が進んでいます。 SAPジャパンでは、アパレル・フットウェア企業に対し、アパレル製造卸企業向けと小売企業向けに、それぞれ異なるアプリケーションを提供しています。アパレル製造卸企業向けのSAP® Apparel and Footwearは、16年以上にわたり全世界300社以上で、小売企業向けのSAP® Retailは、20年以上にわたり全世界1,000社以上で利用されています。最近では、ファッション業界の垂直統合が進むことで、製造から小売までのすべてを1社で行う企業が増えており、両アプリケーションを併用する傾向がありました。しかし、ビジネスサイクルの高速化や取り扱うデータ量の急増などに伴い、独立した2つのシステムの併用では、作業工程に無駄が生じ、またマスターデータの管理が複雑になるなどの課題が浮かび上がってきました。 今回提供を開始するSAP Fashion Managementは、SAP Apparel and Footwear とSAP Retail…

Read more

小売業界特化型の基幹業務システムをクラウド・サービスにて提供

~SAP基盤で世界初の小売業界業務特化型のクラウド・サービスを実現~ Tokyo — オリンパスシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:曽我 芳博、以下 オリンパスシステムズ)は、SAP AG(本社:独ワルドルフ、共同CEO:ジム・ハガマン・スナーベ、ビル・マクダーモット、NYSE:SAP、以下 SAP)および日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:橋本 孝之、NYSE:IBM、以下 日本IBM)の協力のもと、ファッションアパレルを中心とする小売業界向け基幹業務システムの最新版となる「UVAS Core System(ユーバス・コア・システム) 6 for Retail」の提供を開始することを発表しました。「UVAS Core System 6 for Retail」は、世界初のSAP® ERP基盤を活用した小売業界向けのクラウド・サービスです。このサービスを通じ、日本の小売企業の基幹業務のさらなる効率化と、海外への進出などグローバル・レベルでのビジネスを支援します。 「UVAS Core System…

Read more

トライアルカンパニー、SAPジャパン包括的・戦略的協業体制の構築・推進に合意

Tokyo — スーパーマーケットなど流通小売業の株式会社トライアルカンパニー(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:永田久男、以下トライアルカンパニー)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ギャレット・イルグ、以下SAPジャパン)は、基幹業務ソフトウェアであるSAP® ERPの小売業における導入サービスを共同で展開し、日本およびアジア・パシフィック地域における協業体制を確立することに合意しました。 両社の包括的・戦略的協業体制により、お客様は高品質なSAPソリューションを低価格で導入することができます。 この合意により両社は、日本のみならず中国、韓国およびアジア・パシフィック各国に渡る規模での戦略的共同事業計画を策定、SAPビジネス推進体制の強化など、両社の共通するお客様に対して総合的な協業体制の強化を行います。さらに、トライアルカンパニーは、今後5年間でSAP外販ビジネスを100億円まで引き上げる計画を実行します。 トライアルカンパニーは、小売業向けのテンプレートを開発し、最大の強みである小売業で培った低価格での製品提供ノウハウをIT分野においても実践していきます。トライアルカンパニーのIT子会社である株式会社ティーアールイー(本社:福岡県福岡市、代表取締役:西川晋二、以下ティーアールイー)を中心としてSAP外販ビジネスを展開します。具体的な戦略の一つとして、トライアルカンパニーはSAPジャパンのサポートを得て、技術者育成のための教育設備や、お客様向けデータセンターやプロジェクト推進設備などを保有した総合的ITセンターを白鳥工業団地(福岡県)に設立することの検討に入ります。このセンターを用いてトライアルカンパニーは、5年以内に約1,000名のSAP技術者を養成し、地方経済の発展支援など地元と密着した新しいITのビジネスモデルを提唱・推進します。さらに、将来はアジア地域における小売業界向けIT技術の中心地となることを目指します。 SAPジャパンはトライアルカンパニーのSAPビジネス促進を総合的に支援するための専任者を配置し、市場開拓、共同営業活動などの幅広い分野においてサポートします。人材育成においては、トライアルカンパニー専用の教育カリキュラムを開発し、1,000名のSAP技術者の早期育成を支援します。また、マーケティング、プリセールス、共同でのプロジェクト推進から導入完了後のアップグレード支援サービスまでの全工程において技術支援を行い、共同で長期的・継続的にお客様を支援していきます。 両社の主な協業事業推進計画は以下の通りです。 1. アジア・パシフィック地域における小売業向けソリューション共同展開 2. 日本、中国、韓国をはじめとするアジア各国向け設計・導入・インテグレーションなどビジネスを最適化するためのSAP導入支援サービスの推進 3. 小売業のお客様向けに最適化されたトライアル・テンプレートの開発と展開 4. アジア各海外地域のお客様向けアプリケーション・マネージメント・サービスとホスティングなどの運用支援サービスの展開 トライアルカンパニーは、ティーアールイーと連携しながら、SAPジャパンのSOA(サービス指向アーキテクチャー)、ビジネスプロセスプラットフォーム、内部統制関連ソリューションの展開を強力に推進します。 以上 トライアルカンパニーについて トライアルカンパニーは、福岡を拠点に、九州、中国、関西、関東、東北、北海道、および韓国に、合計93店舗、店舗展開を行っている流通小売企業です。~毎日安い、暮らしやすい~がキーワード、EDLP(Every Day Low Price)を営業戦略とし、日々の生活に必要な品々が揃うスーパーセンターを核に他フォーマット展開を推進しています。自社構築によるITの活用と自社展開による物流ネットワークを戦略の要とし、中国(大連、青島、煙台)に進出、システム開発と業務処理の拠点とし、グループ内にシステム関連人材を1,000名擁するに至っております。 および、1981年の設立からまもなくより、流通小売業と平行してシステム関連事業を推進してきており、今後は、中国の人材を中心とした多くのシステム関連人材をさらに活かすべく、システム事業における新展開を戦略的に行っていきます。…

Read more

【参考資料】ウォルマートがSAPを採用

~世界規模の小売店としてその成長を支え、進化するビジネス環境と規制環境を生き抜くためにSAP ERP Financialsを選択~(本リリースは、10月18日に弊社本社から発表されたものの翻訳です) Tokyo — 【独ワルドルフ発】-世界中の小売店に革新的なソリューションを提供し続けているSAP AG(以下SAP)は本日、ウォルマート・ストアーズ(以下ウォルマート)が財務情報システムの強化に向けてSAPを採用したと発表しました。ウォルマートは世界に事業を拡大し、ビジネス環境および規制環境の変化に効果的に対応するため、SAP ERP Financialsを選びました。 ウォルマートは最近、財務情報システムの徹底的な評価を行い、3,500億ドル規模の事業を支えると同時に、成長を次の段階に進めるために何が必要かを検討した結果、世界各地でSAPを段階的に導入することを決めました。2010年に導入の第一段階が完了する見込みです。SAPのソリューションは一部のレガシーシステムと置き替えられ、その他の社内システムと統合されます。 ウォルマートのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高情報責任者(CIO)であるローリン・フォード(Rollin Ford)氏は次のように述べています。「テクノロジーは当社のビジネスの成長と成功に大きな役割を果たしてきました。独自の財務システムを通じて世界中の企業を支援してきたSAPは、成長を続ける当社のビジネスに優れた柔軟性と拡張性をもたらすでしょう」 SAPアメリカ&パシフィック・ジャパン プレジデント兼CEOのビル・マクダーモット(Bill McDermott)は、「SAPは小売店の支援に関して確かな実績を持っています。世界中の小売店がSAPを利用して、リーダーシップと成長という目標を達成し、消費者に利益を与えると同時にビジネスコストを削減して競争力を高めてきました。今日の発表は、SAPが小売ビジネスの複雑なニーズを満たす最高レベルのソリューションを通じてお客様に貢献していることを示す新たな証拠となります。拡大を続けるSAPファミリーに、世界最大の企業であるウォルマートを迎えることができ、非常に嬉しく思います」と述べています。 以上

Read more

SAPジャパン、業種に特化したERPパッケージの設定自動化ツール「SAP Best Practices」の対応業種を拡大

出荷済みの6業種に加え、新たに自動車部品、小売、鉄鋼業版を同時出荷 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・エンスリン)は、ERP(統合基幹業務)ソフトウェア・パッケージの導入手順を飛躍的に簡略化する設定自動化ツール「SAP Best Practices」に、自動車部品、小売、および鉄鋼業の3業種対応版を新たに開発し、本日より提供開始することを発表します。SAP Best Practices はこれまで、業種依存のない基本部分の設定を自動化する「SAP Best Practices Baseline Package」および、業種特化型として、食品、アパレルフットウェア、化学、産業機械/構成部品、プロフェッショナルサービス、ハイテク業向けの6製品をすでに出荷済みで、今回の3業種を加えて合計9業種に対応したことになります。 業種別 SAP Best Practices は、業界特有の業務シナリオや機能モジュールをあらかじめ定義して提供することで、ソフトウェアの設定を自動化し導入作業にかかる工数を大幅に削減するツールです。今回出荷するのは自動車部品業界向けの「SAP Best Practices for Automotive」、小売業向けの「SAP Best Practices for…

Read more

フィールズ、システム基盤刷新によって経営の透明化と事業展開を推進

~SAP製品採用による商社取引管理、知的財産管理の強化が販社および版権ビジネスを支える~ Tokyo — フィールズ株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長 山本 英俊、以下フィールズ)およびSAPジャパン株式会社(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 ロバート・エンスリン、以下SAPジャパン)並びにアクセンチュア株式会社(本社・東京都港区、代表取締役社長 程 近智、以下アクセンチュア)は、国内の総合レジャー業界において初めて、SAPジャパンの統合基幹業務(ERP)パッケージ「mySAP ERP」を採用、「商社取引管理(Global Trade Management)、以下SAP GTM」並びに「知的財産管理(Intellectual Property Management)、以下SAP IPM」を中核にシステム基盤を構築し、次世代コンテンツビジネスを展開していくことを発表しました。アクセンチュアは「mySAP ERP」の導入手法として、同社が国内外の数多くの実績から得た技術と経験を集約させた「アクセンチュア・デリバリー・メソッド」を活用し、短期間、低コストで新たな経営システム基盤を構築します。フィールズではこの経営システム基盤をベースに、組織全体のコストパフォーマンス、生産性、品質、スピードを向上させ、事業改革を実現します。 フィールズは、「すべての人に最高の余暇を」という企業理念の下、パチンコ・パチスロ機の販売事業を中核的な強みとしながら、自ら創出または二次利用目的に取得した商品化権などのライツを基に商品の企画・開発を行い、パチンコ・パチスロ機、ゲームソフト、アニメなど多様なメディアへ幅広く展開する「デジタルコンテンツ」事業に取り組んでいます。パチンコ・パチスロ業界においては、全国30支店・営業社員400名体制という業界屈指の全国販売網を有すると同時に、その体制を基礎にした綿密なマーケティングに基づいて、市場ニーズを反映させた訴求力の高いキャラクター等の商品化権を取得し、商品企画を付加した良質なソフトを各種メディアにわたって提供するコンテンツ事業を展開中です。 そのような状況下、フィールズは、オリジナルコンテンツ創出等の上流から流通等の下流まで様々なビジネスプロセスに対応でき、サプライヤからカスタマまでのサプライチェーンを統合管理できるシステム基盤を必要としていました。また、遊技機等の企画開発だけでなく、ゲームソフト、携帯コンテンツ、アニメ・映画・DVD、テレビ、各種グッズ等の広範な分野において、訴求力の高いコンテンツのマルチユース化ビジネスにおける商品化権取得からサブライセンス、コンテンツマスタ管理までを的確にサポートする体制確立の必要性を実感していました。 このように、フィールズは顧客ニーズの早期把握と分析に基づいたグローバルなコンテンツビジネスの展開と拡張に必要な変化対応力の確保というビジネス戦略並びに今後の事業発展に寄与する一つの手段として「SAP GTM」、「SAP IPM」を活用してまいります。デジタルコンテンツ事業を中心とした異業種とのアライアンスを強化していくという観点からも、各業種において多くの顧客企業数を誇るSAP製品をシステム基盤として採用することを決定しました。 今後、フィールズは、さらなるレジャー産業のグローバル化やコンテンツのチャネル化を視野に入れ、SAP製品の導入プロジェクトを推進し、内部統制の強化、経営層が迅速な意思決定を行うための各種データの可視化、連結決算の早期化を実現しながら継続的なビジネスの成長を目指します。 以上 記載されている社名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。 フィールズについて フィールズ株式会社は、1988年にパチンコ・パチスロ機の流通商社として設立されました。パチンコ産業は、日本のレジャー市場の30%以上を占める大衆娯楽産業であり、その市場規模は30兆円に達しています。そのなかでフィールズは、全国各地のパチンコホール約10,000店と、ほぼすべてのパチンコ・パチスロ機メーカーと継続的に取引しています。全国規模の販売ネットワークを活かしてホール・メーカー双方の売上増に寄与する「No.1流通商社」の地位を確立し、自らも高い収益力を維持してきました。近年、パチンコ産業を含むエンタテインメント業界で、コンテンツ資産の重要性がますます高まるなか、フィールズは、国内外の有力なキャラクター商品化権を次々と取得し、遊技機をはじめとする多彩なプロバイディングチャネルに展開する「コンテンツプロバイダー」を志向し、具体化を進めています。今後は、パチンコ業界からエンタテインメント業界全般へとビジネス領域を拡大し、一次コンテンツの創造およびコンテンツの多元利用を積極的に展開することで、企業理念の実現をめざしていきます。 (http://www.fields.biz/) アクセンチュアについて アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、お客様と協力して革新の実現に取り組んでいます。アクセンチュアは、各業界や業務プロセスに関する高度な専門知識、世界で蓄積された実績や資産をもとに、最適な人材、スキル、そしてテクノロジーを活用し、お客様の経営効率をさらに改善します。世界48カ国に約14万人の社員を擁するアクセンチュアは、2006年8月31日を期末とする2006会計年度の売上高が、約166.5億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。(http://www.accenture.com/)…

Read more

No more items to load

No more items to load

← Older posts

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む