SAP NetWeaver

SAPジャパン、SAPオンライントレーニングを特別価格で受講可能な学生向けプログラムSAP Student Academyを開始

一般向けに提供するSAPオンライントレーニングを大学生などを対象に特別価格で提供することで高度IT人材育成を支援 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、大学、高等専門学校および専門学校の学生向けに、一般向けのSAPオンライントレーニングを特別価格で受講できるプログラム「SAP Student Academy(エスエイピー・ステューデント・アカデミー)」を本日から開始することを発表しました。これによって、学生はSAP認定コンサルタントに必要とされる資格取得を目指すトレーニングを通常価格のおよそ半額で受講することが可能となり、SAPオンライン・トレーニング・コースを受講しやすくなります。 SAPジャパンでは、SAP認定コンサルタントになるための資格取得を支援するために、オンライン・トレーニング・コースを提供しています。この度開始するSAP Student Academyは、大学、高等専門学校、専門学校、あるいはこれらの教育機関への進学が決定している学生を対象に、そうした一般向けのSAPのオンライントレーニングを通常価格のおよそ半額で提供するものです。本プログラムは、高度IT人材育成を支援することを目的とし、学生のうちからSAPのシステムや最新テクノロジーの概要など、SAPに関する基礎知識を習得してもらい、SAP認定コンサルタントの資格取得に備えてもらうことを促進するためのものです。 SAP Student Academyに含まれるオンライン・トレーニング・サービスには、日本語で学べるSAPオンラインレクチャー、製品ごとの概要および詳細を学べるSAP e-learning、SAP認定コンサルタントを短期集中的に育成するために設計された教育プログラムのSAP E-Academyがあります。 トレーニングコースは、SAP® ERPやSAPテクノロジーの概要など、SAPのシステム全体像を把握するための基礎知識レベルのものから、企業のビジネスプロセスとSAPのシステムを適合させるために必要なモジュール概要を習得するレベル、個別の機能要求を実現するための詳細機能やパラメーター設定など、専門的な知識や技術を習得するレベルまでがラインアップされています。これらのトレーニングコースのコンテンツは、SAPが掲げる5つの事業戦略であるアプリケーション、データベース&テクノロジー、アナリティクス、モバイル、クラウドに沿って準備されており、SAP ERPやSAP NetWeaver®から、最新のインメモリープラットフォームSAP HANA®、モバイル開発基盤のSAP® Mobile Platformに関するコースまで幅広く提供します。 以上 【SAPジャパンについて】 SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP…

Read more

AGC旭硝子、アクセンチュアの協力のもとSAPソリューションでグローバル会計統合基盤を構築

連結処理時間を約1/10 に短縮させるなど、連結会計処理の作業効率を向上 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)とアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、旭硝子株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役・社長執行役員・CEO:石村 和彦)がSAP® Financial Consolidation(エスエーピー・ファイナンシャル・コンソリデーション)をはじめとするSAPソリューションを導入し、連結会計処理業務の省力化・早期化と業務プロセスの標準化による効率化を実現した、と発表しました。 世界最大級のガラスメーカーである旭硝子(AGCグループ)は、「ガラス」「電子」「化学品」の3カンパニー体制を敷き、グローバルに事業を展開しています。現在は、経営方針Grow Beyondのもと、「2020年のありたい姿」を描き、高収益・高成長のグローバル優良企業を目指したチャレンジを続けています。その達成に向けた成長戦略の一つとして「第2のグローバリゼーション」を掲げる同社は、戦略を加速するためにも地域やカンパニー別のマネージメント基盤を統合し、グループの総力を結集することのできる経営体制を確立することを必要としていました。 AGCグループでは従来、グループ会社毎に会計の基盤を構築しており、勘定科目をはじめ各種コードやその体系が統一されていませんでした。また、制度連結と管理連結の計算環境が異なっており、本社で連結会計処理を行う際には、各々の用途のためにExcelで作成した財務情報をグループ各社から収集していました。そこで同グループでは、制管一致、連結会計情報の早期把握による経営スピードの向上を目的に、連結会計ソリューションSAP Financial Consolidationの導入を行い、2012年1月に本稼働を開始しました。IFRSに準拠した連結ルールなどを組み込んだ「IFRSスターターキット」をベースとして日本の会計基準(J-GAAP)の設定を加えた開発を行い、複数会計基準への対応を実現しました。 さらに同社では、業務プロセスの統制強化、連結報告業務の省力化、および、国別要件への対応を含めて、グループ会社向けの会計/購買システムをSAP® ERPとSAP NetWeaver® Business Process Management(SAP NetWeaver BPM)によって構築。同社グループのグローバルな成長戦略を支える基盤として、主に日本やアジアのグループ各社へ導入を進めています。 システムの構築に関しては、国内外の企業に対して、グローバル経営管理モデルの構築で深い知識と幅広い経験をもつアクセンチュアが担当しました。 AGCグループが連結会計処理で抱えていた課題の抽出から、業界全体の商習慣、会計プロセスの違いまでを見極めた上で、国内、海外の各拠点に対してスムーズな展開と連携を可能にさせるAGCグループの「標準モデル」を作り上げることに注力して構築を行いました。…

Read more

SAPジャパン、クラウド事業に本格参入

幅広いクラウドのポートフォリオをSAP HANA® Cloud Platform上に統合し、あらゆる規模の企業にサービスを提供 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は本日、クラウド事業への本格参入を発表しました。SAPジャパンは、今回のクラウド事業への本格参入に伴い、クラウドファースト事業本部を新設し、幅広いクラウドのポートフォリオの基盤をSAP HANA® Cloud Platformに統一し、あらゆる規模・業種の企業の変革をご支援します。 SAPでは幅広いクラウドアプリケーションのポートフォリオを提供しており、クラウドアプリケーションのユーザー数は2,900万人以上で、世界最大の導入実績を誇ります。SAPがこれまで培ってきた国や業界固有の専門知識をクラウドの世界に持ち込むことで、市場とユーザーを深く理解した圧倒的なユーザーエクスペリエンスを実現しています。 すべての業務別クラウドアプリケーションは、SAPの統合クラウド戦略の一環として、最終的にはSAP HANA Cloud Platformに移行することになります。 SAP HANA Cloud Platformが共通基盤となることで、クラウドアプリケーション群はクラウドアプリケーション間の統合ならびに自社システムとの統合が可能です。また、オープンな標準技術にもとづいた拡張開発機能がクラウドで提供されることによって、クラウドアプリケーションに対して独自の拡張を行うことが可能です。それによってビジネス部門もIT部門も一様に、クラウドによる柔軟かつシンプルな運用を最大限に活用できます。 SAP HANA Cloud Platform上に統合された新たなSAPのクラウドのポートフォリオは、柔軟性と最小限のTCOを実現し、お客様はこれまでの既存システムへの投資を有効活用しつつ拡張を図ることができます。柔軟性、選択、コスト削減といった、ビジネス成長のためのイノベーションに必要なものをクラウドで得ることができます。また、パブリッククラウド、マネージドクラウド、ハイブリッドという、複数の導入環境を選択することができ、あらゆる企業のニーズの変化に対応できるようになっています。 SAPのクラウドのポートフォリオは下記の通りです。…

Read more

【参考資料】SAP、短期間で価値を実現し選択肢を最大限に広げるSAP HANA® Enterprise Cloudを提供開始

SAP® Business Suite Powered by SAP HANA®の新たな導入オプション (本リリースは、5月7日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、世界中のお客様からの強い要望にお応えし、SAP HANA® Enterprise Cloud(エスエーピー・ハナ・エンタープライズ・クラウド)サービスを発表しました。本サービスは、次世代インメモリープラットフォームSAP HANA®の価値を直ちに得るための、新しい導入オプションをクラウドベースで提供するものです。今後は、現在稼働しているミッション・クリティカル・アプリケーションのSAP® ERP、SAP® CRM、SAP NetWeaver® Business Warehouseや、SAP HANAで強化されたこれまでにない新しいアプリケーションを、オンデマンドで利用可能なペタバイトの規模のマネージド・クラウド・サービスとして提供できるようになります。SAPは、お客様が総所有コストを削減して短期間で価値を実現しつつ、柔軟性と信頼性を提供することを目指しています。 今年すでに発表されたSAP® Business Suite…

Read more

印刷技術を核に多様な製品とサービスを展開する日本写真印刷が、SAP NetWeaver® Business Warehouse Powered by SAP HANA®を本格稼働

データボリュームを75%削減、数十分要していたレポーティングは秒単位に短縮 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、印刷技術を核に多様な製品とサービスを展開する日本写真印刷株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:鈴木 順也、以下 日本写真印刷)が、同社のデータベース基盤にSAP NetWeaver® Business Warehouse (以下SAP NetWeaver BW) Powered by SAP HANA®を導入したことを発表します。 日本写真印刷は、これまで、主に業績データ分析にSAP NetWeaver® BWを活用してきました。しかし、最近ではデータ量が膨大になり、分析処理やデータ連携に時間を要するため、ユーザーがデータ分析の回数を控えたり、データ分析の対象範囲を他業務に拡大できないなど、社内情報の有効活用を促進できない状況でした。 このような背景の下、日本写真印刷は、大量のデータ処理も瞬時に実行できるSAP NetWeaver BW Powered by…

Read more

SAPジャパン、短期に安価で導入可能な簡易パッケージ「SAP® Rapid Deployment Solutions」の新製品、SAP HANA®対応など5種類を発表

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、3ヵ月以内の短期間で安価な導入を可能にするSAPソリューション導入パッケージ「SAP® Rapid Deployment Solutions(ラピッド・デプロイメント・ソリューションズ)」で新たに5種類の新製品を発表しました。SAP Rapid Deployment Solutionsは、SAPアプリケーションのソフトウェアライセンス、導入・教育サービスが含まれる簡易導入パッケージで、今回発表する新製品には、SAP HANA®へのマイグレーション、モバイルアプリケーションやモバイルプラットフォームの導入サービス、さらにSAP® Supplier Relationship Management (SAP SRM)の導入サービスなどが含まれます。 今回発表する5種類の新製品は下記のとおりです。 Rapid database migration of SAP NetWeaver Business Warehouse…

Read more

【参考資料】SAP、勢いを増した新たなクラウド戦略を発表

クラウドソリューションの新たな取り組みを通じ、従業員、財務、顧客、サプライヤーのより効果的な管理でお客様を支援 「SuccessFactors BizX Suite」に重要なコンポーネントを追加、業界で最も包括的かつグローバルなアプリケーションスイートを提供 (本リリースは、5月15日に弊社独本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP AG(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、従業員、財務、お客様、サプライヤーを管理するための、4つの業務部門を対象としたクラウドソリューションを発表し、これまで以上に勢いを増した新たなクラウド戦略を明らかにしました。これらの製品は一貫した形で提供され、ERPソフトウェアとシームレスに連携する予定です。今後SAPは、クラウドプロバイダーとして世界でも数少ない急成長企業であるSAP子会社のSuccessFactorsと、同社の創設者でCEOのラース・ダルガード(Lars Dalgaard)の市場における強みを活用していきます。 アンダーアーマーのHRプロセス担当ディレクター、トロイ・バーネット(Troy Barnett)氏は、次のように述べています。「これまでSAPとSuccessFactors両方の製品を長期にわたって使用してきましたが、今回の戦略は明確な前進だと考えています。私たちは今後、それぞれの持つ最高の機能を活用し、合理的に利用できます。当社は日々、プロセスと業界に関するSAPの専門知識を活用しながら事業経営を行っており、SuccessFactorsのクラウドアプリケーションは従業員の間で非常に好評です。SAPのリソースにラース氏のビジョンや情熱が加わることで、最高の結果が得られると考えています。」 SAPのエグゼクティブ・ボード・メンバーでもあるダルガードは、次のように述べています。「クラウドは全く新しいパラダイムです。5,000人からなる当社のチームにより、お客様の企業とその全従業員は、従業員、財務、お客様、サプライヤーについて最高クラスのビジネス機能を堅実な盤石の体制でご利用いただけるようになります。彼らが目指しているのは、クラウドでの最高水準の信頼できるセキュリティです。今後は、オンプレミスのビジネスソフトウェア、クラウドソリューションと追加設定不要の外部コンテンツの連携を提供します。私たちは美しいユーザーエクスペリエンスを通じ、創造的で革新的なアプリケーションを市場に投入することに情熱を注いでいます。」 クラウドの新たな原動力 2012年2月のSAPによるSuccessFactorsの買収完了以降、両社のチームは直ちに力を合わせ、最新のクラウド戦略への取り組みを開始しました。SuccessFactorsはクラウドのパイオニアであり、人的資本管理(HCM)のリーダー企業です。一方のSAPは、オンデマンドとオンプレミスのソリューションのビジネスプロセス全体について他社の追随を許さない深いノウハウを有しており、これらは40年にわたる知的財産、経験、お客様の成功によって得られたものです。ダルガードが統合クラウドビジネス部門の指揮をとり、それぞれが力を合わせることで、SAPは今や5,000人以上の人材を投じて、人々が働く喜びを再発見し、ベストのパフォーマンスを発揮できるようなクラウドソリューションの設計・開発・提供に取り組んでいます。新設のクラウドビジネス部門は1,700万以上のお客様にサービスを提供しており、経営上最も重要な資産や関係の管理でお客様を支援することを目指した4つのソリューション分野に注力していきます。 SAPでは、ベスト・オブ・ブリードのアプリケーションによる疎結合のスイートとして、マルチテナントのクラウドソリューションを提供する計画です。お客様には、ビジネス・ニーズの進化に応じ、自らのペースでこうしたソリューションを採用できるような選択肢と柔軟性を提供する計画です。これらのアプリケーションを組み合わせて使用することで、一貫したユーザーエクスペリエンス、プロセス、データの完全性により、単一ソリューションとしての価値を提供することを目指します。クラウドポートフォリオの中心となるソリューションは、以下の要素の効果的な管理でお客様を支援します。 従業員:SAPは、SuccessFactorsのコアのHR(人的資源)ソリューションである「Employee Central」との連携による、クラウドベースの製品として業界をリードするグローバルな給与ソフトウェアを追加することを発表しました。このソリューションは10カ国での提供を予定しており、現在は、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)サービスを提供するプラットフォームとして多数の戦略的パートナーに活用されています。SAPでは、各国の法規制や複雑な問題に対応し、給与ソリューションについて最新の状態を維持できるよう、世界中のすべての地域に200以上のリソースを有しています。SAPとしては、SuccessFactorsの人材管理ソリューションやコアHRソリューションにグローバルな給与ソリューションが加わることで、クラウド内で最も包括的なアプリケーションスイートを提供し、戦略の策定から遂行までのHRプロセス全体を通じ、お客様が従業員をより効果的に管理できるよう支援していく考えです。 財務:高度な財務アプリケーションの世界各国へのローカライズで数十年にわたる深い専門知識を持つSAPは、「SAP® Financials OnDemand」ソリューションを提供する計画を発表しました。このソリューションは、中核的な財務、および受注から入金、請求書発行から支払といった各種プロセスの管理を行う大企業のお客様をターゲットとしています。本製品は、SuccessFactorsのコアHRソリューション「Employee Central」と連携する計画です。さらにSAPでは、モバイル機器から直接、費用の確認・処理を行えるようにするための、統合機能とモバイル機能を備えた「SAP® Travel OnDemand」ソリューションの最新版の提供を計画しています。 顧客:四半期ペースでの公開となった「SAP®…

Read more

SAP HANA®プラットフォームの拡大に向けて開発者を支援

Amazon のクラウドサービス上で開発者向けにSAP HANAライセンスを提供 Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、インメモリプラットフォームのSAP HANAのエコシステムの拡大を目指し、開発者向けの施策を発表しました。具体的には、SAP HANAをAmazon Web Services(AWS)上で開発者向けに無償で提供します。 SAP HANAの開発者インスタンスをAmazon Web Services(AWS)で提供することによって、開発者は拡張性が高くコストの低いIaaSを通じてSAPが提供する革新的なインメモリテクノロジーを活用することができます。開発者は登録するだけで、事前に設定したHANAインスタンスを稼働させ、データ分析アプリケーションなどを作ることができます。 AWSではすでに、サードパーティの開発ツールをホストしていますが、今回のソリューションによってSAP HANA開発者のグローバルエコシステムをさらに拡大します。開発者はSAP Community Networkのページにある「SAP HANA Developer Center」のページから登録することができます。 また、SAPは「SAP Startup Focus…

Read more

SAPジャパン、SAP HANA®で強化されたグローバル経営管理アプリケーションを一般提供開始へ

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、SAP HANA® プラットフォームによって強化されたグローバル経営管理アプリケーション「SAP® Planning and Consolidation(エスエーピー プランニング アンド コンソリデーション)(注)」の一般提供を本日より開始することを発表しました。これにより、企業における計画、予算、予測業務の効率を劇的に向上させることができます。 今回提供を開始するSAP Planning and Consolidation V10.0 SAP NetWeaver®対応版は、企業の予算編成、計画策定に代表されるグローバルでの経営管理要件をサポートするアプリケーションで、SAP HANAにより強化されたSAP NetWeaver Business Warehouseをサポートする最初のアプリケーションとなります。SAP HANAに対応することで、例えば、50万レコード以上の巨大なレポートを作成するクエリーを従来の21倍、予算データの登録であれば従来の3倍の速さで実現するなど、処理能力を飛躍的に向上し、企業がビッグデータを活用してより精緻な計画の策定と実行の管理をリアルタイムに行うための俊敏性を提供します。 SAP…

Read more

No more items to load

No more items to load

← Older posts

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む