SAP Predictive Analytics

SAPジャパン、ヤフー株式会社の1,800万人を超える「Yahoo!プレミアム」会員向けのサービス基盤強化に「SAP® Predictive Analytics」を導入

SAPジャパン株式会社と株式会社ブレインパッドは、このたびヤフー株式会社の「Yahoo!プレミアム」会員向けのサービス基盤強化において、SAPの機械学習ソリューション「SAP® Predictive Analytics」を導入したことを発表します。

Read more

SAP、組織の垣根を越えた予測分析を実現

社内の全従業員を対象に、ビッグデータやIoTなどのデータソースからトレンドやパターンを発見可能な「SAP® Predictive Analytics 2.0」を提供開始 (本リリースは、3月10日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、SAP® Predictive AnalysisとSAP InfiniteInsight®ソリューションの機能を兼備した「SAP® Predictive Analytics 2.0(エスエーピー・プレディクティブ・アナリティクス)」の提供開始を発表しました。今回の最新版ソフトウェアは、シンプルな操作と優れた機能性、生産性を特長とし、社内全体のビジネスユーザ、ビジネスアナリスト、データサイエンティストが予測分析機能を活用可能です。ビジネス機会をリアルタイムで特定し、迅速・正確な予測を行うことで、戦略的な意思決定が可能となります。 SAP Predictive Analyticsは、統合型の予測分析アプローチを採用しており、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、SAPおよびサードパーティの既存のデータソースから、トレンドやパターンを見出すことができます。本ソフトウェアを使用し、より効果的な洞察をリアルタイムで得ることで、顧客の行動への理解を深め、顧客対応を向上させて、目に見えるビジネス価値を実現することで、最終的には企業の収益性を向上へと導くことが可能です。 SAP Analytics ソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのクレメンス・プレンドル(Clemens Praendl)は、次のように述べています。「データソースとデータセンサーの増大や、実用的な洞察への需要の高まりに伴い、予測分析については、より広範な利用環境が求められています。SAP Predictive Analyticsは、複雑な予測機能をより多くのユーザにご利用いただくことで、スキルの溝を埋められる製品となっています。これまで以上に多彩なアプリケーションやビジネスプロセスに予測結果を取り入れることで、これまで見逃してきた隠れたパターンを特定し、新たなビジネスチャンスを発見することや、既存のチャンスを拡大することが可能です」 SAP…

Read more

No more items to load

No more items to load

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む