SAPとSwiss Re社、再保険および保険会社の財務報告と業務運営のための共同イノベーションを開始

プレスリリース — (本リリースは、2月2日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) SAP SE(NYSE: SAP)は本日、再保険、保険、ならびにその他保険ベースのリスク移転商品を提供する世界有数のプロバイダーSwiss Re(スイス・リー)社と共同で、戦略的イノベーションを開始すると発表しました。両社は、保険会社の財務運営および報告に関連して、世界中の規制当局の複雑さを増す要望に対応するためのソリューションを共同で構築します。

続きを読む

ニッセイ情報テクノロジーとSAPジャパン、保険業界におけるビジネスで協業

Tokyo — ニッセイ情報テクノロジー株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:小林 研一、以下NISSAY IT)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)は、保険ビジネスにおける戦略的協業体制を構築したことを発表します。 SAPジャパンの次世代保険プラットフォーム上に、NISSAY ITが豊富な保険業務知識や金融機関向けのシステム導入ノウハウにより保険業界向けシステムを開発することで、両社は双方の強みを活かした保険ソリューションの共同販売体制を構築します。 両社は戦略的協業において、以下のようなデジタルエコノミー時代の戦略的な取組検討を開始します。 • Risk&Finance最適化ソリューション 近年、保険会社がグローバル化する中でIFRS適用が喫緊の課題となり、保険会社特有の保険負債の時価評価や金融商品会計への対応ニーズが高まっています。 これに対し NISSAY ITが持つ保険会計知識・実績と SAPが持つグローバルのプラクティスを活用し、会計業務だけでなく、経営や財務、リスク管理業務に必要な情報基盤の提供も行うことで、多面的な財務・収益、リスクの一元的なデータ可視化が可能になります。 • デジタルネットワーク・サービス SAP HANA®プラットフォームを活用したカスタマーエクスペリエンス、オムニチャネル、IoT、ビッグデータ等のデータ解析基盤が新たな企業価値を創造し、競争力を高めます。 • レガシーモダナイゼーション最適化ソリューション 高コストかつ制約要件の多い現行レガシーシステムからデジタルエコノミー時代に最適な新プラットフォームへのデータ移行を支援します。 • 共同研究開発プロジェクト…

続きを読む

国際的保険グループのAgeas、SAPの支援によりクラウド型エンド・ツー・エンド・エンタープライズ保険ソフトウェアを業界で初採用

(本リリースは、10月22日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) Walldorf — SAP SE(NYSE: SAP)は、190年を超える歴史を持つ国際的保険グループのAgeas(アジアス)が、業界初のクラウド型エンド・ツー・エンド保険ソフトウェアを、1社のソフトウェアベンダーの提供により購入したと発表しました。このクラウド型エンタープライズ保険ソフトウェアは、保険販売事業から財務までの保険業務プロセスの効率化を図る包括的な保険パッケージソリューションです。このソフトウェアは、フロントオフィスからバックオフィスまでの業務プロセスを含む保険ビジネスのライフサイクル全体をサポートし、クラウドでビジネス展開を行う保険会社を支援するSAPの包括的な統合ソリューションです。 Ageasは銀行や小売業者とのパートナーシップによる保険販売に特化しており、現在、東南アジアの新市場に事業を拡大しています。 Ageasでアジア事業開発を担当する地域ディレクターのハンス・ファン・ヴァンカイジェ(Hans Van Wuijckhuijse)氏は次のように述べています。「フィリピンの新しい合弁会社で、この統合ソリューションを立ち上げる予定です。さらにほかの新市場でもこの新しいソリューションポートフォリオを利用することになるでしょう。Ageasでは、本業の傍ら社内で中規模のテクノロジーサービス事業も運用していましたが、SAPが提供する次世代エンタープライズソフトウェアを組み合わせたこの包括的なソリューションを導入することで、中核業務とお客様にフォーカスすることができるようになります。これまでは、複数のシステムインテグレーターが関与し、複数のプロバイダーが提供する数多くのシステムを調整するのに苦慮してきました。今回の包括的なSAPソリューションは、SaaS(サース)での一貫した責任をSAPが負うことと相まって、新市場での事業立ち上げと展開に対して必要とされる迅速性をAgeasにもたらすことになります」 このホスト型エンド・ツー・エンド・エンタープライズ保険ソフトウェアは、SAP S/4HANA上で構築され、SAP HANA®プラットフォームを通してシンプルな形でのカスタマーエンゲージメントツールを提供します。このプラットフォームには、30を超えるSAPソリューションと、SAP傘下のhybrisが提供するソフトウェアを活用したオムニチャネル機能が含まれています。中核となる保険ソリューションでは、契約管理、保険見積、アンダーライティング、保険金請求、手数料、収納、支払の各業務に加え、財務、調達、人事のほか、企業全体での分析をサポートします。これらがすべて、完全に管理された安全性の高いクラウド、SAP HANA Enterprise Cloud上に導入され、高い柔軟性と市場参入までの期間短縮を実現します。 SAPのファイナンシャルサービスのグローバル責任者であるロス・ウェインライト(Ross Wainwright)は次のように述べています。「これはこの業界に変革を起こす開発と言えます。特に保険会社は、消費者が力を持つ今の市場、そしてあらゆるものがますますデジタル化する世界に対処しなければなりません。保険業界にはこれまで、このような包括的なクラウドソリューションがありませんでした。SAP HANAプラットフォームのパワフルなインメモリーコンピューティングと、リアルタイムのビジネスインサイトで、保険業界のIT革命をリードすることが可能となり大変光栄です」 SAPは、強力なプラットフォーム機能だけでなく、サブスクリプションからサービス、トレーニングやサポートに至るまで、シンプルなエンド・ツー・エンドの契約モデルを提供する予定です。これにより、AgeasはIT管理とサポートをさらに合理化して、総所有コストの削減と市場参入までの期間短縮を実現できます。また、事業部全体で業務の俊敏性を高め、透明性とコンプライアンスを確保できます。包括的な統合保険ソリューションセットをクラウドで提供することで、従来のばらばらだったシステムと比べ、今後5年間で20~40%のコスト削減が期待されています。また、従量制モデルなので、ITの初期費用も不要になります。SAPが提供するエンド・ツー・エンド・エンタープライズソフトウェアは業務を合理化します。従来はROIを回収するまでにかかる期間が3~5年でしたが、わずか18~20カ月で達成できます。 長年にわたり世界中の5,000社を超える保険会社に携わってきた経験を持つSAPは、保険会社が直面する課題とチャンスを熟知しており、この業界とともに成長に向けて取り組んでいます。SAPのテクノロジーと保険ソリューションについての詳細は、sap.com/insuranceをご覧ください。 以上 SAPについて SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。 企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国296,000社以上の顧客企業に利用されています。…

続きを読む

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む