SAP、COVID-19危機下で力強い第2四半期の業績を事前発表

(本リリースは、7月8日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、2020年第2四半期業績の初期レビューの後、2020年6月30日に終了した第2四半期の予備財務業績を発表しました。

SAPが、COVID-19危機の只中で力強い第2四半期の業績を事前に発表 – 営業利益と営業利益率が大幅に増加

  • IFRSベースのクラウド売上21%増、Non-IFRSベースのクラウド売上19%増
  • 進行中のクラウドのバックログ20%増
  • ソフトウェアライセンス売上18%減、第1四半期から引き続き大幅に改善
  • IFRSベースのクラウドおよびソフトウェア売上4%増、Non-IFRSベースのクラウドおよびソフトウェア売上3%増
  • IFRSベースの営業利益55%増、Non-IFRSベースの営業利益8%増
  • IFRSベースの営業利益率5パーセンテージポイント増、Non-IFRSベースの営業利益率1.8パーセンテージポイント増
  • 2020年の見通しに変更なし

SAP CEOのクリスチャン・クライン(Christian Klein)は次のように述べています。「この非常に困難な状況を無事に切り抜け、予想を上回る四半期業績を上げたSAPの各チームに心からの賞賛を送ります。お客様が、回復力、収益性、サステナビリティを促進するためにSAPのインテリジェントエンタープライズに注目していることは明らかです。当社のポートフォリオは、お客様の望むこの種の事業変革を推進する鍵となります。世界でも最も重要で失敗の許されないビジネスプロセスを稼動させているのは、SAPのアプリケーションだからです。その結果、当社のお客様はこの危機をかえって強力な業績向上の機会としています。SAPは、これまでの戦略どおりに、インダストリークラウドなどの成長推進要因への投資を続けます」

SAP CFOのルカ・ムチッチ(Luka Mucic)は次のように述べています。「SAPの幅広いソリューションポートフォリオ、また予測可能性の高い売上という強固な基盤と結び付いた比類のない業種および地域の多様性により、今四半期のCOVID-19危機を切り抜けることができました。アジアでのソフトウェアライセンス売上は堅調に回復しました。当社がコスト面で危機にすばやく対応したことが、営業利益と営業利益率の大幅な増加に寄与しました」

 

第2四半期最新情報

SAP SE(NYSE:SAP)は、2020年第2四半期業績の初期レビューの後、2020年6月30日に終了した第2四半期の予備財務業績を発表しました。本発表の予備的な性質およびCOVID-19危機に関連する不確実性のゆえに、このリリースに記載されたすべての2020年の数値は概算値になります。

COVID-19危機が世界中に広まったのは主に第1四半期の最終月でしたが、その後第2四半期が経過するにつれて、事業活動は徐々に上向いてきました。ソフトウェアライセンス売上は、まだ通常レベルを下回っているものの、予想を超えて回復しました。特にアジア太平洋および日本地域では、ソフトウェアライセンス売上が大幅に回復しました。第2四半期のクラウド売上には、COVID-19危機の結果として消費ベースの取引売上が減少した影響が表れました。進行中のクラウドのバックログは、デジタルサプライチェーン、eコマース、クラウドプラットフォーム、およびQualtricsソリューションに対する高い需要が続き、強い勢いを維持しました。

SAPの事業は、バーチャルセールスとリモート導入を主力とする戦略によって、引き続き効果的に運用されています。SAPは収益性を維持するため、出張、施設関連の作業を控えたコストの自然減やイベントの仮想化に加えて、採用を遅らせたり、裁量支出を削減したりして、COVID-19危機にすばやく対応しました。好調な売上高とこうした迅速な行動があいまって、困難なマクロ環境にもかかわらず営業利益と営業利益率の増加をもたらしました。

SAPの長期的な戦略および見通しへの真摯な取り組みは変わりません。SAPは、COVID-19危機から脱却し、競争力をさらに強化するため、イノベーションへの投資を続けていきます。

 

財務パフォーマンス

第2四半期のクラウド売上はIFRSベースで前年同期比21%増の20億4,000万ユーロ、Non-IFRSベースで19%増の20億4,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで18%増でした。進行中のクラウドのバックログは、20%増の66億5,000万ユーロ(固定通貨換算ベースで21%増)と予想されています。ソフトウェアライセンス売上はIFRSおよびNon-IFRSベースで前年同期比18%減の7億7,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで18%減となり、第1四半期から引き続き大幅に改善しました。クラウドおよびソフトウェア売上は、IFRSベースで前年同期比4%増の57億1,000万ユーロ、Non-IFRSベースで3%増の57億1,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで3%増でした。総売上はIFRSベースで前年同期比2%増の67億4,000万ユーロ、Non-IFRSベースで1%増の67億4,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで1%増でした。

第2四半期の予測性の高い売上の比率は前年同期比約5パーセンテージポイント増の約73%に達しました。

第2四半期の営業利益はIFRSベースで前年同期比55%増の12億8,000万ユーロ、Non-IFRSベースで8%増の19億6,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで7%増でした。

第2四半期の営業利益率はIFRSベースで前年同期比6.5パーセンテージポイント増の19.0%、Non-IFRSベースで前年同期比1.8パーセンテージポイント増の29.1%、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで1.6パーセンテージポイント増の28.9%でした。

前半6カ月のクラウド売上はIFRSベースで前年同期比25%増の40億5,000万ユーロ、Non-IFRSベースで23%増の40億6,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで22%増でした。ソフトウェアライセンス売上は、IFRSおよびNon-IFRSベースで前年同期比23%減の12億2,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで23%減でした。クラウドおよびソフトウェア売上は、IFRSおよびNon-IFRSベースで前年同期比5%増の111億1,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで4%増でした。総売上はIFRSベースで前年同期比4%増の132億6,000万ユーロ、Non-IFRSベースで4%増の132億7,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで3%増でした。

前半の6カ月の営業利益はIFRSベースで前年同期比100%超増の24億9,000万ユーロ、Non-IFRSベースで5%増の34億4,000万ユーロ、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで4%増でした。

前半の6カ月の営業利益率はIFRSベースで前年同期比13.4パーセンテージポイント増の18.8%、Non-IFRSベースで前年同期比0.3パーセンテージポイント増の26.0%、Non-IFRSの固定通貨換算ベースで0.2パーセンテージポイント増の25.9%でした。

Non-IFRSベースの調整
Non-IFRSベースの売上基準とそれに対応するIFRSベースの売上基準の合計差異は、企業結合時価主義会計の影響を調整した結果です。

個々の調整済み費用および売上カテゴリー、SAPがNon-IFRSベースの測定値を提供する理由、およびSAPのNon-IFRSベースの測定値の制限事項の詳細については、https://www.sap.com/docs/download/investors/2020/sap-2020-q1-performance-measures.pdfをご覧ください。

 

2020年度の見通し

4月21日付の2020年第1四半期決算発表で公開された2020年度の見通しに変わりはありません。この見通しの維持は、第3および第4四半期には経済の再開が進み、ロックダウンが緩和されるのに伴って需要状況が徐々に回復するとの想定に基づいています。

Non-IFRSベースのクラウド売上見込みが、固定通貨換算ベースで18%~24%増の83億ユーロ~87億ユーロ(2019年=70億1,000万ユーロ)。

Non-IFRSベースのクラウドおよびソフトウェア売上見込みが、固定通貨換算ベースで1%~4%増の234億ユーロ~240億ユーロ(2019年=230億9,000万ユーロ)。

Non-IFRSベースの総売上見込みが、固定通貨換算ベースで1%~3%増の278億ユーロ~285億ユーロ(2019年=276億3,000万ユーロ)。

Non-IFRSベースの営業利益見込みが、固定通貨換算ベースで1%減~6%増の81億ユーロ~87億ユーロ(2019年=82億1,000万ユーロ)。

予測可能性の高い売上(クラウド売上とソフトウェアサポート売上の合計として定義)の比率が約72%に達する見込み。

SAPの2020年通年の見通しは固定通貨換算ベースですが、実通貨ベースで報告される数値については、為替レートの変動による影響を今後も年間を通して受ける見込みです。

 

2023年度目標

SAPは2020年第1四半期決算発表で公開した2023年の目標を確定しました。

完全な2020年第2四半期の実績が7月27日に発表されるまで、SAPからこの件について追加の発表はありません。完全な決算発表の際には、第2四半期のさらに詳細な情報とともに、2020年通年の実績予想が公開されます。

参照情報
本プレスリリースおよびそれに含まれるすべての情報は予備的であり未監査です。

2019年前半期の比較数値には、Qualtrics社の売上および利益が買収日である1月23日以降分のみ含まれます。

2020年第2四半期決算発表
SAPの2020年第2四半期決算発表は2020年7月27日に公開され、www.sap.com/investorからダウンロードできるようになります。

Webcast
SAPのシニアマネージメントは、7月27日(月)の2:00 PM(CET)/1:00 PM(GMT)/8:00 AM(Eastern)/5:00 AM(Pacific)から、金融アナリスト向けのカンファレンスコールを開催いたします。カンファレンスコールは、SAPのウェブサイトwww.sap.com/investorにおいてウェブキャストで生放送されます。後で再生することも可能です。第2四半期の実績に関する補足的な財務情報については、www.sap.com/investorをご覧ください。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。