SiemensとSAP、産業変革の加速へ向けて連携

(本リリースは、7月14日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

Siemens社(以下、Siemens)とSAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)は、業界における両社の専門知識を活用し、両社の製品ライフサイクル、サプライチェーン、および設備資産管理のソフトウェアソリューションを強化しながら統合する新たなパートナーシップの締結を発表しました。これによってお客様は、グローバルな業界の変革を加速する新たなイノベーションとコラボレーティブなビジネスモデルを実現することができます。

  • 業界のリーダーであるSiemensとSAPは、製品ライフサイクル、サプライチェーン、設備資産管理を含むエンド・ツー・エンドの統合ソフトウェアソリューションを共同で提供します。
  • このパートナーシップでは、両社の専門知識とテクノロジーを活用したデジタルスレッドにより、企業におけるプロセスと情報のサイロの解消を支援し、デジタル化を推進し、インダストリー4.0(第4次産業革命)に対応した包括的なソリューションを提供します。
  • SAPは、SiemensのTeamcenter®ソフトウェアを製品データ管理の基盤として提供します。Siemensは、SAP® Intelligent Asset ManagementソリューションとSAP® Portfolio and Project Managementアプリケーションを提供することで、製品とサービスのライフサイクル全体を通して顧客のビジネス価値を最大限に拡大し、製造業者と運用者の新しい連携プロセスを実現します。

この合意に基づき、SiemensとSAPはそれぞれの製品を相互に補完しながら統合することで、製品ライフサイクル管理(PLM)、サプライチェーン、設備資産管理を含む強力な統合ソリューションを初めてお客様に提供できるようになります。これにより、お客様は製品や設備資産のすべての仮想モデルやシミュレーションと、リアルタイムのビジネス情報、フィードバック、パフォーマンスデータをライフサイクル全体において統合することができ、真のデジタルスレッドを構築できます。

Siemensの取締役で、Siemens Digital Industries社のCEOを務めるクラウス・ヘルムリッヒ(Klaus Helmrich)氏は次のように述べています。「デジタル変革は製造業界が生産性と柔軟性を高め、イノベーションを加速させるために不可欠です。そのためには企業が新たな方法で連携し、デジタルエンタープライズを実現させる必要があります。業界リーダー2社によるこのコラボレーションは、相互運用性とインターフェースのためだけではありません。真の統合デジタルスレッドを構築して、製品と設備資産のライフサイクル管理とビジネスを結び付け、お客様の製品生産を最適化することが目的です」

企業では数十年にわたってエンジニアリングとビジネスがサイロ化されてきました。この新しいパートナーシップによって顧客中心の製品やサービスを迅速に構築および管理できるよう必要な情報を製造業者、製品設計チーム、サービスマネージャーに提供し、サイロを解消できるよう支援します。

SAP製品エンジニアリング担当のエグゼクティブ・ボード・メンバーを務めるトーマス・ザウアーエシッヒ(Thomas Saueressig)は次のように述べています。「よりスマートな製品や設備資産を設計して提供する製造業者にとって、ネットワーク全体に分散したリアルタイムのビジネス情報にアクセスできることは、より高度な新しいイノベーションをより短期間で市場に投入する上で非常に重要です。SiemensとSAPの専門知識を結集してインダストリー4.0に対応したビジネスプロセスを提供することで、企業は製品と設備資産のライフサイクル全体を網羅するデジタルスレッドを構築できます。このエンド・ツー・エンド・ソリューションにより、ビジネスネットワーク全体で複数のチームが効率的に連携し、高い生産性、収益性、持続可能性を維持しながら革新的な製品を設計および提供できるようになります」

SiemensとSAPは、将来的には両社のテクノロジーを統合した新しいソリューションを提供する予定です。これによって企業はインテリジェントなアセットと製品を使用してインダストリー4.0に対応するデータを活用し、市場投入までの期間を短縮できるようになります。また、企業には、製品設計からサービスおよび設備資産管理までを含む包括的なソリューションを活用して、顧客インサイトを製品開発に生かせるというメリットもあります。このパートナーシップの最初のステップとして、SAPはSiemensのTeamcenterソフトウェアを製品ライフサイクルコラボレーションとデータ管理のコア基盤として提供します。一方、SiemensはSAP Intelligent Asset ManagementおよびSAP Portfolio and Project Managementソフトウェアを提供し、ネットワーク全体の製造業者と運用者のビジネス価値を最大限に拡大します。SiemensとSAPは、エンド・ツー・エンドのライフサイクルの視点から共同でアプリケーションを開発し、お客様がデジタルスレッドをシームレスに構築して全体的な業績改善を実現できるよう支援します。

IDC社の業界調査担当シニア・バイス・プレジデントを務めるボブ・パーカー(Bob Parker)氏は次のように述べています。「SiemensのTeamcenterとSAP S/4HANA®ソフトウェアを統合することで、企業は製品の設計から使用停止までを含むエンド・ツー・エンドのプロセスに対応できるようになります。PLM、ERP、設備資産管理、サプライチェーンのアプリケーションを事前統合することによるIT上のメリットと、変化する市場の要求により回復力をもって対応できるようになるビジネス上のメリットを生み出すこの統合は、デジタル経済における競争優位性の獲得を目指す企業にとって非常に魅力的です」

以上

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。