スタートアップ企業がまだ利用されていないデータから SAPのお客様向けの新しいビジネス機会を引き出せるように支援

(本リリースは、10月5日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、データとアナリティクスにフォーカスした最初のSAP.iO Foundry Berlinスタートアップアクセラレータープログラムを発表しました。

B2B分野におけるデータとアナリティクスの独自の機会にフォーカスし、SAP HANA®およびAnalyticsチームの協力を得て行われる秋のコホートプログラムに参加する7社のスタートアップ企業が選ばれました。

SAP HANAおよびAnalytics担当のプレジデントを務めるゲリット・カッツマイヤー(Gerrit Kazmaier)は次のように述べています。「企業は、今、蛇口から流れ続ける水のように、事実上すべての場所から事業部門に流れ込む大量のデータに直面しています。SAPのミッションは、このまだ利用されていないリソースをすべての人にビジネス価値をもたらすことができる大きな力に変えることです。顧客のためにデータを使用できるように、人々とデータをつなげる方法を考えることは本当に重要です。データは膨大にあります。想像力を駆使してデータに取り組む必要があります」

SAP.iO Foundry Berlinは、SAPのイノベーションを加速させ新しいビジネスモデルを推進することを目的としたSAPの戦略事業単位における取り組みの一つです。SAP.iO Foundryプログラムは、戦略的なスタートアップハブの役割を果たすエクイティなしのアクセラレータープログラムのグローバルネットワークです。このプログラムでは、メンターによる支援、SAPのテクノロジーによる連携、SAPのお客様に会い、コラボレーションする機会がスタートアップ企業に提供されます。

選ばれたスタートアップ企業はSAPのメンターと密接に連携し、PoC(概念実証)の開発、SAPのテクノロジーとAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の利用、SAPのお客様とのコラボレーション機会の特定を行います。プログラムの中核となるのはSAPのお客様との対話です。SAPのお客様は、プログラム期間中だけでなくそれ以降もスタートアップ企業に貴重なインサイトとガイダンスを提供してくれます。このプログラムは3カ月間実施され、1月初旬に開催されるDemo day(最終成果発表会)で完結します。

コホートプログラムの対象となったスタートアップ企業とそのソリューションは次のとおりです。

  • C2RO社は、カナダを拠点とするAI企業で、プライバシーに配慮した物理空間のAI動画分析を提供しています。同社は、既存の監視カメラと、GDPRに準拠した独自仕様のエッジクラウドAIを使用して、人物の行動、デモグラフィック属性、移動を正確に分析します。Googleアナリティクスがデジタル世界を一変させたように、C2ROは物理世界に変革をもたらしています。
  • datazeit社は、Webとソーシャルメディアに隠れた情報を見つけ出し、エンド・ツー・エンドのデータインテリジェンスを提供してデジタルビジネス変革を加速させます。
  • Teamcoreは、商品棚の在庫状況と販売機会の損失を特定します。店舗の売上データ、在庫データ、店内データを機械学習(ML)アルゴリズムで処理した後でタスクに優先順位を付けます。このプラットフォームでは、小売販売および操業チーム全体を対象に問題解決ワークフローを作成することで、構造化された販売手法を確立し、食品・消費財会社が店頭エクセキューションを改善できるようにします。
  • aiは、MLの手法と人間のメタデータを駆使して、さまざまな分野のトレンドのライフサイクル全体を通して、世界の文化の変化を早期に見つける知能増幅プラットフォームです。
  • Stylumia社は、ファッション、ライフスタイル、スポーツ、住宅の検証、予測、デザイン生成の問題を解決します。同社のデータ主導のアプローチでは、消費者の需要感知とクライアントの独自データを組み合わせて、状況に適した検証、予測、生成を行います。
  • Ubermetrics社の新しいエンタープライズ・インテリジェンス・ソリューションでは、ビジネスクリティカルなイベントに関する実用性の高いシグナルを提供します。Ubermetrics社は最新のAIテクノロジーを使用して、何百万件ものソースから得た公開情報から、サプライヤーでのストライキ、競合他社の製品リリースなど、50個以上のカテゴリーに分類された意味のあるイベントを抽出します。
  • ZEPL社は、AI主導のアプリケーションを提供して、非常に大量のデータが関与するビジネス上の課題を解決しようとしている企業をサポートする、企業向けのデータサイエンスとガバナンスのSaaSソリューションを提供しています。

SAP.iOプログラムについて、またSAPがSAP内外のイノベーターの製品構築、顧客開拓、業界変革をどのように支援しているかについては、SAP.iOをご覧ください。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。