SAP、Taulia社の買収を完了

(本リリースは、3月10日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、運転資金管理ソリューションの大手プロバイダーであるTauliaの株式の過半数の取得を完了したことを発表しました。

J.P.モルガンは、引き続き同社のフィンテック事業への出資を維持します。

SAPのCFOであるルカ・ムチッチ(Luka Mucic)は次のように述べています。「Tauliaが当社のソリューションポートフォリオの正式な一部となったことで、当社は企業が財務の柔軟性と安定性を獲得し、回復力のあるサプライチェーンの実現に貢献することができます」

この買収により、SAPのビジネスネットワークはさらに拡大し、SAPのCFOオフィス向けソリューションが強化されます。Tauliaのソリューションは、SAPのソフトウェアに緊密に統合されるだけでなく、スタンドアローンでも引き続き利用できます。Tauliaは、SAPグループ内で独自のブランドを持つ独立企業として運営されます。

以上

 

 

SAPについて

SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com)