SAP女子育成・就労支援事業 第2期生の募集を開始


募集期間は2022年5月7日まで、プログラムは2022年5月16から8月31日まで実施予定

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)と株式会社MAIA(本社:東京都港区、代表取締役:月田有香、以下 MAIA)は、育児や介護をはじめとした様々な事情により就労に課題を抱えている全国の女性を対象に、今後さらなる需要が見込まれているSAP女子(人材)[*1]として育成・就労支援する事業において、第2期生の募集を開始したことをお知らせします。

本事業は、働き方に課題を抱えている全国の女性を対象とした育成と、一般就労だけではなく中間就労を含む柔軟な就労支援を行うプロジェクトです。対象の女性をSAP女子(人材)として育成することで高付加価値をつけて、能力発揮の場を創出し、社会における女性の活躍推進を目指します。

これにより、育児や介護等の状況により就労希望時間の異なる女性に対し、副業・兼業、フリーランス、契約社員、起業など様々な雇用形態とSAPプロジェクト案件をご紹介し、「女性が今、望みたい働き方」の実現を支援します。

第1期は、2021年9月から11月の間、全国で56人に育成・就労支援を行い、うち38名がSAPの認定試験に合格しテレワーク可能な企業プロジェクトへの就労を開始しています。

第2期は、2022年4月7日から5月7日まで募集し、SAP女子(人材)として3カ月の育成期間を終えた後、就労を目指します。

*1. SAP女子(人材):人材確保が急務とされているSAP製品の導入プロジェクトに携わるITエンジニアやSE、コンサルタントなど

 

SAP女子育成・就労支援事業 2期生 募集要項>

応募条件:オンラインで月30時間以上働ける成年女性の方(働く時間、時間帯等は柔軟に対応可)
同じチームメンバーと協調して働くことが出来る方
個人で応募出来る方(フリーランス、副業、兼業での応募可)
自らのスキルを磨き、チャレンジしようという意欲のある方
*その他詳細の募集要項は、応募専用ページにてご確認ください。(https://www.sap.maia.co.jp/)

募集期間:2022年4月7日(木)〜5月7日(土)
応募方法:下記URLにアクセスし、お申込みフォームから必要事項をご記入の上、お申込みください。
応募URL:https://www.sap.maia.co.jp/

 

<コメント>

本発表に際し、アビームコンサルティング株式会社様、デロイトトーマツ コンサルティング合同会社様、PwCコンサルティング合同会社様、株式会社ライフ&ワークス、株式会社SHIFT様より以下のコメントをいただいております。

 

アビームコンサルティングは、企業や組織とともに新たな未来を共創し、確かな変革に導く創造的パートナーとして、企業や社会の変革に貢献することを目指しています。
本取り組みを通じた女性活躍の更なる推進によって、企業や社会の変革を支える人材が輩出され、共に企業や社会の成長に寄与できることを大変光栄に思います。

アビームコンサルティング株式会社/代表取締役社長 鴨居 達哉

 

当社は、SAPジャパン株式会社と株式会社MAIAによる「SAP女子育成・就労支援事業における第2期生の募集開始」を心より歓迎いたします。コロナ禍を契機としたリモートワークの普及や働き方改革の取り組みにより育児や介護など様々な事情を抱えながらも、就労を両立できる環境が広く整ってきました。当社の調べにおいても特に女性のDXスキル取得・就労に対する意欲・継続性が高いことが分かっており、本プロジェクトが特に女性における働き方の課題を解決し、女性の社会活躍推進に寄与していくものだと確信しています。当社においても既に多くの女性DX人材が活躍されており、今回の取り組みを通じて意欲の高い“人財”をさらに積極的に受け入れていきたいと考えています。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社/代表執行役社長 佐瀬 真人

 

私たちは、SAP女子(人材)の就労機会を提供することで、働き方に課題を抱える全国の女性をサポートし、さらには社会における女性の活躍推進に貢献できることを光栄に思います。
本事業と当社の多様性を尊重し合うカルチャーは非常に親和性が高く、SAP女子(人材)の皆さまに存分に能力を発揮していただく機会を創出できると考えております。当社において本事業はITSC(ITソリューションコンサルタント)の女性職員がメインメンバーとなるタスクチームを中心に運営することを予定しております。これからもPwCコンサルティング合同会社は、「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というパーパスのもと、日本企業の成長と社会課題の解決を支えて参ります。

PwCコンサルティング合同会社/パートナー 鈴木 雅勝

 

東京都認定の『家庭と仕事の両立支援推進企業』でもある株式会社ライフ&ワークスです。私たちは、SAP女子育成・就労支援事業を応援しています。働き方に制限のある方にも、SAPの経験や知識を活かしフルリモート×フレックス×時短勤務など柔軟な働き方で活躍できる正社員雇用の環境を用意してお待ちしています。

株式会社ライフ&ワークス/代表取締役社長 秋葉 尊

 

業務経験ではなく、一人ひとりが持つ素養を見極めた人材採用と教育により、非IT人材のITエンジニアとしてのキャリア構築を推進しているSHIFTは、毎年1,500名をこえる人材を採用し、継続的な成長をとげています。「働き方の多様性」や「働き甲斐のある職場環境づくり」を社内でも積極推進し、蓄積した採用・育成ノウハウは、SAP女子の育成・就労支援にも貢献できるものと考えております。さらに、弊社教育サービス「ヒンシツ大学」がもつ教育資材の提供および、LMSを通じた人材育成の実施、認定検定試験を提供することで、この活動に賛同し、この取り組みを続けてまいります。

株式会社SHIFT /代表取締役社長 丹下 大

 

<プロジェクト推進協力企業・団体>

以下、順不同

 

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。(www.sap.com/japan )

株式会社MAIAについて

MAIAは、「人生100年時代に、”自分らしく生きる”未来を、共に創造する」をビジョンに掲げ、RPA等のIT人材教育や女性の働き方改革に尽力しています。ITツールの専門スキルを持つ女性たちが、様々なIT導入から開発、運用、最終的には企業内での自走化までをトータルでサポートいたします。
地方創生事業では、地産地消モデルとしてDX化の推進を図り、地域での女性の雇用創出と地域企業の生産性向上の実現をしていきます。


・本社所在地 : 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F
・設立 : 2017年11月
・代表者 : 代表取締役社長 月田 有香
・資本金 : 2,330万円
・ホームページ : https://www.maia.co.jp/
・事業内容 : 女性のデジタル人材の育成、新しい働き方の支援