SAP S/4HANA Cloudを採用事例

SAP、Inclusive Entrepreneur(インクルーシブアントレプレナー)が設立・主導するスタートアップ200社をサポートする目標を6カ月前倒しで達成

(本リリースは、7月28日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は本日、Inclusive Entrepreneur(インクルーシブアントレプレナー)によって設立または主導されるスタートアップのサポートが、2022年7月時点で200社に達したことを発表しました。当初目標の2023年より、6カ月早い達成になります。

2019年1月に、SAPは SAP.iO No Boundariesを開始しました。これは、ビジネスソフトウェア業界で過小評価されがちな起業家たちを支援し、排除のないインクルーシブな起業家精神を推進する初の取り組みです。SAPの認識では、多様性はより優れたイノベーションをもたらすにもかかわらず、ベンチャー投資の多くは、人口統計上きわめて狭い範囲の層によって設立・主導されるスタートアップに流れています。

このためSAPは、インクルーシブな起業家精神に重点を置き、ゼロエクイティ(株式の持ち分を求めない)の社外スタートアッププログラム SAP.iO Foundriesを世界の拠点で拡大することを約束しました。SAPはまた、Inclusive Entrepreneurによって設立・主導されているスタートアップを、2023年までに少なくとも200社サポートするという意欲的な目標を設定しました。この目標を達成するために、SAP.iO Foundriesプログラムは多様性豊かなチームを編成して、スタートアップの募集プロセスを明確に説明し、イベントの参加やInclusive Entrepreneurをサポートする組織との提携を進めてきました。

その結果、SAP.iOプログラムに参加する450のスタートアップで構成されるポートフォリオのうち、Inclusive Entrepreneurによるスタートアップは44%を占め、成功の測定に利用されるベンチマークでは、競合他社と同等かそれを上回っています。Inclusive Entrepreneurによるスタートアップは以下に相当します。

  • ポートフォリオのうち、プログラムを終了した企業の51%(35社のうち18社)
  • ポートフォリオのうち、ユニコーン企業の50%(4社のうち2社)
  • iOプログラム内でスタートアップによって調達された累積ベンチャー資本の42%(66億米ドルのうち27億米ドル)
  • SAPとのパートナーシップ拡大に至る可能性が高い

SAPのSAP.iO Foundries and Intrapreneurshipのグローバルヘッドを務めるアレクサ・ゴーマン(Alexa Gorman)は次のように述べています。「SAPは、人材は世界のあらゆる場所に一様に分散していると確信していますが、チャンスはそうではありません。起業家が世界のどこにいてもより多くのチャンスをつかめるようにすると同時に、SAPのお客様のイノベーションと価値を段階的に拡大するため、私たちにできることはすべて行っています。

スタートアップは、プログラムに参加している間、技術と市場参入に関するサポートを受けることによって、SAPとの統合を促進し、厳選されたエコシステムに参加して、自社のサービスをSAPのお客様に簡単に提供できるようになります。

SAP.iOプログラムで最も成功したスタートアップの1つは、女性が設立したCensia Incです。先日、Censia社のアプリは、SAP Storeサイトに提供されたパートナーソリューションのうち1%未満しか認定を獲得できない、SAP® Endorsed Appsに認定されました。Censia社は、履歴書のレビュー、積極的でない採用候補者の発掘、候補者評価に役立つAI活用のソフトウェアによって、SAPが提供する人事管理ソフトウェアを拡張します。Censia社は、SAPおよび大手ブランドのTapestry Inc.、TJ Maxx、PepsiCo Inc.などによる14件の導入を決定しています。

Censia社のCEOであるジョアンナ・ライリー(Joanna Riley)氏は次のように述べています。「私は、SAPが長年の経験から得た教訓を学んでビジネスに応用し、競合他社の一歩先を進んでいます。SAP.iOはスタートアップには貴重なリソースなので、どの企業にも、とりわけ大企業を取引先として事業を展開する場合、SAP.iOへの参加を検討するようお勧めします」

SAP.iO Foundriesプログラムは、その勢いに弾みをつける計画を立てています。2028年までに、スタートアップのうち、人口のシェアに比べてテクノロジー業界のベンチャー資本投資のシェアが低く、釣り合いの取れていない層の人々によって設立・主導された企業で、ポートフォリオの45%を構成したいと考えています。2018年のこの数字は40% でした。

プログラムでは、確かな実行戦略を継続するとともに、地理的な面で人口のシェアに釣り合うように企業を募集し、目標を達成しようと取り組んでいます。例えば、SAP.iO Foundriesは2022年に南米とカリブ諸島に範囲を拡大しました。また、すでにSAP.iO Foundriesを展開している地域では、ナイジェリアやパキスタンなど、特定の国に力を入れて取り組みます。

SAP.iOの支援を受けてスタートアップがどのようにSAPと連携し、事業の立ち上げと拡大を進めているかについては、https://sap.io/ をご覧ください。

以上

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェント・エンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2022 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。