SAPジャパンと三菱電機、一般送配電事業者向けのDX推進のため協業を開始

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)と三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役 執行役社長:漆間 啓、以下 三菱電機)は、このたび、一般送配電事業者向けのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進のためシステム分野において協業を開始しました。

2020年4月に施行された法的分離により、一般送配電事業者には電力の安定供給に加え、効率かつ公平で透明性の高い運用が求められています。また、カーボンニュートラル社会の実現に向けて、高度な運用が求められることから、DX推進による業務の効率化・高度化・高品質化が求められています。

今回の協業では、送配電事業の運営に係る監視制御から計測、さらには各種業務運用に関し、三菱電機が長年培ったさまざまな知見やシステムインテグレーションのノウハウと、SAPが持つ公益事業向けソリューションであるSAP S/4HANA® Utilitiesをはじめとする最新技術、およびグローバルナレッジとを組み合わせることで、一般送配電事業者におけるDXを推進し、カーボンニュートラル社会の実現を支援します。

具体的には、スマートメーターに代表される計測制御からエネルギーデータに基づく精算業務ならびに分析業務などの各種運用技術(OT)と情報技術(IT)の連携が重視されるソリューションやサービスの企画・販売を両社共同で行うことで、両社の強みを統合したソリューションの提供に努めてまいります。

以上