SAP、デジタル変革を支援する企業情報管理(EIM)ポートフォリオの最新版を発表

SAP SE(NYSE:SAP)は、デジタルトランスフォーメーション、クラウド、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、データ保護およびプライバシーに対応し、企業のデータをより上手く利用し管理するための企業情報管理(EIM)ポートフォリオの刷新について発表しました。

Read more

SAP、SAP® Leonardo Liveで新しいIoTソリューションを発表

SAP SE(NYSE:SAP)は、7月11日~12日にドイツ・フランクフルトで開催されたグローバルサミット、SAP® Leonardo Liveにおいて、モノのインターネット(IoT)を活用した新しいソリューション群を発表するとともに、IoTを含むイノベーションの最新テクノロジーと事例を紹介しました。

Read more

GEデジタルとSAP、産業用IoT(IIoT)推進へ向け提携

WALLDORF — (本リリースは、11月16日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) ● GEデジタルとSAPがテクノロジーと専門知識を活用 ● 両社のクラウド間の相互運用において協業 ● SAP Asset Intelligence Networkにおいても協業 ● 最初の取り組みとして石油・ガス業界のお客様に注力 ● 業界標準および参照アーキテクチャーに対する戦略を強化 SAP SE(NYSE: SAP)とGEデジタル(NYSE: GE)は、産業用IoT(IIoT)の分野において協業していく意向を発表しました。今回の発表の背景には、両社の産業用IoTに対する共通認識に加え、顧客企業の設備投資のさらなる効率化・コスト削減・有効活用を促進できる両社の強みがあります。 GEデジタルとSAPは、両社が持つ強みを活かし、GEデジタルのPredixオペレーティングシステムとSAP HANA Cloud Platformの統合を強化する取り組みに着手していきます。さらに、SAP Asset Intelligence Networkを含む設備管理分野における協業や、石油・ガス業界のお客様に向けて「モノからアウトプットへ」(Things to Outcomes)のビジョンを実現可能にするユースケースを設計する方針です。SAPのDigital Assets &…

Read more

SAP SQL Anywhereスイートの最新版を発表ミッションクリティカルなサービスがIoTやクラウドに拡張可能に

Tokyo — SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、エンタープライズレベルの性能を備え、アプリケーションへの埋め込みも可能な自己管理型RDBMS「SAP SQL Anywhere®」スイートの最新版であるバージョン17のリリースを本日から提供開始することを発表しました。本ソフトウェアはすでにグローバルでは1,200万以上のインストール実績を誇ります。 モノのインターネット(Internet of Things: IoT)システムやデータ集中型のモバイルアプリケーションは、SQL AnywhereとSAP HANA®プラットフォームによって可能となる新たなリモートデータ同期機能を活用することで、中央のエンタープライズシステムとネットワークのエッジに位置するリモートの拠点間でデータをセキュアに移動させることができます。 SAPのプラットフォーム・ソリューション・グループ、プラットフォーム・テクノロジーのバイスプレジデントであるケン・ツァイ(Ken Tsai)は、次のように述べています。「SAP SQL Anywhereの最新版では、大企業の小売店舗、レストラン、サテライトオフィスなどのリモートの現場で、エンタープライズデータをセキュアにキャプチャし、それらにアクセスでき、さらにSAP HANAにフィードバックすることができます。お客様はまた、低帯域または接続が断続的な遠く離れたロケーションにおいて、たとえオフラインであっても、必要なIoTのデータを収集・分析でき、重要なタスクを実行することができます。SAP HANAプラットフォームは、ネットワークのエッジにおける情報の広播性機能を含めていくことにより、お客様のオペレーションコスト削減や、現場作業員の生産性向上を支援し、お客様のための革新を継続して推進していきます」 SAP SQL Anywhereバージョン17は、主に3つの領域でメリットがあります。 幅広いIoTプラットフォームにおける高速パフォーマンスの実現 新バージョンでは、SQL Anywhereデータベースサーバーがスマートメーターや自動販売機のようなコンピュータ機器で稼働していても、配布先環境の変化を自動的に検出することができ、最適なパフォーマンスを提供します。 新しいデータベース管理者(DBA)コックピットとアプリケーションプロファイリングのツールが用意されたことで、モニタリングや診断機能が強化され、新たなIoTアプリケーションシナリオに対応しました。…

Read more

SAP、組織の垣根を越えた予測分析を実現

社内の全従業員を対象に、ビッグデータやIoTなどのデータソースからトレンドやパターンを発見可能な「SAP® Predictive Analytics 2.0」を提供開始 (本リリースは、3月10日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です) Tokyo — SAP SE(NYSE:SAP、以下SAP)は本日、SAP® Predictive AnalysisとSAP InfiniteInsight®ソリューションの機能を兼備した「SAP® Predictive Analytics 2.0(エスエーピー・プレディクティブ・アナリティクス)」の提供開始を発表しました。今回の最新版ソフトウェアは、シンプルな操作と優れた機能性、生産性を特長とし、社内全体のビジネスユーザ、ビジネスアナリスト、データサイエンティストが予測分析機能を活用可能です。ビジネス機会をリアルタイムで特定し、迅速・正確な予測を行うことで、戦略的な意思決定が可能となります。 SAP Predictive Analyticsは、統合型の予測分析アプローチを採用しており、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)、SAPおよびサードパーティの既存のデータソースから、トレンドやパターンを見出すことができます。本ソフトウェアを使用し、より効果的な洞察をリアルタイムで得ることで、顧客の行動への理解を深め、顧客対応を向上させて、目に見えるビジネス価値を実現することで、最終的には企業の収益性を向上へと導くことが可能です。 SAP Analytics ソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのクレメンス・プレンドル(Clemens Praendl)は、次のように述べています。「データソースとデータセンサーの増大や、実用的な洞察への需要の高まりに伴い、予測分析については、より広範な利用環境が求められています。SAP Predictive Analyticsは、複雑な予測機能をより多くのユーザにご利用いただくことで、スキルの溝を埋められる製品となっています。これまで以上に多彩なアプリケーションやビジネスプロセスに予測結果を取り入れることで、これまで見逃してきた隠れたパターンを特定し、新たなビジネスチャンスを発見することや、既存のチャンスを拡大することが可能です」 SAP…

Read more

No more items to load

No more items to load

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む