SAP BusinessObjects

東急建設、人材/組織の変革と経営基盤の充実に向け、 SAP® Analytics CloudとSAP® BusinessObjects™の目的に応じた ハイブリッド活用を開始

SAPジャパン株式会社は、大手総合建設業の東急建設株式会社が、中期経営計画に基づく3カ年のICT戦略にむけてデータの可視化や分析を強化するためにSAP® Analytics Cloudの活用を開始したことを発表しました。2003年からSAP® BusinessObjects™を活用してきた同社では、各事業部の多様な要求に対応するため、目的に応じてハイブリッドに活用しています。

続きを読む

関西電力、SAP S/4HANA®で火力設備保守管理システムを再構築

SAPジャパン株式会社は、関西電力株式会社が、SAPの最新ERPである「SAP S/4HANA®」、レポート出力の「SAP® BusinessObjects™」を採用し、本年3月から火力発電設備の保全業務を担う火力設備保守管理システムの本稼働を開始したことを発表しました。本プロジェクトは株式会社関電システムズ、およびコンサルティング会社のアクセンチュア株式会社が導入を支援しました。

続きを読む

伊藤忠商事、次世代全社統合データ基盤をSAP HANA®で構築し 付加価値の高いビジネスデータを提供

SAP ジャパン株式会社は、総合商社の伊藤忠商事株式会社が、インメモリープラットフォームのSAP HANA®および分析ツールのSAP® BusinessObjects™を使ってビジネスデータの分析を支援する次世代全社統合データ基盤を構築し、2018年5月から稼働を開始、全社規模で活用し分析業務の高度化・効率化を実現していることを発表しました。システムの導入には、SAPソリューションを最大限に活用するためのSAPのサポートサービス「Premium Engagements」を利用しました。

続きを読む

消費財業界大手のライオンが、SAP S/4HANA®をはじめとする SAPソリューションの採用を決定

SAPジャパン株式会社は、ライオン株式会社が、SAPの最新ERP「SAP S/4HANA® (エスエーピー・エスフォーハナ)」をはじめ、BIソリューションの「SAP® BusinessObjects™(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ)」、経営管理ソフトウェアの「SAP® Business Planning and Consolidation」、インメモリデータベースとして「SAP HANA®」 、および製造系の拡張ソリューションの採用を決定したことを発表しました。

続きを読む

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

← 古い投稿

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む