SAP、「SAPPHIRE NOW」でお客様の業務改善を推進する 新たなイノベーションを発表

SAP SE(NYSE:SAP)は、グローバルカンファレンスの 「SAPPHIRE NOW」において、SAP® Business Networkを発表しました。これはビジネス成果の向上、経済的、地政学的な状況変化への対応の強化、およびサステナビリティへの貢献拡大を実現する新たなビジネスコミュニティの構築に向けた大胆なビジョンの第1段階となります。

Read more

荏原製作所が、SAPの次世代ERP「SAP S/4HANA®」をはじめとする SAPソリューションを採用

SAPジャパン株式会社は、産業機械メーカーの株式会社荏原製作所が、グローバル一体経営への変革を実現するためのIT基盤構築をめざし、SAPの次世代ERPスイートの最新版「SAP S/4HANA®」(エスエーピー・エスフォーハナ)、人事クラウドの「SAP® SuccessFactors®(エスエーピー・サクセスファクターズ)」、調達・購買クラウドの「SAP® Ariba®(エスエーピー・アリバ)」、出張・経費管理クラウドの「SAP® Concur®(エスエーピー・コンカー)」を採用したことを発表しました。

Read more

SAP 2020年第4四半期決算発表 売上高は通年の見通しを上回り、営業利益とフリーキャッシュフローが好調に増加 クラウドでお客様のビジネス変革を加速する「RISE with SAP」

2020年度、IFRSベースのクラウド売上17%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースのクラウド売上18%増, カレント・クラウド・バックログ、固定通貨換算ベースで14%増の72億ユーロ, 2020年度、IFRSベースのクラウド売上総利益率は3.1パーセンテージポイント増の66.5%、Non-IFRSのクラウド売上総利益率は固定通貨換算ベースで1.3パーセンテージポイント増の69.6%に達する, 2020年度、IFRSベースの営業利益48%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースの営業利益4%増, 2020年度、IFRSベースの1株あたり利益56%増、Non-IFRSベースの1株あたり利益6%増, 2020年度、営業キャッシュフローは72億ユーロで前年比約2倍、フリーキャッシュフローは60億ユーロとなり、上方修正後の見通しを大幅に上回る, 顧客ネット・プロモーター・スコアが急上昇、従業員エンゲージメントインデックスが過去最高, 2021年の見通しはクラウドへの移行優先を反映, Qualtrics社のIPOが成功

Read more

NTT DATA Services社、SAPの調達ソリューションで 調達のデジタル変革を推進し、1億2,500万米ドルの価値を生み出す

SAP SE(NYSE: SAP)は、デジタルビジネスとITサービスのグローバルリーダーであるNTT DATA Services社が、SAPのインテリジェント支出管理ソリューションのフルスイートを導入したことを発表しました。これには、調達のためのSAP® Ariba®ソリューション、外部人材管理のためのSAP Fieldglass®ソリューション、および出張・経費管理のためのSAP® Concur®ソリューションが含まれます。

Read more

SAP、ガートナー社の2020年マジッククアドラントで Procure-to-Payスイート分野のリーダーに認定

SAP SE(NYSE:SAP)は、独立系調査会社のガートナー社が発行した2020年の「Magic Quadrant for Procure-to-Pay Suites(Procure-to-Payスイート分野のマジッククアドラント)」レポート においてリーダーに認定されたことを発表しました。このレポートでSAPがリーダーに認定されたのは、SAP® Ariba®ソリューションおよびSAP Fieldglass®ソリューションに続いて5年連続です。

Read more

SAP.iO Foundry Singapore、フィンテックおよび COVID-19リカバリー・アクセラレーション・プログラムを開始

SAP SE(NYSE:SAP)は、COVID-19からのリカバリー、フィンテック、および支出管理に重点を置いたSAP.iO Foundry Singapore Fall 2020アクセラレーションプログラムを開始しました。出張・経費管理ソリューションであるSAP® Concur®に対する投資からさらに価値を生み出せるよう、選ばれた企業間取引スタートアップがSAPのお客様を支援します。

Read more

SAP 2020年第3四半期決算発表 1株あたり利益とキャッシュフローが2桁の好調な増加 SAPがクラウドへの移行を加速し、2025年までにクラウド売上220億ユーロ超えを目指す

進行中のクラウドのバックログは固定通貨換算ベースで16%増の66億ユーロ、IFRSベースのクラウド売上総利益率は1.8パーセンテージポイント増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースでは0.7パーセンテージポイント増、IFRSベースの営業利益率は2.2パーセンテージポイント減、Non-IFRSベースの営業利益率は固定通貨換算ベースで1.3パーセンテージポイント増となり前年比好調、IFRSベースの1株あたり利益は26%増、Non-IFRSベースの1株あたり利益は31%増、営業キャッシュフローは54%増、フリーキャッシュフローは年初から現在までで79%増、2020年の見通しと中期的な目標を更新、2025年までの目標を大幅に拡大し、クラウド売上220億ユーロ超、予測可能性の高い売上の比率約85%、Non-IFRSベースのクラウド売上総利益率約80%を目指す、2023年から2025年までNon-IFRSベースの営業利益は2桁増加が目標

Read more

No more items to load

No more items to load

← Older posts

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む