SAP Fieldglass

SAPジャパンとクアルトリクス、SAP調達ソリューションの ソーシングから支払までのエクスペリエンスを強化する Qualtrics® XM for Suppliersの提供を開始

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)とクアルトリクス合同会社(国内本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:熊代 悟、以下クアルトリクス)は、新しいソリューションであるQualtrics® XM for Suppliersの提供を開始しました。企業や組織はこのソリューションを導入することで、ソーシングから支払に至る調達業務プロセス全体で改善が必要な領域を特定して、重要な供給資材の安定確保、一層のコスト削減、リスクの軽減、ビジネスの俊敏性の向上を促進できます。

Read more

世界的な医療技術企業のPhilips社、 SAPの「Procurement Reimagined」で未来の要員管理について語る

世界的な医療技術企業であるPhilips社と、世界的なMSP(マネージド・サービス・プロバイダー)であるRandstad Sourceright社のリーダー2社が、SAP SE(NYSE:SAP)が主催する新しいバーチャルイベント「Procurement Reimagined」の基調講演で、先が見えないこの時代にPhilips社が総合的な要員管理戦略によってどのように俊敏性を維持しているのかを発表しました。このイベントは、調達、サプライチェーン、外部人材管理のプロフェッショナル向けに開催されました。

Read more

SAP 2020年第3四半期決算発表 1株あたり利益とキャッシュフローが2桁の好調な増加 SAPがクラウドへの移行を加速し、2025年までにクラウド売上220億ユーロ超えを目指す

進行中のクラウドのバックログは固定通貨換算ベースで16%増の66億ユーロ、IFRSベースのクラウド売上総利益率は1.8パーセンテージポイント増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースでは0.7パーセンテージポイント増、IFRSベースの営業利益率は2.2パーセンテージポイント減、Non-IFRSベースの営業利益率は固定通貨換算ベースで1.3パーセンテージポイント増となり前年比好調、IFRSベースの1株あたり利益は26%増、Non-IFRSベースの1株あたり利益は31%増、営業キャッシュフローは54%増、フリーキャッシュフローは年初から現在までで79%増、2020年の見通しと中期的な目標を更新、2025年までの目標を大幅に拡大し、クラウド売上220億ユーロ超、予測可能性の高い売上の比率約85%、Non-IFRSベースのクラウド売上総利益率約80%を目指す、2023年から2025年までNon-IFRSベースの営業利益は2桁増加が目標

Read more

TAFE NSW、SAP® Ariba®ソリューションで3,300万豪ドルの削減を見込む

SAP SE(NYSE:SAP)は、オーストラリアの職業教育とトレーニングの主要なプロバイダーであるTAFE NSWが、調達システムの刷新と統合を行う大規模なデジタル変革の一環として、ソーシングから支払までを行うSAP® Ariba®ソリューションのフルスイートの本稼動を開始したことを発表しました。

Read more

大手企業がSAP®ソリューションで調達と外部人材管理のデジタル化を加速

SAP SE(NYSE:SAP)は本日、全世界の大手企業がSAP® Ariba®およびSAP Fieldglass®ソリューションを使用して、調達と外部人材管理のデジタル化を急速に進めていることを発表しました。経済が不安定なこの時期に、事業継続性の確保、効率向上、リスク軽減、および経費抑制に役立てるためです。

Read more

SAP、サプライチェーンと業界の課題に対処するイノベーションを提供:パンデミック後の時代に向けた持続可能性の組み込み

前例のない課題に直面する世界中の企業が、信頼できるインサイトが得られ、従業員、顧客、サプライヤーのサポート強化を支援するテクノロジーを求めています。このようなニーズに応えるため、SAP SE(NYSE:SAP)は、テクノロジーとソフトウェアだけにとどまらないイノベーションを進めています。SAPは、企業がサプライチェーンや業界固有のプロセスを改善し、ビジネスネットワークを介してつながり、ビジネスの重要な成功指標として持続可能性を組み込めるよう支援しています。この発表は、SAPPHIRE NOW® Convergeカンファレンスで行われました。

Read more

SAP.iO Fund、Andjaro社への投資により社内の人員配置マーケットプレイスとSAP® SuccessFactors®ソリューションを接続

SAP SE(NYSE:SAP)は、SAPの投資ファンドであるSAP.iO Fundが2回目の投資をAndjaro社に対して行ったことを発表しました。同社はパリを拠点とする企業で、ワークフォースをリアルタイムで最適化し、リモートワーカーの管理を支援します。総額1,340万ユーロのシリーズBラウンドを主導したのはIdinvest Partners社で、既存の投資会社であるBalderton Capital社も参加しています。

Read more

SAP 2020年第1四半期決算発表 COVID-19による危機の中でも総売上と営業利益増、フリーキャッシュフローが9%増と堅調な2020年のスタート

IFRSベースのクラウド売上29%増、Non-IFRSベースのクラウド売上27%増、IFRSベースのクラウド売上総利益率5パーセンテージポイント増、Non-IFRSベースのクラウド売上総利益率3パーセンテージポイント増、進行中のクラウドのバックログ25%増、総売上7%増、IFRSベースの営業利益は12億ユーロと好調に増加、Non-IFRSベースの営業利益は1%増の15億ユーロ、IFRSベースの営業利益率20.8パーセンテージポイント増、Non-IFRSベースの営業利益率1.3パーセンテージポイント減
IFRSベースの1株あたり利益は0.68ユーロと好調に増加、Non-IFRSベースの1株あたり利益は5%減の0.85ユーロ、営業キャッシュフロー6%増、フリーキャッシュフロー9%増

Read more

No more items to load

No more items to load

← Older posts

Follow SAP News

WhatsApp アップデート

申し込む