SAPとUber Freight、共同でネットワークを生かした オンデマンドロジスティクスを実現へ

SAP SE(NYSE:SAP)とUber Freightは、時代に即した運送業界を実現するためのパートナーシップにより、インテリジェントなプロセスオートメーションと、接続された信頼性の高いドライバーのネットワークへのアクセス改善を実現します。SAP Logistics Business NetworkとUber Freightの統合により、デジタル化されたUberの運送業者ネットワークから運送費を確認し、リアルタイムの見積もりを取得し、輸送能力を確保できるようになり、積載の管理と実行が大幅に簡素化されます。

続きを読む

SAP HANA®およびSAP® Cloud Platformを基盤とするスマート、シンプルかつセキュアなテクノロジーで、顧客のインテリジェントエンタープライズ化を実現

SAP SE(NYSE:SAP)は、同社が持つビジネスプロセスの高度な専門知識と、お客様およびパートナーとの密接なコラボレーションにより、お客様が競争を乗り越え、お客様の顧客に独自のエクスペリエンスを提供するために必要なサービスを提供することを発表しました。

続きを読む

SAPジャパン、すべてのビジネスユーザーのインテリジェントな意思決定を 支援する、最新版のSAP HANA®を発表

SAPジャパン株式会社は、機能強化したクラウドおよびオンプレミスのSAP HANA®データベースの最新版を本日から提供開始します。パフォーマンスが大幅に向上し、すべてのユーザーが重要なデータに即時にアクセスできるようになり、誰もがインメモリーコンピューティングのメリットを活用できます。

続きを読む

消費財業界大手のライオンが、SAP S/4HANA®をはじめとする SAPソリューションの採用を決定

SAPジャパン株式会社は、ライオン株式会社が、SAPの最新ERP「SAP S/4HANA® (エスエーピー・エスフォーハナ)」をはじめ、BIソリューションの「SAP® BusinessObjects™(エスエーピー・ビジネスオブジェクツ)」、経営管理ソフトウェアの「SAP® Business Planning and Consolidation」、インメモリデータベースとして「SAP HANA®」 、および製造系の拡張ソリューションの採用を決定したことを発表しました。

続きを読む

大分大学、SAPジャパン、ザイナス「防災・減災のための情報活用プラットフォームの構築」に向けた実証実験を開始

国立大学法人大分大学 減災・復興デザイン教育研究センター(本部:大分県大分市、学長:北野正剛、以下CERD)、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)、株式会社ザイナス(本社:大分県大分市、代表取締役社長:江藤 稔明、以下ザイナス)は、このたび、「防災・減災のための情報活用プラットフォーム(仮称:EDISON)」の構築に向けた実証実験を開始いたしました。この実証実験には、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社、ESRIジャパン株式会社が参画致します。

続きを読む

SAP、ガートナー社のマジッククアドラントで オペレーショナルデータベース管理システム分野のリーダーに 6年連続で認定

 SAP SE(NYSE:SAP)は、情報テクノロジー業界に関する大手調査分析会社のガートナー社によるレポート「Magic Quadrant for Operational Database Management Systems(DBMS)(オペレーショナルデータベース管理システム分野のマジッククアドラント)」でリーダーに認定されたことを発表しました。SAPはこの分野で2013年以来、リーダーの地位を維持し続けています。

続きを読む

SAPジャパンと白山工業が資本提携 ~世界の地震防災と設備保全への貢献をめざして~

SAPジャパン株式会社と白山工業株式会社は本日、資本提携契約を締結し、当契約に基づき白山工業が保有する自己株式をSAPジャパンが取得いたしました。今回の資本提携を機に、白山工業の持つ超高精度光センサー技術とSAPの持つ基幹業務ノウハウとビッグデータ技術を組み合わせ、世界各国のお客様の工場やプラント、インフラ分野における設備保全の効率化等に取り組んでまいります。

続きを読む

SAPとSwiss Re(スイス・リー)社の財務報告および業務運営に 関する共同イノベーションプロジェクトが 最初の開発ステージを完了

SAP SE(NYSE:SAP)は本日、再保険会社のSwiss Re社との共同イノベーションプロジェクトがその第一ステージを完了し、金融商品と保険契約のマルチGAAP会計プロセスに対応したことを発表しました。この結果、システムでIFRS第17号を含む複数の評価を生成できるようになりました。

続きを読む

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

← 古い投稿

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む