大和ハウス工業、SAP HANA®を使ったデータ分析基盤により グローバルな事業成長を支える情報活用を加速

SAPジャパン株式会社は、国内最大手ハウスメーカーの大和ハウス工業株式会社が、インメモリープラットフォームのSAP HANA®を使ってデータ分析基盤を構築し、全社の情報活用と経営状況のタイムリーな可視化を推進、加速していることを発表しました。

続きを読む

SAPのビジネス・テクノロジー・プラットフォーム、 インテリジェントエンタープライズ向けのデータエクセレンス・統合機能・拡張機能を拡大

SAP SE(NYSE: SAP)は、企業がデータをビジネス価値に変換できるように、SAPのビジネス・テクノロジー・プラットフォームポートフォリオへの新機能、機能強化、および統合機能の追加を発表しました。SAPのビジネス・テクノロジー・プラットフォームでは、開発者やビジネスユーザーが統合されたエンド・ツー・エンドのサービスとツールを使用して、データエクセレンス、プロセス統合、拡張というITの3つの主要領域における価値を実現できます。この内容は、SAPPHIRE NOW® Convergeカンファレンス(2020年6月15~19日にオンライン開催)で発表されました。

続きを読む

SAP 2020年第1四半期決算発表 COVID-19による危機の中でも総売上と営業利益増、フリーキャッシュフローが9%増と堅調な2020年のスタート

IFRSベースのクラウド売上29%増、Non-IFRSベースのクラウド売上27%増、IFRSベースのクラウド売上総利益率5パーセンテージポイント増、Non-IFRSベースのクラウド売上総利益率3パーセンテージポイント増、進行中のクラウドのバックログ25%増、総売上7%増、IFRSベースの営業利益は12億ユーロと好調に増加、Non-IFRSベースの営業利益は1%増の15億ユーロ、IFRSベースの営業利益率20.8パーセンテージポイント増、Non-IFRSベースの営業利益率1.3パーセンテージポイント減
IFRSベースの1株あたり利益は0.68ユーロと好調に増加、Non-IFRSベースの1株あたり利益は5%減の0.85ユーロ、営業キャッシュフロー6%増、フリーキャッシュフロー9%増

続きを読む

SAP HANA®を活用してイオングループ小売事業の経営管理基盤システムの一部刷新

SAPジャパン株式会社は、イオングループのIT機能会社であるイオンアイビス株式会社に、インメモリープラットフォームのSAP HANA®を提供しています。イオンアイビスは、イオングループの国内小売事業の経営管理基盤システムの一部としてSAP HANAを活用し、刷新しました。

続きを読む

伊藤忠商事、次世代全社統合データ基盤をSAP HANA®で構築し 付加価値の高いビジネスデータを提供

SAP ジャパン株式会社は、総合商社の伊藤忠商事株式会社が、インメモリープラットフォームのSAP HANA®および分析ツールのSAP® BusinessObjects™を使ってビジネスデータの分析を支援する次世代全社統合データ基盤を構築し、2018年5月から稼働を開始、全社規模で活用し分析業務の高度化・効率化を実現していることを発表しました。システムの導入には、SAPソリューションを最大限に活用するためのSAPのサポートサービス「Premium Engagements」を利用しました。

続きを読む

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

← 古い投稿

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む