SAP.iO Fund、GraphQLから データソースへのアクセスを提供するHasura社に投資

(本リリースは、2月28日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、SAPの投資ファンドであるSAP.iO Fundが、サンフランシスコとバンガロールを拠点とするHasura社に投資したことを発表しました。同社は、GraphQL APIを使用してデータアクセスとデータフローのツールおよびサービスを提供しています。

今後SAPはHasura社と協力して、SAP HANA®をサポートするとともにGraphQLのネイティブ機能をSAP® Cloud Platform Integrationスイートに提供します。シリーズAラウンドはVertex Ventures社が中心となり、既存の投資家であるNexus Venture PartnersやStrive VCも参加しています。

Hasura社のイベントエンジンを使えば、クラウドネイティブ/サーバーレスのビジネスロジックをGraphQL APIに簡単に統合できます。Hasuraは、コンシューマー向けに、宣言型のメタデータ設定および権限ポリシーを使用して、GraphQL APIをリアルタイムで自動的に生成します。既存および最新式のクラウドネイティブインフラストラクチャーと並行して、本稼働環境のミッションクリティカルなアプリケーションでGraphQLを使用でき、GraphQLサーバーの構築と維持に莫大なコストをかける必要はありません。

SAPのシニアバイスプレジデント兼SAP.iOのマネージングディレクターであるラム・ジャンブナサン(Ram Jambunathan)は次のように述べています。「SAPには、SAP Cloud Platformでアプリケーションを構築しているパートナーとお客様から構成される、強力なコミュニティーがあります。SAPはHasura社と協力して、GraphQLのデータアクセス機能を拡張およびサポートします。これによってお客様は、インテリジェントエンタープライズへの変革の一環として、SAPソリューションの機能を拡張できます」

ますます多くの企業がGraphQL Foundationに参加するなかで、Hasura社のオープンソース戦略は着実に開発者の支持を得てきました。現在では、ダウンロード数が2,800万を超え、GitHubで15,000以上のスターを獲得しています。JavaScript Rising Starsのレポートによれば、HasuraのGraphQLエンジンは2019年に最も急速に成長したプロジェクトの1つであり、成長著しいスタートアップだけでなく、世界最大規模のヘルスケア企業や金融サービス企業を含むFortune 500企業にも広く普及しています。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。