ペンシルバニア州立大学、SAPとLSI社の協力によりビジネスプロセスを最適

(本リリースは、7月16日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、ペンシルバニア州立大学がSAPパートナーのLSI Consulting(LSIコンサルティング)社の支援を受け、SAP S/4HANA®の導入をほぼ完了したと発表しました。同大学は、組み込み型のアナリティクス機能とAIがサポートするインテリジェントな自動化機能を備えた、SAPの統合ERPソリューションであるSAP S/4HANAを老朽化したシステムの代わりに導入し、ビジネスプロセスの最適化と調整を行っています。

2020年3月上旬からCOVID-19対策として外出制限が開始されたにもかかわらず、LSI Consulting社のプロジェクトチームは、2年間にわたるペンシルバニア州立大学チームの変革プロセスを支援し、2,616件の要件と27件の重要なマイルストーンをすべて予定どおりに予算内で実現しました。

ペンシルバニア州立大学エンタープライズプロジェクト担当シニアディレクターを務めるマイケル・ビュスゲス(Michael Büsges)氏は次のように述べています。「LSI Consulting社とのパートナーシップは、大学が現在から将来にわたって成功する助けとなっています。移行を効率的に管理できたため、プロジェクトチームはプロセス全体を通してプロジェクトに集中して取り組むことができました」

教育機関は、パンデミックへの対応を迫られる中、前例のない社会的および経済的な課題に直面しています。エンゲージメントと俊敏性の向上に対する要求はこれまでになく高まっており、大学はデータドリブンな成果を生み出すためにインテリジェントエンタープライズに変革する必要性を認識しています。この変革には、大学の事業運営のあらゆる側面が含まれます。他の企業と同様に、労働力の複雑さ、要求の厳しいステークホルダー、資産集約型のキャンパス、製品やサービスに依存しているサプライヤーを抱えているためです。

SAP S/4HANA上に構築されたペンシルバニア州立大学の新しい予算と会計統合管理システム(SIMBA)は、同大学で30年前から使用されている財務、調達、予算管理システム、および関連アプリケーションに代わるものです。SIMBAは、ステークホルダーに対する俊敏性と応答性を高めることで、財務の健全性と優れた運用性を実現し、ペンシルバニア州立大学の教育、研究、およびサービスに関する高度なミッションをサポートします。

インテリジェントエンタープライズへの変革により、ペンシルバニア州立大学が実現できることは以下のとおりです。

  • より強力で透明性の高いレポート作成の促進
  • 最先端のITセキュリティ対策によるリスク軽減
  • 冗長な財務システムの置き換えと、財務の透明性向上
  • ビジネスプロセスの最適化と調整

ペンシルバニア州立大学の財務およびビジネス担当シニアバイスプレジデントを務めるデイビッド・グレイ(David Gray)氏は次のように述べています。「SAP S/4HANAの導入プロジェクトで得られた機能性は、大学の教職員にとって、それまでの常識をくつがえすものです。SIMBAは大胆かつ必要な取り組みでした。実際の成果を考えると、プロジェクトの重要性は語り切れないほどです。SAP S/4HANAに移行することで、コアビジネスプロセスを再考するまたとない機会が得られ、プロセスの改善、レポート作成、予算の予測、機能の統合によってビジネスの俊敏性を向上させることができました」

導入プロジェクトの詳細については、LSI Consulting社のWebサイトをご覧ください。

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。