MKI、「SAP S/4HANA®」への大規模移行プロジェクト第二弾を開始 – 8,000人超が利用する三井物産の国内拠点向け基幹システムを約10ヵ月で移行 –

三井情報株式会社は、SAPジャパン株式会社が提供するERPスイート「SAP S/4HANA®」への大規模な移行プロジェクトを開始しました。三井物産株式会社の国内拠点およびグループ会社9社の約8,000人が利用するSAP® ERPをシステムコンバージョン方式※1でSAP S/4HANAへ移行するもので、2019年9月に着手し、2020年夏の本稼動を予定しています。従前より同社基幹システムの構築、保守・運用を担ってきたMKIが主体となり、SAPが提供する最上位のサポートサービスSAP MaxAttention™と共に、約10ヵ月での効率的な移行を目指します。

続きを読む

SAP、市場初のクラウド移行サービスでマイクロソフトと提携

SAP SE(NYSE:SAP)とマイクロソフトは、お客様のクラウド移行をシンプルかつ最新のものにする共同の取り組みであるプロジェクト「Embrace」に基づき、Microsoft AzureでのSAP S/4HANA®およびSAP® Cloud Platformの導入を加速するため、コンセプト化から販売に至るまで、市場投入において広範に提携することを発表しました。

続きを読む

物流サービスの鈴与が、デジタル変革に対応する次世代の経営基盤として 「SAP S/4HANA® Cloud, single tenant edition」を採用

SAPジャパン株式会社とNECソリューションイノベータ株式会社は、物流サービスの鈴与株式会社が、SAPの次世代ERPである「SAP S/4HANA®(エスエーピー・エスフォーハナ)」をプライベート型のCloud ERPとして提供する「SAP S/4HANA Cloud, single tenant edition」を採用し、2019年8月よりNECソリューションイノベータが導入プロジェクトを開始したと発表しました。

続きを読む

九州電力、SAP S/4HANA®で会計領域の基幹システムを再構築、 電力システム改革に対応したDX推進の基盤として活用

SAPジャパン株式会社は、九州電力株式会社が法的分離に対応した経理システムとして、SAPの最新ERPである「SAP® S/4 HANA」を導入し本年4月より本稼働を開始したことを発表しました。本システムはSAPソリューションに関する正確なビジネス/技術専門ガイダンスを提供し、SAPソリューションの導入プロジェクトを支援するサービス「premium engagements(プレミアムエンゲージメント)」の「SAP MaxAttention™(エスエーピー マックスアテンション)」を活用することで、効率的なシステムの導入を可能にしました。

続きを読む

読み込むアイテムがありません

読み込むアイテムがありません

← 古い投稿

SAP ニュースに従う

WhatsApp アップデート

申し込む