「SAP Partner最優秀個人賞」受賞パートナーを発表

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下SAPジャパン)は、SAP パートナーを対象とし、プリセールスエキスパートの証として授与される「SAP Partner最優秀個人賞」の受賞者を発表しました。

「SAP Partner最優秀個人賞」では、SAPパートナー(個人)に、SAPソリューションの仮想案件に対するご提案資料の作成とプレゼンテーションを行っていただきます。この結果、SAP ソリューションの特性を活かしてお客様の課題を解決し、イノベーションを提案できると評価されたパートナーをプリセールスエキスパートとして表彰するものです。

第一回目の今回は、2020年8月14日(金)~9月4日(金)の期間に、SAP® Customer Experienceソリューションに関して、実際にお客様からの要望が多い課題をシナリオとした仮想案件に対する提案を募集しました。数多くの応募が寄せられた中、お客様の課題全体の見極め、SAP製品の特性を考慮した適切な提案、機能だけではなくプラスアルファの提案、SAPソリューションの競争優位性を活かした提案、といった様々な観点から評価が行われ、今年は2名様が受賞されました。

それぞれの選定基準および受賞パートナー、個人については以下の通りです。
※受賞パートナー各社は五十音順で表記されています。

2020 SAP Partner最優秀個人賞>

受賞パートナー
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
嶋田 貴夫様

ソリューション:SAP® Customer Data Cloud
受賞理由: 顧客ID管理ビジネスとソリューションへの深い理解、豊富な導入経験に基づく的確な与件整理と具体的なソリューションの提示を行っていただき、お客様の信頼を得られるプレゼンテーションと資料をご提出いただいたことを高く評価させていただきました。

受賞パートナー:
株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ
千葉 大輔様

ソリューション:SAP® Commerce Cloud
受賞理由:ビジネスの構造化から、フロントエンドだけではなくバックオフィスまでエンド・ツー・エンドで提案されたこと、要件に基づくフィット&ギャップ、適切なアセスメントなどプロジェクトに対応いただく姿勢と安心感をわかりやすくプレゼンテーションいただいたことを高く評価させていただきました。

 以上

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。