ARCアドバイザリグループがSAPを 主要サプライチェーン管理システムの市場リーダーに選出

(本リリースは、9月25日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、ARCアドバイザリグループがSAPを輸送管理システム(TMS)分野の市場リーダーおよび倉庫管理システム(WMS)とエンタープライズ設備資産管理(EAM)分野の市場リーダーに再度選出したことを発表しました。

SAP® Digital Supply Chainの開発責任者を務めるフランツ・ヒーロー(Franz Hero)は次のように述べています。「SAPは、経済の不確実性が増しているこの時期において特に、お客様の目標達成とシームレスな事業運営のサポートに強くコミットしています。このたびの評価は、サプライチェーン領域におけるSAPソリューションの奥深さと幅広さ、そしてビジネス成果に貢献するSAPの実力を証明しています。また、SAPがデジタルサプライチェーン分野に投資してイノベーションを生み出し続けていることを示すものです」

ARCの最新のTMS市場調査では*、SAPはサプライヤーとして9年連続で第1位、以下のカテゴリーでも第1位を獲得しています。

  • 輸送管理システム
  • フリート管理
  • ソフトウェア売上
  • メンテナンス/サポートサービス
  • 欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域
  • ティア1企業
  • 化学
  • 電子・電気
  • 日用品・パーソナルケア
  • 工作機械
  • その他の業界

調査レポートでは次のように評されています。「(SAPの)TMSソリューションは、エンド・ツー・エンドのビジネスシナリオをカバーする包括的な輸送管理ソリューションです。SAPは、総合的なサプライヤーとして市場をリードしているだけでなく、フリート管理ソリューション、ローカルサーバーベースのソリューション、TMSソフトウェアのプロバイダーとしても最大規模を誇ります」

ARCの最新のWMS市場調査では**、SAPは以下のWMS市場セグメントで第1位を獲得しています

  • アジア
  • 自動車
  • ソフトウェア売上
  • 航空宇宙・防衛

ARCは次のように評しています。「SAP® EWMとSAPの他のエンタープライズソリューションとのさまざまな統合ポイントには特筆すべき優位点があります。例えば、エンド・ツー・エンドのトレーサビリティとリコールのサポート、工場ラインへの原材料投入のサポート、海外に出荷する商品や保税倉庫の事務処理を適切に行うための国際貿易管理システムとの統合、より複雑なスペアパーツ倉庫に対応するためのSAPのスペアパーツ・プランニング・ソリューションとの統合などです。また、顧客は1社のベンダーからすべてのソリューションを購入し、それらを同じリソースとスキルで管理、サポート、拡張できるため、異なるITスキルを習得および維持する必要がなく、総所有コストを削減することができます」

ARCの最新のEAM調査でも***、SAPは以下のカテゴリーで第1位を獲得しています

  • EMEA
  • 中南米
  • 自動車
  • 化学
  • 金属
  • パルプ・紙
  • 通信
  • ソフトウェア売上
  • メンテナンスとサービス
  • 生産設備
  • 直接販売

調査レポートでは次のように評されています。「(SAPの)EAM機能は、同社のインテリジェント設備資産管理哲学の中核を成しています。各モジュールが、関連するビジネス機能の特定のビジネスタスクを処理し、必要に応じてほかのアプリケーションと連携します。SAPは世界有数のERPサプライヤーであり、そのインストールベースがEAMソリューション販売での大きな強みとなっています」

SAP Digital Supply Chainソリューションにより、企業は予測分析、自動化、IoTを含む統合ポートフォリオを利用して、混乱を予測し、準備を整えて、成功を掴むことができます。SAP Digital Supply Chainソリューションについて詳しくは、こちらをご覧ください。

*ARC Market AnalysisTransportation Management Systems Global Market 2019-2024」、クリス・クネインChris Cunnane氏、20206
**ARC Market AnalysisWarehouse Management Systems Global Market 2019-2024」、クリント・レイサーClint Reiser氏、20205
***ARC Market AnalysisEnterprise Asset Management Global Market 2019-2014」、エド・オブライエンEd OBrien氏、20206
売上ベース

以上

 

SAPについて
SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。