SAP、パンデミックからの回復期における消費行動を予測する調査結果を発表

(本リリースは、1月12日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)とThe Economist Intelligence Unit社が新たに発表した調査レポートによると、ベビーブーム世代とX世代の消費者は、新しいオンラインショッピング行動の一部を放棄し、若い世代よりもブリック&モルタルの世界に戻る傾向が高いと予測されます。

4,000人を超える世界中の消費者を対象として行われたThe Influential Shopperレポートでは、パンデミック前後の消費者の支出レベルを世代別に調査しました。2020年9月に実施されたこの調査では、パンデミック前、パンデミック中、および各種規制が緩和された後の消費傾向と利用チャネルを評価しました。このレポートは、生活必需品だけでなくそれ以外の商品アイテムもオンラインショッピングへの依存度が一層強まっている傾向を明確に示しています。この調査によると、次のことがわかりました。

  • 調査対象となった国の月間小売支出は、2020年第1四半期から第2四半期にかけて9%減少したものの、オンラインでの支出平均では15%増加しました。
  • パンデミックの間、食料品や日用品などの生活必需品のオンラインショッピングはこれまで以上に定着し、2つのカテゴリの月間平均支出はそれぞれ78%と49%増加しました。
  • 規制が緩和された後も、新しいオンラインショッピング行動は継続する見込みですが、ミレニアル世代とZ世代で4%ではわずかに減少し、ベビーブーム世代で9%、X世代で6%と、さらに高い比率で減少している。
  • いつでもどこでも買い物ができることが、すべての世代でオンラインショッピングが好まれる最大の理由になっています(全体の49%が回答)。世代別に見ると、ベビーブーム世代で59%、X世代で51%と、ミレニアル世代とZ世代(ともに42%)の割合を大きく上回りました。

SAP Customer Experience担当のCROを務めるポーラ・ハンセン(Paula Hansen)は次のように述べています。「将来、ブランド企業成功の鍵を握るのは、店舗であろうとオンラインチャネルだろうと、すべての世代グループのニーズを満たし、彼らが求める優れたエクスペリエンスを生み出す方法を確立することです。企業は、シームレスな顧客体験を提供しながら、買い物客を購入へと導くために、年齢や好まれる購買方法を熟慮して適切なマーケティングを実行する必要があります。それらが、ビジネスの力強い回復につながり、将来の危機に備えることにもなります」

この小売調査の結果は、2021年の1月12~14日、19日、21~22日にバーチャル開催されたNRF 2021:Chapter Oneで公開されました。Twitter(@SAP Retail)およびsap.com/nrfでも情報を提供しています。

以上

 

SAPについて
世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを経由しており、SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。