IBMとSAP、セキュアな環境で業務をモダナイズするため、金融機関のクラウド導入の加速を支援


SAPは、金融およびデータ管理ソリューションを、IBM Cloud for Financial Servicesに搭載予定


 (本リリースは、7月28日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

 IBM(NYSE:IBM)とSAP SE(NYSE:SAP)は本日、SAPが自社の金融およびデータ管理ソリューションの2つをIBM Cloud for Financial Servicesに搭載し、金融サービス業界におけるIBM Cloudの採用の加速を支援する意向であることを発表しました。このコラボレーションは、企業が業界の厳しいコンプライアンス、セキュリティー、およびレジリエンシー要件に取り組むのを支援するとともに、金融サービス機関のビジネス・トランスフォーメーションおよびイノベーションをサポートすることを目的としています。

銀行や保険会社が、革新的なサービスを提供する必要性と、業界の厳しいセキュリティーおよびコンプライアンス要件を満たすことのバランスを取るようになっているのに伴い、ハイブリッドクラウド環境がますます重要になっています。業界全体のイノベーションに拍車をかけるため、IBMはIBM Cloud for Financial Servicesの提供を開始しました。IBM Cloud for Financial Servicesは組み込みのセキュリティーやコンプライアンス管理の機能を持ち、企業が、IT全体を見据えたモダナイゼーション、トランスフォーメーション、およびイノベーションの妨げとなっているリスクと規制の障壁を軽減できるよう支援します。

IBM Cloud for Financial Servicesは、金融サービス機関が各自のテクノロジー・パートナーやFinTech企業と取引を行うための、高度に保護された専用環境を提供します。IBM Cloud for Financial Servicesに搭載されたSAPオファリングを利用することで、お客様は各自の規制およびコンプライアンス基準に対応することができます。今なお拡大している100社を超えるパートナーのエコシステムとFinTech企業にサポートされているこのクラウド・プラットフォームは、金融機関向けのサプライチェーンのリスクに対処し、新たな収益の機会が生まれることにより、お客様のビジネス・トランスフォーメーションを加速させられるように設計されています。

IBMとSAPは、パートナーシップを継続する中、何百社という企業がオープンなハイブリッドクラウド・アプローチを利用して、業務のデジタル化を支援してきました。SAPはIBMのエコシステムに参加して、IBM Cloud for Financial Services上で、金融リスク、業務、および総支出管理オファリングを提供する意向です。

「金融サービスなどの規制産業が急速にクラウドへ移行することで、業務上および技術上の新たな課題に取り組むことが必要になります。IBM CloudとSAPの機能の組み合わせは、世界中の銀行や保険会社が、各自のデジタル化への道のりを加速させ、世界規模でビジネスを拡大するのに役立ちます」と、SAPの金融サービス部門責任者のボブ・カミングス(Bob Cummings)氏は述べています。

「拡大を続ける私たちのエコシステムに、SAPといったパートナーを継続して追加していくことで、業界のクラウド採用における真の変革を推進し、最終的にはサプライチェーン全体のリスク軽減を支援するという目的に一歩近づきます。私たちは、金融機関がIBM Cloud for Financial Services上のSAPソリューションによってモダナイゼーションを成し遂げ、イノベーションを推進して業務を効率化するのを支援します」と、IBM Cloud for Industriesのゼネラル・マネージャーであるジョエル・スピース(Joel Spieth)は述べています。

SAPが予定しているIBM Cloud for Financial Services上のオファリングは、搭載時には、金融サービス機関とそのパートナー、およびFinTech企業に以下を提供します。

  • SAP S/4HANA®ソリューションをはじめとするSAPのインテリジェント・スイート:そのインテリジェントエンタープライズ・フレームワークにより、SAPは、銀行が既存顧客により上質なサービスを提供できるようにするために設計された、統合アプリケーション、インテリジェント・テクノロジー、およびデジタル・プラットフォームを提供します。
  • SAP® Adaptive Server EnterpriseをはじめとするSAPの戦略的データ管理向けソリューションとSAP® IQソフトウェア:インメモリー・テクノロジーの長所をこれらのソリューションと組み合わせることにより、SAPは、ビジネスの俊敏性を実現するための強固なデータ・プラットフォームを提供します。

SAPとIBMは両社合わせて、数百社に及ぶお客様があり、5,500品目を超える個別の製品を保有しています。両社は、企業における自社ビジネスのモダナイゼーションを支援することと、最先端テクノロジーを最大限に活用することに焦点を当てています。

IBM Cloud for Financial Servicesに関する詳しい情報は、https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/financial-servicesをご覧ください。

IBMの将来の方向性および趣旨に関する記述は、予告なく変更または撤回される場合があり、単に目標と目的を示すものです。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。