SAP、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援するために オープン・マニュファクチャリング・プラットフォームに参加

(本リリースは、7月22日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

ビジネス・エンタープライズ・ソフトウェアの世界のリーダーであるSAP SE (NYSE:SAP)は、オープン・マニュファクチャリング・プラットフォーム(OMP)のイニシアチブに参加します。

OMPは、製造業、テクノロジーソリューションを提供する企業およびシステムインテグレーターのビジネスリーダーと技術者が参加し、製造業界ならびにバリューチェーン全体のイノベーションを推進する取り組みです。SAPはこのコラボレーションにおいて、オープンスタンダードとオープンソースを活用し、デジタルサプライチェーンにおけるイノベーションの実現を支援していきます。

IoTのコネクティビティのためのオープンスタンダード
これからのサプライチェーンマネージメントの特徴はネットワーク、持続可能性そして機動性です。そのため、生産活動にはモジュール化がさらに求められ、より高い柔軟性と透明性が要求されます。製造現場の個々の機器や製造システムは複数のサプライヤーから供給されたものであっても完全に一体として機能する必要があります。これまでの組み立てラインは組織間の境界をまたぐ組み立てネットワークに置き換えられます。SAPが支持するインダストリー4.0の大きな目標は生産を顧客により近づけることです。この実現に向けてSAPはOMPとともに次の取り組みを進めます。

  • オープンスタンダードに基づき、各社固有のシステムの違いと個別のベンダーから受ける制約によって生じる複雑さを克服する新たなソリューションを創出します。
  • オペレーション技術を安全にクラウドに接続し、データに基づく意思決定と予測の質を向上させます。
  • 自動化と自律性を生産システムおよび物流システムにもたらすソリューションとスタンダードの開発に貢献します。

インダストリー4.0によるレジリエントで持続可能な生産の実現
SAPのデジタルサプライチェーンおよびインダストリー4.0戦略パートナーシップ担当シニアバイスプレジデント兼グローバル責任者のニルス・ハーズバーグ(Nils Herzberg)は次のように述べています。「SAPはオープンコラボレーションの力を活用してサプライチェーンにおける大規模なイノベーションを加速させたいと考えています。私たちが生きているこの時代は、シェアリングエコノミーの時代であると同時に、コラボレーションによる技術開発の時代でもあります。これからの重要課題は、機動性の高い生産設備を備えた、より強く、より優れたレジリエンスを持つサプライチェーンを構築することです。SAPにはこれを実現するためのサプライチェーンアプリケーションがあります。OMPの一員として、SAPのお客様そしてパートナーとともに、こうした未来志向のアプリケーションへのアクセスを創り出していきます」

Microsoft社でAzureインダストリアルIoTアンドマニュファクチャリングのパートナーグループプログラムマネージャーを務めるクリストフ・バーリン(Christoph Berlin)氏は次のように述べています。「SAPがOMPに参加したことによって、より広く本業界の知見を得てこの取り組みを進めることができます。このコンソーシアムの目標は技術とアプリケーションを持ち寄り、製造業におけるビジネス価値の次なるフロンティアを開拓することです。これを実現するためにはオープンの原則、オープンソース、オープンスタンダードをスタックのすべてのレベルで実践する必要があります。SAPがサプライチェーンと生産のリファレンスアーキテクチャーに関する幅広い知見をこのコンソーシアムに提供してくれることも歓迎します。これによって製造エコシステム全体にわたるOMPの技術提携やコラボレーションが強化されるでしょう」

このコラボレーションでは、持続可能性、スマートエネルギーおよび環境に配慮したサプライチェーンマネージメントの原則に基づく未来に向け、機動性に富む生産プロセスの設計、クラウドアーキテクチャーの具体化およびツール開発を進めます。SAPは、製造リファレンスアーキテクチャー、IoTコネクティビティ、セマンティックデータストラクチャリング、ATSコアサービスなど、OMPのすべてのワーキンググループに積極的に参画していきます。

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPはエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。