サステナブルな小売業向けビジネスソリューションを提供するSAP

(本リリースは、1月13日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

米国の年間GDPのうち3兆9,000億ドルを占める小売業界は、民間雇用に関して同国最大の産業であると同時に、気候変動に対する取り組みでは他とは異なる立場にあります。

最近でも全米小売業協会(NRF)は、2021年の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)において次のような声明を出しました。「小売業界は、COP26でその必要性が明らかになったことからも、今後も実用的な気候変動対策の提案と導入を継続していきます」

SAPは、このような小売業のサステナブルな活動を積極的に支援するため、以下のような数々の製品やサービスを提供しています。

  • SAP® Intelligent Returns Managementは、小売業の返品プロセスを最適化する目的で開発されました。このソリューションは、人工知能(AI)を活用し、配送経路や処分方法などの意思決定を行い、顧客の返品手続きから商品の最終処分に至るまでのプロセスをスムーズに実行することで、顧客のエクスペリエンスと企業のマージンを向上します。同時に、プロセスの合理化により、ロスの削減にも貢献します。
  • SAP® Assortment Planningは、高度なカテゴリーマネジメント機能が搭載されました。このソリューションは、カスタマーデータサイエンス、アソートメント戦略、業務ルール、そしてAIを利用し、スペースを意識しつつ、個店ニーズに即した品揃え計画を実行します。このユーザーエクスペリエンスはカテゴリーマネージャーのニーズを考慮して設計されており、顧客ニーズに即した品揃えにより、顧客ロイヤルティと収益性が向上します。同時に、ロスの削減により、サプライチェーン自体の成熟度も強化されます。
  • iO Foundriesプログラムは、SAPソリューションに統合可能なスタートアップ企業で構成されるネットワークです。主な企業は以下のとおりです。
    • Algramo社は、消費者が無駄なく、より便利に手頃な価格で商品を購入でき、消費習慣をも変えられる魅力的な方法で人、ブランド、小売業をつなぐ循環型プラットフォームを提供します。
    • EcoCart社は、何千ものeコマースブランドに対して、カーボンニュートラルな製品を提供できるよう支援します。
    • Everledger社は、ブロックチェーンとIoTを活用し、サプライチェーンの透明性を高め、品質、原産地、サステナビリティフットプリント、コンプライアンス基準を明確にします。
    • EVRYTHNG社は、工場から消費者、さらにその先まで、企業が自社製品のデータインテリジェンスをエンド・ツー・エンドかつリアルタイムで取得し、事業の差別化を図れるよう支援します。
    • Inspectorio社は、動的リスク評価ベースの品質コンプライアンスプログラムに基づいて、デジタル化、自動化、透明性、トレーサビリティを実現しています。
    • LimeLoop社は、再利用可能な梱包材、リアルタイムトラッキング、予測分析など、サステナブルな配送のためのプラットフォームを提供します。
    • Specright社は、ブランド、サプライヤー、メーカー、小売業が協力してデータを管理し、開発プロセスを管理の管理するためのコラボレーションプラットフォームを提供します。

小売業は、上記のサービスや製品に加え、SAPのサステナブルなビジネスソリューションを活用できます。詳しくは、ブログ記事「SAP Cloud for Sustainable Enterprises: Taking Action Together」をご覧ください。

小売業のお客様は、SAPのソリューションを利用して、サステナブルなビジネスプラクティスを円滑に適用できます。これは小売業のように変化スピードの速い業種にとって極めて重要です。IDC GroupのバイスプレジデントでIDC Retail Insightsのメンバーであるレスリー・ハンド(Leslie Hand)氏によれば、IDCの最近の調査結果が示すように、政治的、社会的、経済的リスクに関連し、今後2年間のデジタルトランスフォーメーションやテクノロジーの投資計画に最も大きな影響を与えるのは、変化し続ける環境面での目標や規制です。さらに、小売業の80%(アジア太平洋)、59%(米国)、64%(欧州・中東・アフリカ)が、デジタルテクノロジー戦略が自社のサステナビリティに対する取り組みの幅を広げる重要な実現手段であることに同意しています。*

NRF 2022、Retail’s Big ShowでのSAPの発表内容について詳しくは、sap.com/nrfにアクセスするか、Twitter(@SAP_Retail)をフォローしてください。

*出典: 「IDC Retail Core Processes and Applications, May 2021」

以上

 

SAPについて
SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright © 2022 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。