SAPジャパン、スタートアップ向けプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo」 2022年度上期コホートプログラムで支援するスタートアップの募集を開始


テーマは、サステナブル エンタープライズ
募集期間は2022年3月4日まで、プログラムは2022年4月から7月まで実施予定


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)は、スタートアップ向けのアクセラレーションプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo(エスエーピードットアイオー・ファウンドリー・トウキョウ)」の2022年度上期コホートプログラムで支援するスタートアップの募集を開始しました。

2019年に開設したSAP.iO Foundry Tokyoは、SAPがグローバルで展開するスタートアップ向けプログラム「SAP.iO」のプログラムの1つで、SAP社外の優れたスタートアップを支援するものです。SAP.iO Foundry Tokyoでは、世界の他都市と同様、1年に2回のコホートプログラムを運営します。

コホートプログラムでは、企業向けセールスの方法論などの共有、SAPテクノロジーや産業界のデータとの連携、ならびにメンターによる共同営業の推進が提供されます。メンターはSAP国内外の営業部門や製品開発チームのメンバーで構成され、ERPをはじめとした、スタートアップのソリューションが連携するSAP製品の開発環境が提供されるほか、SAPが有する国内外のお客様への共同アプローチの機会が用意されます。さらに、スタートアップ向けに様々なテーマに基づくワークショップを実施します。このワークショップでは、SAPがこれまで培ってきた大企業向けのビジネスのノウハウをはじめ、事業戦略立案、営業、マーケティングなどの幅広い分野の知見をSAP本社およびSAPジャパンの両社で提供します。

2019年度の初回以来、SAP.iO Foundry Tokyoではこれまで5回のコホートプログラムを運営しており、計23社のスタートアップを支援しています。スタートアップ各社のソリューションは、SAPのソリューションとの連携がそれぞれ実現し、具体的な実証実験もスタートしています。

2022年度上期のコホートプログラムは、本日より募集を開始し、2022年3月4日に募集を締め切ります。プログラムは、2022年4月より7月上旬まで実施し、2021年7月中旬に、Demo day(成果発表会)を予定しています。

今回のプログラムでは、「サステナブル エンタープライズ」をテーマに、SAPとともに活動するB2Bスタートアップを募集します。

SAPは、2008年のリーマンショックが経営に多大な影響を与えたことを受け、2009年に自社の中期的なゴールにサステナビリティを掲げ、これまで活動を続けています。SAPではサステナビリティに取り組むに当たり、EXEMPLAR(エグゼンプラー)とENABLER(イネーブラー)という役割を自らに課しています。エグゼンプラーはサステナビリティ経営の実践者、イネーブラーはソリューションの提供者を意味します。2009年以降、自ら実践し培ったサステナビリティの知見を、お客様のサステナビリティの機会や課題に対し、ソリューションやサービスを提供するアプローチを続けてきました。このイネーブラーとしてのSAPソリューションは、排出量ゼロ、廃棄物ゼロ、不平等ゼロの3つのゼロの未来を実現すべく、全社的な機能と業種固有のサステナビリティ機能を提供し、オペレーション、エクスペリエンス、財務に関するインサイトをコアビジネスプロセスに組み込むことで、お客様のサステナビリティを大規模に後押しします。

今回のプログラムでは、サステナビリティに関わる各業務領域において、SAPが有する分析基盤やテクノロジーではカバーできない場合、あるいは一連の業務プロセスにおいてより高度かつ専門的な分析モデルを必要とする場合などの実際のビジネスケースを想定し、外部のスタートアップとの協業により製品連携を行い、それを持ってお客様へご提案していく活動を予定しています。対象となるスタートアップは、すでに自社で開発済みの大企業を対象にした製品やサービスを持っていること、SAP.iOが主催するワークショップやメンタリングに継続して参加できること、などが条件となります。プログラムへの参加にあたって、SAPのテクノロジーやの開発環境の利用料は不要、SAPジャパンからエクイティを要求することもなく、完全に無償で利用できるプログラムです。

SAP.iO Foundry Tokyoの2022年上期コホートプログラムへの応募はこちらから行うことが可能です。

以上

 

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えており、世界中の商取引売上の87%は、SAPのお客様によって生み出されています。SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中でき、持続可能な成長を実現する企業のあり方である「サステナブル・インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright © 2022 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。